ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2008年1月

[2008.01.31]

04 マネジメント関連

7人採用-Part2 (野心と志しの違いとは?)

前日より続く
http://blog.is-assoc.co.jp/toshi/2008/01/7.html

今まで、ここまで投資する勇気を出したのは
創業時と、創業3年後の2回しかない。

ここ十数年はまったくなかった。


久しぶりに勇気を出すことになった心境とは

「一度、決着をつけたんだからやるしかない!!」

といった単純な心の動きではない。

|コメント(6) ライン
[2008.01.30]

04 マネジメント関連

7人採用 - Part1

2月中に7人の人員を採用する予定。

内訳は以下のとおり。

・アカウントプランナー(営業職)→2人
・WEBディレクター→1人
・WEBデザイナー→1人
・グラフィックデザイナー→1人
・編集者→1人
・管理部門スタッフ→1人


(ちなみに、上記職種を現在募集中です。
もし、希望者の方がご覧いただいていたら、
info@is-assoc.co.jpまでメールを送りください。)

ライン
[2008.01.29]

05 広告・販促の学び

もしあなたが八百屋さんだったら [解答例]

前日の解答例です。

まずは、社内から出てきたアイディアの一部をご紹介します。

■安い商品との抱き合せセットメニューで、
高いイメージを押さえて販売する。

■実際調理した商品を試食して貰いながら、販売する。

■大根一本を半分にして、少量価格で販売する。

■生産者の顔が出たPOPで安全性を強調して売る。

■小さな畑を作って、販売時にそこから取り出すことで新鮮さを
アピールしながら売る。


さらに、見本解答ということでいくつか上げておきます。

ライン
[2008.01.28]

05 広告・販促の学び

もしあなたが八百屋さんだったら

〔問題〕

あなたは、大根を販売しています。ただし、目の前のスーパーでは
自店の仕入れ値と同じ価格で大根を売っています。
自店は、大根1本を100円で仕入れているのに、
スーパーでは、販売価格が100円なのです!
(でも、味は自店の方が少し美味しい)
さて、あなたは如何にして他店よりも高い自店の大根を売りますか?

こんな問題を5年ほど前に、社内でやってみたことがあります。

|コメント(5) ライン
[2008.01.25]

05 広告・販促の学び

広告とは何か? <50年前に問われた商売の原理原則>

「商業界」という雑誌の創始者である故倉本長治さんという人が
書いた「商訓五十抄」という小冊子がある。

この本は50年前に書かれたようで、
基本的には商売の原理原則のことを書いてあるわけだが、
その中で「広告とは何か?」という内容のところがある。

|コメント(1) ライン
[2008.01.24]

04 マネジメント関連

予悔(よかい)

知人から以前に聞いた言葉。

「予悔(よかい)」

造語ということだが、簡単に言うと将来に後悔することを
予め確認しておくということらしい。


もう少し具体的に説明すると...

ライン
[2008.01.23]

01日常のコメント

残欲(ざんよく)

人間はある程度の年齢になるとある欲求が強くなると言う。

『残欲(ざんよく)』。

いわゆる「残したい!!」という欲求である。

子孫を残したい。

名前を残したい。

いろいろある。

でも、何よりも

「自分の今までの生き様を残したい!!」

という欲求は歳をとるにつれて強くなるようだ。

ライン
[2008.01.22]

04 マネジメント関連

わがまま? 主体的?

ある先輩経営者から

「『わがままに生きる人』と『主体的に生きる人』の
違いは何だと思う?」

と聞かれたことがある。

私は「・・・」。


答えに苦しんだ。

ライン
[2008.01.21]

04 マネジメント関連

会社の調子はどうだい?

DSC01962.JPG

あるお客様にお花を贈った。

このお客様(Hさん)は、
弊社の創業当社からお付き合いしているクライアント
コンサルティング系の上場企業の業務部門の責任者。

Hさんには、もう16年以上もお世話になり、
たくさんのお客様をご紹介いただいた。

現在、弊社の売上げの1/3はHさんの紹介で成り立っている。

このHさんは、還暦、そして定年を迎える。

ライン
[2008.01.18]

05 広告・販促の学び

飲食店のクーポン付き広告事例

royalb.jpg royala.jpg


このチラシは、2年前に弊社でお手伝いした、
あるファミリーレストランのチラシです。

左側が表面で、右側が裏面になります。

ライン
[2008.01.17]

06 販促ウエポン

No.29 -[クーポン(Part2)]

第29回目のマーケティングウェポンの
ディスカッションテーマは前号に引き続き[クーポン]。

[クーポン(Part2)]として、 クーポンの表現(見せ方)のコツについて
みなさんとともに考えていきたいと思います。

ライン
[2008.01.16]

05 広告・販促の学び

販促担当の誤解

【ある広告屋の告白】。

このブログの最大のライバルがいる。しかも身近に...

そのライバルとは、

【販促担当の誤解】というブログ。
http://blog.is-assoc.co.jp/shibata/

実はこのブログ、弊社の社員、柴田のブログである。


今日(2008年1月16日)現在、

【販売促進】というキーワードで、

Google で1位。

Yahoo で 11位。

ライン
[2008.01.15]

05 広告・販促の学び

サイト更新

イズ・アソシエイツのオフィシャルサイトは、
10月末にリニューアルして以来、毎月更新しています。
http://www.is-assoc.co.jp/


今月から「Special Interview」の中で、
映像プロデュース会社の社長との対談で、
「これからは中小企業も映像の時代なのでは?」
というテーマで3回にわたって情報を発信していきます。

映像プロデューサーを長く経験した方の知恵からは、
参考になることがあるかと思います。

興味のある方は、こちら↓をご覧ください。
http://www.is-assoc.co.jp/interview/index.html

ライン
[2008.01.11]

05 広告・販促の学び

マンスリーゼミナール 2008.1.11

DSC01946.JPG

今年最初、2回目の『販売促進スペシャル』マンスリーゼミナールが
開催されました。


今回は、参加者の【実践報告】と【課題解決】を行いました。


まず、次のような【実践報告】をディスカッションしました。

ライン
[2008.01.10]

04 マネジメント関連

主体的に考えるとは?

経営の神様、松下幸之助氏のメッセージの一つに、
最近、「本当にそのとおりだな~」と
心に響いたメッセージがあった。


『執念あるものは可能性から発想する。
執念ないものは困難から発想する。』


このメッセージの『執念』という言葉を
『主体的』と置き換え、メッセージを変えて考えてみる。

ライン
[2008.01.09]

04 マネジメント関連

「謙虚さ」と「成長意欲」 - 2

前日より続く
http://http://blog.is-assoc.co.jp/toshi/2008/01/_1_2.html

「わからない」。

今の私には、「わからない」。

ただわかることがあるとすると...

相反するこの2つの心構えを常に持ち続けることができたとしたら、

「どんなに素晴らしい会社になるのだろうか?」

「どんなに素晴らしいチームを創れるのだろうか?」

と考えただけで、胸が熱くなる。

ということだけは、はっきりわかる。

|コメント(2) ライン
[2008.01.08]

04 マネジメント関連

「謙虚さ」と「成長意欲」 - 1

ある尊敬している方が「理屈抜きで...」とおっしゃっていた
経営の定義がある。

「経営とは、縁があってその企業に集まった人たちの
人間としての成長を支えること。」

本当に「その通りだなぁ~」って思う。


3年程前に、このメッセージを受け取り、
常に思い起こせるようにと思い、今でも机の横に貼ってある。


だが、このメッセージの通りに本当に自分はできているのか?

ライン
[2008.01.07]

01日常のコメント

初詣 & 新年挨拶

DSC01940.JPG DSC01942.JPG


本日、仕事始め。

今日は歩いて回れる近隣のクライアント10ヵ所近くに
新年の挨拶に行った。

歩いていけるくらい近くにクライアントが
何ヵ所もあるということは、とてもありがたいこと。

東京都港区に事務所を構えていることに、
この時ばかりは、とても優位性を感じる。

ライン
[2008.01.04]

01日常のコメント

死生観 - 2

前日より続く
http://blog.is-assoc.co.jp/toshi/2008/01/_1_1.html


この話しをした日の夜のこと。


家族4人で「モノポリー」というゲームをやった。

なかなか決着が付かず、1試合2時間もかかった。

ライン
[2008.01.03]

01日常のコメント

死生観 - 1

あけましておめでとうございます。

久しぶりに4日間も(?) 家族とともに過ごすことができました。

そこで感じたことを少し書き残してみたいと思います。

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧