ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP

[2017.04.20]

研修・セミナー講師登壇

富裕層マーケティングセミナーのお知らせ

日本最大の法人・事業所・消費者のデータベース保有の

ランドスケイプ様主催にて、5月25日(木)に

【富裕層マーケティング。

富裕層が思わず買ってしまう「レスポンス広告」作成術とは?】

のテーマで講師登壇いたします。

 

レスポンス広告の中でもっとも難しい「富裕層」をテーマに

既に昨年より3回登壇していますが、毎回大変好評をいただき、

同テーマのセミナーに再登壇することとなりました。

 

毎回、満席での開催でしたので、ご興味のある方は、

早めにお申込みくださいませ。 なんといっても無料ですので。

 

セミナー詳細はこちら↓から

http://www.landscape.co.jp/seminar/20170525_3049.html

 

ライン
[2017.04.12]

01日常のコメント

サイン入り色紙

DSC_0139.JPG

あるご縁があり、メンタリストDaiGoさんから、サインもらいました。

最近は、パフォーマンスはあまりしないようですが、

話は上手いし、頭キレッキレですね。

 

 

※文字が全然読めないので、誰のサインか分かりませんね。(汗)

 でも間違いなく本人です。

 

ライン
[2017.03.30]

研修・セミナー講師登壇

インターナルブランディング講義

17498596_1493749400670336_8877654504988050247_n.jpg

本日、クライアントであるヘルスケアメーカー様に、

営業部門が活用する理念ブックを納品させていただきました。

その配布タイミングで、インターナルブランディンクを中心に

1時間講義させていただきました。

話すことがありすぎて、また若干オーバーしてしまいました。反省です。

 

でも、40名近くの参加者のみまさん、真剣にメモしていただいた方々ばかりで、

ありがたかったです。

 

ライン
[2017.03.29]

07 ブランディング

『ブランド構築に販売戦略を取り入れた「コンテンツ・ブランディング」』 (後篇)

kusama3.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会のオフィシャルサイトにて、

スペシャルインタビューを毎月更新しています。

 

『ブランド構築に販売戦略を取り入れた「コンテンツ・ブランディング」(後篇)』

株式会社ウェブエイト 代表取締役社長 草間 淳哉(くさま じゅんや)氏

 

前回に引き続き、今回はブランディングに

コンテンツ・マーケティングの手法を掛け合わせた

「コンテンツ・ブランディング」を提唱する

株式会社ウェブエイトの代表草間氏に、

実際に手がけた事例についてお話を伺いました。

 

徹底したリサーチをもとに導き出したペルソナとは?

 

さらにそこから設定されたブランド・アイデンティティ

「Like a ジャズ喫茶マスター」の意味とは?

 

さまざまな年代のスタッフたちによるアイデアをもとに、

とことんこだわったブランド要素や

ブランド体験が作り上げられています。

その一つひとつに驚くほど正確に

ブランド・アイデンティティが表現されています。

 

最近では競合も真似を始めたようですが、

「見ればすぐにわかりますけど、内容がとても薄い。

そう簡単にはマネできるものではないんです」と草間氏は語ります。

 

インタビューでは、コンテンツ・ブランディングがうまくいく業種や、

成功のためのポイントも伺っています。

特にコンテンツ・マーケティングを始めたい、

やっているけれどうまくいっていない企業の方は、

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

公式WEBサイト「スペシャルインタビュー」を、ぜひご覧ください。

http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

 

 

ライン
[2017.03.24]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.135

15590356_1457666547606814_7910932858253747409_n.jpg

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.135 】

■ブランドを明確にすれば、ブランドはあなたを明確にする

もし、あなたがある人を思い浮かべたとき、その人は「こういう人だ」と

ぱっと思いつくことがひとつでもあるならば、

それがその人のパーソナル・ブランドになります。

昔から人は、評判や行動からその人に

「レッテル」を貼るということをしてきました。

たとえば、飲み会で会った初対面の人に対して、

その人の特徴や教育、マナーなどから「この人はこういう人だ」という

「レッテル」を貼ります。

その後、その人のことをもう少し深く知るようになったとしても、

1度貼った「レッテル」はそれほど変わることはありません。

もし、あなたが「私はこう見られたい」というメッセージを明確に持ち、

最初から発信すれば、他の人があなたにつける「レッテル」を

あなた自身がコントロールすることができるのです。

 

出典:パーソナルブランディング

    ピーター・モントヤ/ティム・バンディー 著

Amazon → http://s.brand-mgr.org/2i6Utq7

 

ライン
[2017.03.23]

(財)BM協会 講座・イベント

第6回 パーソナルブランディング講座を終えて

17425090_1587984381241696_8157388325546064103_n.jpg

一昨日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会主催の

「パーソナルブランディング講座」の第6回開催でした。

 

毎回好評につき、継続開催をしている当講座ですが、

今回は、いつもより少なかったですが、

4名の方々にご参加いただきました。

 

自身の内面と外面、ビジネスまでを一本の糸で結ぶ作業。

見えているつもりで見えていなかった新たな自分と、

お仕事との新しい関わり方が見えてきます。

 

今後のパーソナルブランディング講座の東京会場は、

以下の日程となっております。

 

【第7回】   2017年5月13日(土) 13:00〜18:00

【第8回】   2017年7月1日(土) 13:00〜18:00

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/school/personal/

 

 

 

また、講座終了後の受講者にアンケートをお願いしています。

以下、許可のある方のなかから抜粋して掲載させていただきます。

(少し文章はアレンジしています。)

 

 

起業するにあたり、最適な内容だと思い受講しました。

自分を掘り下げる良い機会となりましたし、

それをビジネスにつなげていく一助となりました。

事務局の運営面もとても丁寧で安心できました。

【起業準備中 営業】

 

自分が大切に思っていること、他人から

どう見られているかということ、それらが良く分かりました。

これまでの人生の振り返りにもなり、

今後の活動のための想いを明確にすることができました。

セミナー自体も居心地のよい空間で、

内容に集中することができました。

【フリーランス 美容関係アドバイザ】

 

個人で仕事を進める中で、自分のセールスポイントを知りたくて受講しました。

自分で思っている自己像と、相手から思われている自己像との違いを、

その場で感じることができ、自信や改善点につなげれられました。

5時間は長いかな、と思いましたが受けてみるとアッという間でした。

今後、自身のプロフィールや、企業側への提案時に活用できると感じました。

【フリーランス PRプランナー】

 

 

ライン
[2017.03.22]

04 マネジメント関連

人事制度ガイドブック

先日、スタッフが100名近く在籍する行政書士・司法書士グループ企業が

体系化している人事制度について、グループ代表より、お話しを伺う機会があった。

 

その企業では、就業規則はもちろんあるが、

それ以上に「人事制度ガイドブック」というものがあり、

そこに方針や具体的な体系などが記載されている。

 

ざっとシンプルに記載すると以下のとおり。

1. 人事制度概要と組織体制

2. 勤務形態

3. 給与制度

4. 勤務形態と評価基準

5. 社員に求める働き方

6. 年間の勤続日数と休日について

7. 日常業務におけるルール

 

これが、経営の体系化の1つでもあり、

経営リソースで最も重要な人の部分がフューチャーされた資料であると認識した。

このような貴重な資料をいただいたので、弊社でも体系化を進めるべく、

検討を始めていきたいと改めて思った。

 

ライン
[2017.03.17]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.134

15621694_1446839888689480_62355744408842463_n.jpg

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。
 
フェイスブックページで毎週連載しています。
 
【 ブランド名言集 Vol.134 】
■あなたにできることは、変化を好む人々、
初物が好きな人々、あなたが何を売っているのか
積極的に知ろうとする人々に売ることだけだ。
製品が最も売れる時期は、ムーアの法則で言うアーリー・マジョリティーと
レイト・マジョリティーが買ってくれている時期です。
どんな業界であろうと成功する製品は、一定のコースを取ります。
つまり、イノベーターが購入し、次にアーリーアダプターが反応します。
そしてアーリーアダプターによって買っても大丈夫だとわかってから、
アーリー・マジョリティーとレイト・マジョリティーは反応しはじめます。
ですので、あなたにできることは、変化を好む人々、初物が好きな人々、
あなたが何を売っているのか積極的に知ろうとする
アーリーアダプターを捕まえることです。
アーリーアダプターがあなたの製品を進んで選択すれば、あなたに代わって
彼らがアーリー・マジョリティーに製品を売ってくるれるのです。
 
出典:「紫の牛」を売れ
    セス・ゴーディン・著
 

ライン
[2017.03.16]

07 ブランディング

「ブランド構築のステップ」がイチからわかる!!

iStock-167231249-1024x741.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 

【出血大サービス? なコラム内容です!】

これまでBRANDINGLABでは、ブランド構築の各ステップをテーマにコラムをアップしてきました。

そこで今回、改めてステップ毎にコラムをまとめてみました。

ステップ1から読み進めていただくことで、ブランド構築の流れを掴むことができるでしょう。

 

☆「ブランド構築のステップ」がイチからわかる!!【編集部厳選の記事まとめ】

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/branding-step

 

ライン
[2017.03.15]

06 販促ウエポン

40以上の雑誌に掲載!招待券付プレスリリース

 店舗系商売の販売促進 「最強の販促ウエポン」

40以上の雑誌に掲載!招待券付プレスリリース

 

プレスリリースとは、政府機関や民間企業などからマスコミ、

報道機関向けに発表された声明や資料のことであり、

パブリシティとは、この活動自体のことを指します。

 

中小企業でも、広告費を一切使わずに広告以上の効果を

上げられるプロモーション手法の1つとして、活発に行う企業も少なくありません。

 

今回は、パブリシティが難しい地区にあるイタリアンレストランが、

多くの雑誌に一気に取り上げられた手法、

販促ウエポン「招待券付プレスリリース」を紹介します。

 

続きは、ぜひ下記よりダウンロードしてください。

 

【無料ダウンロードはこちら】

https://goo.gl/gLIFQn

 

ライン
[2017.03.14]

07 ブランディング

誰が食べるのか!? チョコ味のやきそばのブランディングを考える

529d9b7f635c3119664261526b5fdbcf.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 

今回のコラムは、賛否両論となっている【チョコ味の焼きそば】などの

ユニークな商品に着目してみました。

 

誰が食べるのか!?  チョコ味のやきそばのブランディングを考える

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/choco-yakisoba

 

ライン
[2017.03.13]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.133

15356586_1434038173302985_8370349678005491112_n.jpg

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.133 】

■決めていないことは、実現しない

アメリカは月へ行けたのに、なぜ日本はいけないのでしょうか。

それは、アメリカはどうすれば月に行けるかなんてわかっていない時点で、

月に行くにはどうするかを考え、逆算で理論を組み立てたからです。

それに対して日本は月に行くことさえ決めていないからです。

決めていないことは、実現しないのです。

業績を伸ばすために、「商品」「接客」「サービス」を

充実させることは大切です。

しかし、それ以上に大切なことがあります。

それは、「ビジョン」を設定することです。

もしあなたが経営者なら、この会社の夢や将来像を

スタッフに話してください。

会社は、あなた独りで動いているわけではありません。

だからあなたのビジョンをスタッフに共感してもらうのです。

同時に、スタッフのビジョンも尊重してください。

なぜならスタッフも、経営者と同じく

夢を追いかけているひとりの人間だからです。

 

出典:『「1回きりのお客様」を「100回客」に育てなさい!』

    高田 靖久・著

Amazon → http://amzn.to/2gFAhfJ

 

ライン
[2017.03.09]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 第71期ベーシックコースを終えて

17200928_1567770426596425_8542729464653910383_n.jpg

昨日と今日の2日間は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

第71期のベーシックコース(東京会場)が開催されました。

 

講師は、東京会場ではお馴染みの平手敦トレーナーが務めました。

 

ブランディングの基礎知識と、協会独自のフレームワーク

「ブランド構築のステップ」を身につけていただく2日間の講座。

ここ最近では毎回満席になり、キャンセル待ちも出るほどの

人気講座となっています。

 

新たなブランド・マネージャー仲間の誕生され、笑顔で終了となりました。

受講後のアンケートの満足度は平均9.85点!(10点満点)

 

受講生のみなさん、2日間おつかれさまでした。

また、平手トレーナーも、大変おつかれさまでした。

 

東京会場でのベーシックコースは、土日でも平日でも、

ここのところ毎回満席の開催となっており、

大変好評で人気の高い講座ですので、

受講をご検討中の方は、お席があるうちに、

早めのお申込みをオススメいたします。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会

ベーシックコース(ブランド・マネージャー認定協会2級資格取得講座)

http://www.brand-mgr.org/school/basic.html

 

・第72期 2017年4月14日(金)、15日(土)  トレーナー:島田 良

 

お申込みはお早めに!

 

また、講座終了後の受講者にアンケートをお願いしています。

以下、許可のある方のなかから抜粋して掲載させていただきます。

(少し文章はアレンジしています。)

 

・以前参加した内容が良かったので、今回も参加してみようと決めました。

 一人で勉強することはいつでもできますが、

 知識を基に参加者同士でグループワークができたことが良かったと思います。

 事務局の対応も、いつも丁寧でありがたいです。いい汗をかけました!

【日本ファッションスタイリスト協会 あいざわあゆみ様】

 

・ブランド・マネージャーとは一体何をすれば良いのか分からなかったため参加しました。

 ブランド・マネージャーの役割やブランド構築手順などを一から勉強したことで、

 弊社のブランド整理がこれからやりやすくなるような気がしました。

 受講しやすい講座でした。

【医薬品メーカー マーケッター】

 

・会社のブランディングが行き詰ったため参加しました。

 演習(ワークショップ)、ディスカッション、宿題、プレゼンが

 効果的に含まれていて、理解が深まりました。

 適度な緊張感があり、非常に良い講座でした。

【大和屋株式会社 武政琢也様】

 

ライン
[2017.03.08]

07 ブランディング

【2016年に話題になったニュースから読み解く】ブランドのイメージ低下

iStock-487795974-1024x682.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 

最近100円ショップで見かけることも多いブランド

「ハリスツイード」ですが、その原因は驚くべきものでした……

 

【2016年に話題になったニュースから読み解く】ブランドのイメージ低下

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/news-imagedown

 

ライン
[2017.03.07]

06 販促ウエポン

ファンを増やし口コミを加速するツール「メニューブック」とは?

 店舗系商売の販売促進 「最強の販促ウエポン」

ファンを増やし口コミを加速するツール「メニューブック」とは?
 
メニューブックを「販促ウエポン」として活用し、
ファンを増やしているイタリアンレストランが、
兵庫県西宮市にあるトラットリアベリタです。
 
そのメニューブックはA4サイズ、3ページほどのボリュームで、
店のメッセージが随所にちりばめられています。
 
続きは、ぜひ下記よりダウンロードしてください。
 
【無料ダウンロードはこちら】
 

ライン
[2017.03.06]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.132

15380649_1423853690988100_8415018999617296618_n.jpg

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.132 】

■ブランドのパワーの強弱は、ブランド世界の広がりと深さによって決まる

欧米には、ルイ・ヴィトンやロレックス、ティファニーをはじめ

さまざまな高級ブランドが存在します。

こうしたブランドは幅広い顧客層を持ちながらも、ブランドコンセプトが

ぶれることなく統一されています。

ブランドの強さを決める要素には、ブランド世界の広さと奥深さの2つがあります。

広さは集客力、奥深さは顧客満足度とブランドへのこだわりに関係しています。

しかし、顧客層が広がるとブランドコンセプトの統一性が保てなくなります。

また、顧客との連帯感も希薄になり、満足度がさがってしまいます。

いわば二律背反のこの課題を解決するのが、

ブランドのストーリー「神話」なのです。

高級ブランドやパワーブランドと言われる強いブランドは、

必ず「神話」を持っています。

 

出典:『日本型ブランド優位戦略』

    陶山計介/梅本春夫・著

Amazon → https://goo.gl/ZhTGl8

 

ライン
[2017.03.03]

研修・セミナー講師登壇

宣伝会議主催 【効果測定を基にしたプロモーション基礎講座】 4/26開催!

 昨年から今年にかけて、

宣伝会議様主催【効果測定を基にしたプロモーション基礎講座】のテーマは、

【販売促進基礎講座】のテーマと同じく、すでに2回開催させていただきました。

ありがたいことに、こちらも大変好評をいただき、

3回目として同テーマの講座に登壇させていただくこととなりました。

 

精密さにこだわった完璧な分析よりも、最低限の善し悪しを判断し、

販促を改善したい方のための無理なくできる

プロモーション改善の仕組みをお伝えします。

 

前回まで私の受け持ちは、2時間30分でしたが、

次回より30分多く、3時間を受け持つこととなりました。

第1講座で、紙媒体を中心に効果測定を講義となります。

 

詳しくは、こちら↓です。

http://www.sendenkaigi.com/class/detail/koukasokutei.php

 

ライン
[2017.03.02]

研修・セミナー講師登壇

宣伝会議主催 【販売促進基礎講座】 4/24開催!

 昨年から今年にかけて、宣伝会議様主催 【販売促進基礎講座】のテーマは、

すでに2回開催させていただきました。

ありがたいことに大変好評をいただき、

3回目として同テーマの講座に登壇させていただくこととなりました。

ありがたいことです。

 

こちらの講座は、企業の販売促進担当者が

今までなかなか体系立てて教わってこなかった、

ものを売るためには結局どうすればよいのか? 

という疑問を解決する講座です。

 

実際、前任者から業務を引き継いだだけで、

体系的な知識が不足している担当者は少なくありません。

そこで本講座では、紙媒体からイベント・デジタルまで30種の手法から

販売促進の全体像を把握するというものです。

 

詳しくは、こちら↓です。

http://www.sendenkaigi.com/class/detail/sales_promotion_basic.php

 

ライン
[2017.03.01]

07 ブランディング

鉄板焼き屋 【地元に愛されるためのポイント】

f736ce4074b2eee6962fa5ab0d3ccbc8.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 

どこの地域でも地元の人たちに愛されているお店はありますが、

「昔からあるお店だから」という理由だけで繁盛しているわけではありません。

そこで今回は、地元浜松の方に愛され売上も7年連続で伸びている

鉄板焼き屋「濱松たんと」の例から、

【地元に愛されるためのポイント】を学んでいきます。

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/jimoto-branding

 

ライン
[2017.02.28]

07 ブランディング

『ブランド構築に販売戦略を取り入れた「コンテンツ・ブランディング」』 (前篇)

kusama2.jpg

 (財)ブランド・マネージャー認定協会のオフィシャルサイトにて、

スペシャルインタビューを毎月更新しています。
 
『ブランド構築に販売戦略を取り入れた「コンテンツ・ブランディング」(前篇)』
株式会社ウェブエイト 代表取締役社長 草間 淳哉(くさま じゅんや)氏
 
 スマートフォンの普及により、今や企業にとって
インターネットを活用した販売戦略は必要不可欠となっています。
この販売戦略の手法の一つとして注目を集めているのが
「コンテンツ・マーケティング」です。
「コンテンツ・マーケティング」とは、
狙いたいターゲットに必要な情報を定期的に与えながら、
自社の商品やサービスの顧客となってもらうためのマーケティング手法です。
 
長野や東京を中心に、企業のブランディングや
ウェブマーケティングを支援する
株式会社ウェブエイトの代表草間氏。
彼が提唱するのは、ブランディングと
この「コンテンツ・マーケティング」を掛け合わせた
「コンテンツ・ブランディング」です。
 
自社のブランディングにも取り入れられる
「コンテンツ・ブランディング」の手法とは?
「コンテンツ・ブランディング」がもたらすメリットとは?
 
今回は、この「コンテンツ・ブランディング」を使って、
1年で売上を4.5倍に拡大し、現在も順調に
事業を拡大させている事例中心に紹介していきます。
 
この事例は、2016年ブランド・マネージャー認定協会の
事例コンテストで見事準大賞に輝き、
昨年10月に行われたシンポジウムで発表されています。
シンポジウムに参加できなかった方は特に必見です。
公式WEBサイト「スペシャルインタビュー」を、ぜひご覧ください。
 
 
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧