ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP

[2016.05.19]

研修・セミナー講師登壇

第23回東京ビジネス書出版会議のお知らせ

 10603586_1307002872646880_7374695794976472208_n.jpg

第23回東京ビジネス書出版会議が、来週5月27日に迫ってきました。

 

企画プレゼン枠はいっぱいになり締め切りましたが、

オブザーバー(見学)枠はまだ募集中です。

 

各業界で活躍する経営者や専門家の方々の書籍企画からも、

多くのことも得られるでしょう。

 

ココマッチの川島社長と共催で、私は議長として参加します。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

https://www.facebook.com/events/594759277355259/

 

ライン
[2016.05.18]

07 ブランディング

ザ・リッツ・カールトンに学ぶ「ブランド体験」とは?

f34107830c69d719747341a6188d6f00-1024x581.png

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 

ザ・リッツ・カールトンに行くと、不思議なことが起こる!?

そのような体験のことを【リッツ・カールトン・ミスティーク(神秘性)】と呼びます。

 

今回はリッツ・カールトンのサービスを通して

ブランド体験について解説します。

 

ぜひ、ご覧ください。

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/brand-experience

 

ライン
[2016.04.27]

07 ブランディング

『フルグラがチャレンジするカルビーの朝食革命』 (前篇)

calbee20160427.jpg

 (財)ブランド・マネージャー認定協会のオフィシャルサイトにて、

スペシャルインタビューを毎月更新しています。

 

『『フルグラ』がチャレンジするカルビーの朝食革命』(前篇)

  カルビー株式会社マーケティング本部フルグラ事業部・事業部長

  藤原 かおり 氏

 

カルビー株式会社のシリアル『フルグラ』は、1991年に発売されてから、

2016年で25周年を迎える商品です。

過去30億円の売上げだったフルグラは、わずか数年で200億円以上を

売り上げるまでに急成長を遂げました。

しかも、商品をほぼ変えることなく、マーケティングの方法を変えることで、

急成長を遂げることができたのです。

 

カルビーは2009年に経営陣が変わり、それ以来、順調に業績を伸ばしてきました。

さらなる成長を目指して、これまでのスナック菓子の他に、『フルグラ』を中心とした

朝食事業を第2の柱として確立しようとしています。

 

シリアル自体は、半世紀前からある食べ物ですが、

「手抜きの食事」「食事らしくない」「おいしくなさそう」といった

ネガティブなイメージが付いていました。

「これを変えないかぎり、お客さまはスーパーのシリアル売り場にさえ来てくれません」と

『フルグラ』のマーケティングを担当した藤原かおり氏は語ります。

 

そのために、「オリジナルの新しいマーケティングモデルを構築すること」と、

「カテゴリーのイメージを刷新する」という2つの目標を掲げ、

ブランドの再生を考えました。

 

実際に行ったマーケティング手法は、戦略PRです。

「ニュースや報道を使って売れる環境をつくり、店頭でフルグラを

トライアルしてもらえるような構造をつくる。

これができれば、100億円の売上を達成できるのではないか」と考えたそうです。

 

しかも、BtoCだけでなく、BtoBを意識したPR活動を行いました。

「社内の営業は、スナックの販売が主でしたので、

なかなか『フルグラ』を売り込むことに割けるパワーがありませんでした。

だから流通向けにPRを行えば、流通の方から「ほしい」と営業に

要望してくださるのではないかと考え、BtoBに力を入れたのです」と藤原氏は語ります。

 

藤原氏のインタビューは前篇と後篇に分けてお届けしますが、

前篇ではフルグラが100億円を目指すことになったきっかけや、

シリアルが抱えていた課題、それに対する解決手法の構築についてお伺いします。

 

公式WEBサイト「スペシャルインタビュー」で、ぜひご覧ください。

http://www.brand-mgr.org/interview/

 

ライン
[2016.04.26]

07 ブランディング

ブランドM&Aはなぜ起るのか?

tanaka_img_02.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 
今回は、マーケティング、ブランド論の第一人者である
田中洋教授による特別寄稿の第二回目を公開しています。
 
ぜひ、ご覧ください。

ライン
[2016.04.25]

(財)BM協会 講座・イベント

第2回 パーソナルブランディング講座を終えて

13062379_1189218831118255_5683754679550525279_n.jpg

先週土曜日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会主催の

新講座「パーソナルブランディング講座」の第2回開催でした。

 

前回の第1回目が好評につき、時間を空けずに開催となりましたが、

今回も様々な業種の方にご参加いただきました。

 

受講生のみなさん、ご参加ありがとうございます。

講師は、東京本部の講座でおなじみの守山トレーナーです。

 

当講座は「自分を良く見せよう」という目的ではなく、

ご自身の強み・弱みを理解したうえで

ビジネスにおいて有効な強いパーソナルブランディングを作り、

浸透させるまでのプロセスをお伝えしていきます。

 

「自分と向き合う」という作業は、

深掘りするほど、なかなかハードなものではありますが

ご自身の見落としていた魅力を発見できるハズです!

 

ちなみに、今回のアンケートの結果は、参加者5名全員が、

10点満点でした。

 

次回のパーソナルブランディング講座の東京会場は、

以下の日程となっております。

 

【第3回】   2016年7月2日(土) 13:00~18:00

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/school/personal/

 

ライン
[2016.04.22]

03書籍など

「社員をホンキにさせるブランド構築法」 2刷決定!

10603771_1173219229384882_6598112306454922233_n.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会が著者の書籍

「社員をホンキにさせるブランド構築法」の増刷(2刷)が決定しました。

多くの方に読んでいただき、様々な感想や

ありがたいオファーもたくさんいただいております。

ご購読いただいた方々、ありがとうございます。

執筆協力、監修、推薦をいただいたみなさまにも、感謝いたします。

未だお読みいただいていない方は、ぜひ、ご覧くださいませ。

http://goo.gl/6IHVE9

 

ライン
[2016.04.21]

03書籍など

書籍 『販促ウエポン100』 タイ語版の出版決定!

IMG_4459.jpgIMG_4461.JPG

2年前に、販促の専門家仲間の販促ウエポン推進委員会で出版し、

私が監修をさせていただいた書籍

『お店の売上を倍増したいならお金をかけずにアイデアで勝負する!

―販促ウエポン100』(商業界)

 

この書籍、なんとタイ語版の出版も決まりました!

 

タイで本当に役に立っていただけるのかが、少し不安ですが、

興味があるとのことで、出版に至ったので、

ニーズはたぶんあるのでしょうね。

 

日本語版はこちら↓です。

http://goo.gl/Zsi3fD

 

 

ライン
[2016.04.20]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.99

12961691_1180670465306425_8086692223446665810_n.jpg

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.99 】

■”自らの美学”と”受け手の共感”の幸福な関わりが、

魅力的なブランドを形作っている

企業の都合だけで市場に送り出される商品やサービスは、

企業が思っている以上に多いものです。

「競合に負けないため」「取引先が新商品を求めている」

などの理由から始まった商品には、何の魅力もありません。

ブランド構築には、作り手の志が重要です。

しかし、作り手の志が強すぎると、ひたむきさは伝わってくるものの

消費者がその思いを受け止めきれないこともあるのです。

やはり、受け手の視線を持ち、気持ちの琴線に触れる必要があります。

またブランドの志には、何らかの夢やあこがれを感じさせる要素が必要です。

それは、たとえば上等さやこだわり、品位など、

いわばブランドの美学に関わる要素のことを指します。

ブランドの美学を貫き、その美学が広告などのコミュニケーションを通して

受け手の共感を得られるのならば、ブランドの魅力につながっていきます。

 

出典:『ブランドのデザイン』 川島 蓉子 著

Amazon → http://goo.gl/6kJwvp

 

 

 

ライン
[2016.04.19]

06 販促ウエポン

「お客様の声」が販売促進のカギ!!

 店舗系商売の販売促進 「最強の販促ウエポン」

「お客様の声」が販売促進のカギ!!

 

もし、あなたの店で、実施していないのであれば、

すぐに「お客様の声」を集めましょう。

 

その理由は、次のとおりです。

 

1.あなたの店の強みが発見できる。

2.お客のホンネが分かる。

3.キャッチフレーズがちりばめられている。

4.広告の信頼度を高めることができる。

5.スタッフとともに感動することができる。

 

このように業務改善や販促ツールに活かせるだけでなく、

辛い事や困難を乗り越える時に、スタッフを勇気付けることもできるのです。

 

■インタビューで完璧な「お客様の声」を目指す!

 

アンケートだけでは「お客様の声」をいただけないとか、

文章を書き慣れていないからと断られるケースは意外に多くあります。

 

そのような時は、直接会ってインタビューを実施すればよいのです。

 

インタビューの内容は簡単で、以下の5項目を順番に質問するだけです。

 

■インタビュー5つのポイント

1.購入前はどんな悩みがあったのですか?

2.購入して解決しましたか?

  (ファンの場合は、まず間違いなく「はい」と答えるはず。)

3.どのように解決しましたか?

4.解決した時の気持ちは、どのようなものだったのですか?

5.これからは、どうしますか?

  (ファンの場合は、ほぼ間違いなく「引き続き購入したい !!」と言っても

らえるはず。)

 

これにより購買意欲と共感性の高い完璧な「お客様の声」ができ上がります。

 

■掲載時の注意点

・イニシャルの場合でも、○○市、○○区などの地域は入れる。

 

特定の地域を入れることによって、ターゲットには、

よりリアルにイメージしやすくなるという心理が働きます。

 

いかがでしたでしょうか?

あなたの店でも、とっておきの「お客様の声」をつくり、

強力な販促ウエポンの一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

販促にお悩みでしたら、店舗販促の実践活用書

『お店の売上を倍増したいならお金をかけずにアイデアで勝負する!

―販促ウエポン100』(商業界)も是非ご一読くださいませ。

こちら、なんとタイ語版の出版も決まりました!

 

ご購入はコチラ↓です。

http://goo.gl/Zsi3fD

 

ライン
[2016.04.18]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 第62期ベーシックコースを終えて

12963498_1183079505065521_5523040331457322583_n.jpg

一昨日、昨日の土曜日と日曜日の2日間は、

(財)ブランド・マネージャー認定協会

第62期のベーシックコース(東京会場)が開催されました。

 

講師は、長野県の美容室を経営する

協会では有名人の島田トレーナーが務めました。

今回も優秀な3人のトレーナーにもフォローしていただきました。

 

また、前回に引き続き、今回もキャンセル待ちの方が出るほどの

お申し込みをいただき、定員16名の方々にご参加いただきました。

ありがたいことです。

 

受講生のみなさん、2日間おつかれさまでした。

 

また、島田トレーナー、フォローしていただいたトレーナーのみなさん、

大変おつかれさまでした。いつもありがとうございます。

 

ベーシックコースは体系化された

大変好評で人気の高い講座ですので、

受講をご検討中の方は、是非ぜひ、ご参加ください。

心強い学びの仲間もできますよ!

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会

ベーシックコース(ブランド・マネージャー認定協会2級資格取得講座)

http://www.brand-mgr.org/school/basic.html

 

・第63期 2016年6月25日(土)・26日(日) トレーナー:守山 菜穂子

・第64期 2016年8月6日(土)・7日(日) トレーナー:海野 康弘

 

第63期は、既に席が埋まりつつありますので、お申込みはお早めに!

 

ライン
[2016.04.15]

02広告・販促の現場

情報誌風チラシをポスティング投下

imgvol4.jpg

昨年より、保険業界にてある販促施策をテストしている。

 

まずは、地域をかなり絞り3回ほどテストをした結果、

新聞折込チラシより数倍の反応を得ることができた。

 

この反応を受け、今月より1ヵ月半かけて、

エリアの拡大をし、部数で言うと35倍ほど拡大して、

ポスティングを実施する。

 

中身や内容の説明は、これ以上できないが、

顕在顧客よりレスポンスを獲得するのではなく、

潜在顧客からレスポンスを獲得する手法である。

 

一通り検証ができたら、また報告できる機会もあるかもしれない。

 

ライン
[2016.04.14]

05 広告・販促の学び

手紙 「手書きのお礼状」は効果絶大

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型3

(1) 手紙 「手書きのお礼状」は効果絶大

 

 お客様との人間関係をよくするために手紙は出すべきです。

 中でも、「手書きのお礼状」を出すことは、

 電子メールが当たり前の時代だからこそ、手間はかかりますが、

 お客様にとっては心がこもっている印象が高く、

 顧客ロイヤリティを高めるには効果的です。

 

 お店でお客様に接触する美容室、エステサロン、ネイルサロンはもとより、

 紳士服量販店や百貨店の婦人服売り場には有効でしょう。

 

 手紙の内容は、あくまでお客様に購入や入金をしてもらったときの

 「お礼」としての役割が必要です。

 

 年賀状や暑中見舞い、季節のお便りも、

 あらゆる業種にとって大切なアプローチです。

 

 たとえば、手間をかけたほのぼのとした温かみのある「絵手紙」は、

 お客様の心を打ちます。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

ライン
[2016.04.13]

(財)BM協会 講座・イベント

第1回骨太ブランド・コンサルティング講座報告

12987166_1182371645136307_6052760212985266896_n.jpg

本日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会主催

第1回骨太ブランド・コンサルティング講座でした。

数々のビッグブランドに関わった水野与志朗氏だからこそ語れる

ブランディングの現場のお話や、ご受講者の方からご提供いただいた

実際の事例による即興コンサルティングに皆様、興味津々で、

真剣な眼差しで聴き入っておられる方ばかり、

今回は、私も参加したので、その内の1人です。

 

後半は、ご受講者の皆様にもグループに分かれてディスカッションし、

たくさんの素敵なアイディアが生まれました。

 

ここ最近、とくにオプション講座には、学生の参加が多くなってきましたが、

今も4名参加され、とても意欲的な姿勢が印象的でした。

将来が楽しみです。

 

次回の【骨太ブランド・コンサルティング講座】は、

9月7日(水)19:00~21:00 です。

http://www.brand-mgr.org/honebuto/

 

みなさまご参加、お待ちしております!

 

ライン
[2016.04.12]

07 ブランディング

【NEWoMan】ってもう行かれましたか?

ffb4d86ca4cd34806b572ff7dff95719-1024x566.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、コラムをご紹介します。

 

【NEWoMan】はルミネが新しく新宿にオープンした商業施設で、

日本初上陸のグルメショップが数多く出店することで話題になっています。

 

その中でも異彩を放っているのがシンガポール発のデザートバー

【ジャニス・ウォン】です。

そのジャニス・ウォンをご紹介します。

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/janicewong

 

ライン
[2016.04.11]

05 広告・販促の学び

顧客情報を活用する手順 Part3

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型2

顧客情報を活用する手順 Part3

 

 温泉ホテルにおける顧客情報の活用方法として、

 今後の販売促進活動につなげていくために必要な項目が

 氏名、住所、電話、メールアドレスであることは、いうまでもなく、

 年齢、性別を加えた基本項目とともに、

 誕生日や家庭の記念日を販売促進につなげることを想定して、

 生年月日、結婚記念日といった情報も押さえておく必要があります。

 

 さらに商品・サービスの購入履歴情報として、

 来館頻度、時期、選択したメニュープランなどを、

 今後の顧客関係方針のために把握しておく必要があります。

 

 細分化された情報をもとに、たとえば、小さい子どもをもつ母親には、

 「赤ちゃんと安心して温泉旅行を楽しむ宿泊スタイル」の

 メニュープランをを提供するというように、具体的な販促策を展開します。

 

 このような販売促進策は、ただ単に売り込むのではなく、

 「ニュースレター」などを使って、赤ちゃんをもつ母親にとって

 役立つ内容を中心に情報発信していくことも重要です。

 

 顧客に商品・サービスを売り込むというスタンスではダメです。

 あくまでも顧客にとって役に立つ情報を中心に提供します。

 

 また、オープンに意見や質問を受け付けるスタンスも大切です。

 このことは、顧客にダイレクトにアプローチしていく

 ダイレクト・マーケティングの考え方でもあります。

 

 今後は、「ソーシャルメディアの活用」など、

 効率的な口コミを起こしていく視点も求められるでしょう。

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

ライン
[2016.04.08]

(財)BM協会 講座・イベント

ブランディング事例コンテスト募集開始!

1097939_1155552331151572_1473513939702311007_n.jpg

 (財)ブランド・マネージャー認定協会では、

 

昨年に続き、今年も「ブランディング事例コンテスト」を開催します。
 
それに伴いまして、2016年度ブランディング事例コンテストの
事例募集を開始いたしました!
詳細は募集要項をご覧ください。
皆様のご応募をお待ちしております!
 
募集要項ダウンロード
 
※写真は2015年度の表彰式の様子。
 

ライン
[2016.04.07]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.98

12933123_1174847505888721_7040585808591871367_n.jpg

 ☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.98 】

■価格は知覚を、その後、満足感を創造する

顧客があなたのブランドを買う時に、支払っているのは

ブランドの価格だけではありません。

たとえばブランドの売っているお店に行くまでの

交通費なども支払っています。

そのため、「価値>価格」で初めて顧客は満足するのです。

価値が価格を超えているのであれば、プライシングを行なう際に

原価にとらわれる必要は全くありません。

また、価格はパッケージでもあります。

特にサービスなど目に見えない商品の場合、

唯一の目に見えるパッケージです。

そのため顧客は品質を判断する重要な手掛かりとして

価格を利用します。

つまり、価格が高ければ、「きっといいものに違いない」という知覚を覚え、

そして、サービス利用後に「あれだけの価格を支払ったのだから、本当に素晴らしい」

「期待通りだった」という満足感を得るのです。

 

出典:『繁盛したければ、「やらないこと」を決めなさい』 阪本 啓一著

Amazon → http://goo.gl/5ahuXe

 

ライン
[2016.04.06]

研修・セミナー講師登壇

第23回東京ビジネス書出版会議のお知らせ

 ☆★出版への夢諦めないでください★☆

自分だけでは難しい「出版社へのコネ」や「企画書の書き方」などを

実際に出版社の方にプレゼン出来るチャンスが広げられます。

編集者、他参加者の方の意見や企画から沢山のことが学べる機会です。

出版への第一歩を踏み出してみませんか?

皆様の参加お待ちしております。(オブザーバーとして、見学もOKです!)

 

<<第23回東京ビジネス書出版会議>>

■開催日

2016年5月27日(金)13:30~17:00

■参加資格

・出版を志す会社経営者、個人事業主、ビジネスマン

■参加方法

https://www.facebook.com/events/563118190506682/

・上記facebookページの画面右上の「参加する」ボタンをクリックしてください。

・プレゼンター(企画発表)もしくはオブザーバー(見学)としてご参加いただきます。

 当イベントのウォールにどちらで参加かを投稿してください。

・プレゼンターには企画書のテンプレートをお送りします。

■開催について

・飲み物、お菓子代として1,000円いただいております(当日)。

・終了後、楽しい懇親会を開催しています(別途実費4,000円前後)。

■会場

東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル2階

http://www.cocomatch.co.jp/company/index.html#4

■主催

株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役 岩本俊幸

株式会社ココマッチー 代表取締役 川島康平

■協力

同文舘出版(DOBOOKS)

■注意事項

・この会でいう出版とは、自費出版ではありません。印税をいただく「商業出版」です。

・企画はビジネス書に限ります(小説や写真集は対象外)。

・営業目的での参加は固くお断りします。

 

ライン
[2016.04.05]

04 マネジメント関連

寺院広報サポートサービス

弊社(イズ・アソシエイツ)では、寺院広報の支援も

20年以上続けているわけですが、

寺院の皆さまとお話をさせていただきますと、

様々なお悩みや課題をお伺いします。 

 

なかでも現在、深刻な問題になっているのが、

檀信徒の不安定化や一般参拝者の減少といった「お寺離れ」が

加速していることのようです。

 

お寺離れを防ぐために

「寺院広報に力を入れていきたいが、時間と人手の確保が難しい」、

「広報活動をどのように行っていくのが最適なのかが分からない」

といったご住職様の声が少なくありません。

 

私たちが考える「寺院広報」のテーマは、

「いかにお寺に魅力を感じていただき、共感を持っていただけるか」だと思っています。

 

イズ・アソシエイツでは、寺院の各種広報物の企画・編集から

デザイン、印刷、ホームページ制作を中心に

寺院の皆様とともに歩んで参りました。

 

これからも10年、20年・・・50年、100年先を見据えた

寺院の価値を広報活動を通じて、

檀信徒や参拝者の皆さまへお伝えできればと思っております。

 

 

寺院広報サポートサービス

http://jiin.is-assoc.co.jp/

 

 

ライン
[2016.04.04]

(財)BM協会 講座・イベント

第43回 ブランディング入門セミナーを終えて

12938082_1173219206051551_1131311484412976791_n.jpg

先週土曜日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

本部東京会場の第43回目の

「ブランディング入門セミナー」が開催されました。

 

今回は、少人数の3名のご受講者の方に、お集まりいただきました。

受講生のみなさん、ご参加ありがとうございます。

講師は、おなじみの平手トレーナーです。

企業研修の実績が多い安定感抜群の講師です。

 

「ブランディング入門セミナー」では、初めての方でも分かり易く、

まずは「ブランドとは」「ブランディングの重要性」など、

基礎知識を学ぶ前の導入のような内容をお伝えしています。

お気軽にご参加ください!

 

次回以降の東京会場は、既に満席になっている講座もあり

現時点でお申込みできる日程の講座は、以下のとおりとなっております。

 

【第45回】  2016年5月12日(木) 19:00~21:15

【第46回】  2016年6月11日(土) 13:00~15:15

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/school/trial.html

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧