ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2009年9月

[2009.09.30]

01日常のコメント

名古屋の喫茶店

DSC04245.JPG

名古屋には、知人がとても多いこともあってか、
ここ3~4年は、月に1回程度は出かけている。

先日、ある知人との打ち合わせを
朝10時から名古屋駅の近くでやろうということで、
喫茶店に行った。

知人に連れていかれたのは「コメダ珈琲店」。

名古屋の喫茶店は、何度か入ったことはあるが、
この喫茶店は、今回が初めて...。

地元では有名らしいが、私は知らなかった。

お店に入り、知人のススメもあり
名物と言われる「シロノワール」を注文した。

それが、写真の商品だ。

温かいパンの上に、冷たいソフトクリームがのっていて
温かさと冷たさが、口の中で良い感じにマッチして
なかなかおいしかった。

朝10時から、大の大人が食べるものではないかもしれなが...。

 

ライン
[2009.09.29]

02広告・販促の現場

取材をするということ

DSC04243.JPG

このブログでも、取材先と執筆者の募集をさせていただいていた
商業界 臨時増刊企画のムック本のタイトルは、
「販売促進の教科書」に決まった。

おかげさまで多数のエントリーをいただき、
現在、それらのお店への取材活動の真っ最中である。

今まで、取材やインタビューは何度もやってはいたが、
今回のように、短期間に20件近くの取材をすることは、
さすがになかった。

販売促進について、おもしろいネタや、
成功事例などを聞かせていただくのが今回の取材の中心。

このようなネタも、興味深いことだが、
なによりも興味深く、役に立つことの共通点がある。
 

ライン
[2009.09.28]

01日常のコメント

来年のセミナー講師依頼

ヘンケルジャパン株式会社 シュワルツコフ・プロフェッショナルより
3年ぶりにセミナー講師の依頼を受けた。

この会社は、111年前に世界で初めて
シャンプーを作ったというメーカー。

このような老舗の会社より、再び声をかけていただくのは、
とってもありがたいことだ。

セミナーの日程は、来年(2010年)の6月、9月、11月。

それぞれ、名古屋、大阪、東京の順で開催される。

日程だけをまず押さえたいということで、
ご連絡をいただいたが、
さすがに来年の6月以降は、スケジュールは真白。

随分と先のことに感じられるが、
あっという間に、日にちが経ってしまうのだろうなぁ~。

歳をとるのが早いのと同じように...。

 

ライン
[2009.09.25]

01日常のコメント

神保町にて

画像 02001.jpg

同文舘出版さんより、書籍出版の件で声を掛けていただき、
もうかれこれ半年以上やりとりをしているが、
ようやく私の頭の中から、一旦吐き出すことができた。

でも、これからが本番だということが
既にわかっている自分がいる。

たぶん、まもなく何度も書き直す章が出てくるだろう。

もしかしたら、全部書き直すことになるかもしれない。

ということで、このタイミングで、
編集担当者(といっても部長だが...)
一度打ち合わせをすることになった。

今までは、数回弊社にお越しいただいていたが、
今回は、こちらから出向くことに...。
 

ライン
[2009.09.24]

07 ブランディング

小池玲子先生のインタビュー記事UP

IMG_2332.jpg

今年5月に、ブランド・マネージャー認定協会の
理事としてご参加いただいている
小池玲子先生にインタビューをさせていただきました。

あれから大分時間が空いてしまいましたが、
ようやくサイトに記事をUPしました。

今回のテーマは以下の3つ。

■情緒的価値のみで訴求するダイヤモンドは一番難しい商材

■格段に違う欧米と日本のブランドに対する認識

■プランニング・サイクルの重要性


ダイヤモンドの話は、既に社内でも好評でした。
こちら↓からどうぞ。

ブランド・マネージャー認定協会【スペシャルインタビュー】
http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

 

ライン
[2009.09.18]

01日常のコメント

JOYWOWエキスポ

 ブログで何度かご紹介差し上げている阪本啓一さん。

 その阪本啓一さんのトークライブが生で聴けるイベントが
 10月17日(土)に横浜山手の近代文学館で開催されます。

 阪本さんが会長を務めるJOYWOW主催のイベントです。

「JOYWOWエキスポ」詳しくはこちら↓
 http://www.joywow.jp/information/archives/1123

 私は先約があり、行けるかどうか今、微妙なのですが、
 もし、調整ができたら、ぜひ参加したいと思っています。

 このイベントで、先日のブログで紹介した

「『コンセッション(concession)』を
 マーケティング的に応用するとは、どのようなことなのか?」

 の答えが得られます。

 最新のビジネストレンドを手にしたい人には、
 特にオススメです。

 

ライン
[2009.09.17]

05 広告・販促の学び

米満和彦氏インタビュー Part2

米満さん1.jpg

米満和彦氏のインタビュー
「販促アイデアの達人に聞く、低予算で繁盛店へと導く手法」
第2弾がUPされました。

前回のインタビューでは、米満氏の起業当初の理想と、
現実のずれを打開した施策をご紹介いたしました。

2回目となる今回は、実際の成功事例を挙げ、
早速、販売促進の肝をお話いただきます。


↓こちらをご覧ください。
〔プロモーションプラスサイト〕
http://www.prom-p.jp/interview/vol2.html
 

ライン
[2009.09.16]

05 広告・販促の学び

購買行動の自己正当化

 ご存知の方も多いかもしれないが、
 私たちを含めた消費者には、購買行動を起こした後に、
 自身の購買行動について、正当化する心理が
 働くことがよくある。

 例を挙げると、あるブランドの車を購入した後では、
 購入前よりもこのブランドの車のCMを、
 よりじっくりと見てしまうことがこれに当たる。

 このような心理状態を「購買の自己正当化」と言い、
 販売促進に応用することも可能だ。

「お試し客」に対して、お店を想起(今一度思い出す)してもらう
 アプローチがこれに当たる。

 今週のコラムでは、
 このような「購買の自己正当化」にも注目し、
 随所に工夫を凝らした小冊子を紹介しようと思う。


 ~「お試し客」にもう一度来店してもらうDM実践法 Vol.2~ 
 
  今週のコラムはこちらから↓
  http://www.koukoku-ya.jp/column/

ライン
[2009.09.15]

01日常のコメント

横浜山下公園にて

画像 025.jpg

先日、(昨日のブログでも著書を紹介した)
阪本啓一さんのオフィスに伺った。

オフィスは、横浜の港の見える丘公園の近くにある。

この1年で、何度か伺っているが
 今回の趣旨は、阪本さんに理事を務めていただいている
 ブランド・マネージャー認定協会が、設立から無事に1年を迎えた
 お礼を述べること。
 そして、今後について相談をさせていただくためだった。

しかし、さすが阪本さんである。
 実際に伺ってお話をさせていただくうちに
 いくつかのビジネスにおけるヒントをいただくことができた。
 思わぬ副産物である。
 ありがたいことだ。

 

ライン
[2009.09.14]

07 ブランディング

つまりこういうことだ! ブランドの授業

brd2.jpg

 数々のマーケティング関連の著者、
 日本でも有数の経営コンサルタントであられる阪本啓一氏の著書。

 著者は、コンサルタントとして、これまでおよそ1,700以上の
 ブランド案件に携わってきている。
 
 このようにブランドの世界に深く踏み込んだ経験を持つ著者だが、
 本書では、あえて初心者でも分かりやすいように
 随書に工夫がなされている。

 その工夫とは...

 

ライン
[2009.09.11]

02広告・販促の現場

福井商工会議所セミナー報告

2009091101.JPG

昨日、福井商工会議所主催セミナーで講師を務めた。

昨年の12月にもお呼びいただき、今回で2度目。

今回は「チラシ・DM作成法」ということで、
4時間の演習(ワーク)中心のセミナーをやらせていただいた。

受講者はなんと55名。

テーマが分かりやすかったのか?
それとも、
すぐに活用できる内容というイメージが高かったのか?

いずれにしても、最近では、最も多い参加者とのこと。
ありがたいことである。
 

ライン
[2009.09.10]

07 ブランディング

ブランド・マネージャー認定協会 設立1周年記念懇親会

9.4-11.jpg

9月4日に開催された
ブランド・マネージャー認定協会
「設立1周年記念 ブラッシュアップセミナー」の後、
懇親会が開催された。

既に第10期まで開催されたベーシックコースの
期の垣根を越え、受講者が集ったわけだが、

みなさん「ブランド」「ブランディング」と
孤独に格闘されている方ばかり。

同じ悩みを抱える者同志、すぐに打ち解け、
あちらこちらで熱い語り合いが始まった。

また、途中ゲーム大会もあり、
気がついてみると、あっという間に3時間が過ぎていた。

 

ライン
[2009.09.09]

07 ブランディング

ブランド体験とは?

 ブランドとは、キャッチコピーやロゴマーク、
 あるいはブランド名そのものでなく、その商品が提供する価値、
 様々なブランドを構成する要素(『ブランド要素』)や、
 ブランドとのコンタクトの集積 (『ブランド体験』)とが
 複合的に結びついて、消費者の心の中で作り上げられる心象である。

『ブランド要素』の主な機能は、「ほかの商品と区別する手段」であり
 顧客がそのブランドを識別できる最小単位のものである。

 また『ブランド体験』とは、商品に触れることを筆頭に、
 広告やWEBサイト、電話で接触するなど、
 顧客がそのブランドと、何らかの形でコンタクトをとることをいう。

 店舗ビジネスの場合であれば、来店することが
『ブランド体験』において、影響力が非常に強く、
 なかでも、初回来店の際に、
 最も大きなインパクトを顧客に与えることができるだろう。

 このように『ブランド体験』のなかでも、
 顧客に、最も大きなインパクトを与えるタイミングともいえる
 初回来店時の際の有効な販売促進の施策を、
 今号のコラムより3回にわたって
 紹介していきたいと思う。

【コラム】
「お試し客」にもう一度来店してもらうDM実践法 Vol.1
「なぜ? 一度来店していただいたのに....」
 
http://www.koukoku-ya.jp/column/pass/dmvol1.php


 

ライン
[2009.09.08]

02広告・販促の現場

広告屋というセルフイメージ?

今年に入ってから急激に、
執筆やセミナー講師の依頼が増えてきた。
ありがたいことだ。

5~6年前から、このような活動をちょくちょくしてはいたが、
年に数回程度と、それほど多くはなかった。

だが私は、広告屋の社長であり、1人の広告屋。
執筆にしろ、セミナー講師にしろ、
その道の専門家というセルフイメージは全くない。

だからなのか執筆、講演活動は、なかなか慣れない。
たぶん、これからも慣れることはないだろう。

とりわけセミナー講師として、一方的に話すような講演形式は、
とても違和感がある。

このようなこともあって、この数ヵ月は、
できるだけ演習(ワーク)を取り入れ、受講者と一緒に考え、
一緒に作り上げていく形式でセミナーを行なっている。

やはり、広告屋というセルフイメージが、
自分には一番しっくりくるからだろう。

 

ライン
[2009.09.07]

07 ブランディング

ブランド・マネージャー認定協会「ブラッシュアップセミナー」

9.4-2.jpg

ブランド・マネージャー認定協会
「設立1周年記念 ブラッシュアップセミナー」が
9月4日に開催された。

ブラッシュアップセミナーの講師は、
当協会理事の榛沢明浩氏。

株式会社日本ブランド戦略研究所の代表を務め、
企業に対するブランド戦略コンサルティングに
長けていらっしゃる方。
 
「ブランドの体系化戦略 ~電機メーカーの事例より~」と
題したセミナーでは、身近なブランドを例に挙げ、
「いかにブランドを体系化することが重要か?」を
1時間にわたって講義いただいた。

 

ライン
[2009.09.04]

05 広告・販促の学び

米満和彦氏インタビュー

DSC03003.jpg  

「販促アイデアの達人に聞く、低予算で繁盛店へと導く手法」
というテーマで、米満和彦氏にインタビューを試みました。

その内容を数回にわたって、
プロモーションプラスサイトでアップします。

まずは第1回目がUPされましたので、ご覧ください。
http://www.prom-p.jp/interview/vol1.html


第1回目は、
自信を持って独立したものの、起業当初は苦戦した経験。
そうした状況をどのように打開していったのかを
お話しいただきました。

 

ライン
[2009.09.03]

01日常のコメント

浅草 入山煎餅(いりやませんべい) -その2

画像 011.jpg

前回より続く
http://www.koukoku-ya.jp/blog/2009/09/post-287.php#more

「ブランド再生」という考え方がある。

「消費者の心の中でニーズが発生したとき
ブランドを思い起こすこと」である。

例えば、のどが渇きミネラルウォーターを
飲みたくなった時に、
「どのミネラルウォーターのブランドを思い起こすか?」が
これにあたる。

入山煎餅いりやませんべい)における
私にとっての「ブランド再生」とは、
「煎餅」、「和菓子」の枠にとどまらず、
東京で生まれ育った人間が地方へ持っていく
「お土産」というカテゴリーで、
最初に思い起こすブランドにまでなっている。

入山煎餅をブランド戦略の観点から、
もう少し踏み込んで考えてみたいと思う。

 

ライン
[2009.09.02]

01日常のコメント

浅草 入山煎餅(いりやませんべい) -その1

画像 015.jpg

 東京生まれの、東京育ち。
 現在も東京に住んでいて、仕事場も東京。

 そんな私だが、月に数回、仕事で地方へ出向く。
 時に、お土産を持参するのだが、
 せっかくならば、東京ならではの気の利いたものをと思う。

 その時に、私が真っ先に思い出す店と商品がある。
 それは、浅草にある「入山煎餅(いりやませんべい)」だ。

 この店は創業が大正3年と、100年近く続く老舗で、
 堅焼き醤油味の1種類しか売っていない煎餅屋だ。

 よく商売の鉄則として、
「一番商品を決めよう!」と言われるが、
 入山煎餅の場合、商品が1種類しかないのでその必要すらない。
 

ライン
[2009.09.01]

05 広告・販促の学び

月刊 「商業界」 09年10月号発売

10001030_01_0910.jpg

月刊 「商業界」 09年10月号が本日発売され、
弊社にも数冊届けていただいた。

月刊 「商業界」は3回目の執筆となり、
今回、以下のように4本、計10ページ執筆した。

失客防止対策1
「新規集客時からリピート率を上げる! コンセプト広告」  P48~49

失客防止対策3
「2度目の来店を促す! お試し客向けDM」   P52~54

失客防止対策4
「消えた顧客を取り戻す! 休眠客向けDM」   P55~57

失客防止対策6
「浮遊客を常連客に育てる! イベントの連続開催」   P60~61

事例を提供させていただいた方々、ありがとうございました。
 

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧