ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2010年1月

[2010.01.29]

07 ブランディング

阪本啓一氏のインタビュー記事UP

阪本さん3.jpg

昨年11月に、ブランド・マネージャー認定協会の
理事としてご参加いただいている

株式会社JOYWOW取締役会長で経営コンサルタントの阪本啓一氏に、
インタビューをさせていただきました。

あれから少し時間が空いてしまいましたが、
第1弾を先日公開しました。

第1弾は、阪本先生がコンサルタントとして起業する経緯などを
中心にインタビューしています。

早速、「おもしろい!」「続きが見たい!」
などの反響をいただいています。

こちら↓からどうぞ。

ブランド・マネージャー認定協会【スペシャルインタビュー】
http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

 

ライン
[2010.01.28]

07 ブランディング

マインドシェア

『マインドシェア』というキーワードを用いて、
 ゲリラ・マーケティング手法の創設者ジェイ・コンラッド・レビンソンは
 こう提唱している。

「『マインドシェア』の獲得こそがマーケティングのゴールである」

 さらに、次のように続く。

「スモールビジネスにとって最も重要なこと。
  それはマーケットシェアを得ることではなく、
  顧客の心の中でのシェア=『マインドシェア』を得ることである」

 また、『マインドシェア』のキーワードをもとに、
 顧客階層ごとのターゲットの心理目標に置き換えた図
「マインドシェア獲得レベル」は、すでにコラムなどで
 何度か紹介しているので、ご存知の方も多いだろう。

 
 今号のコラムでは、この「マインドシェア獲得レベル」に、
 ブランディングのステップを統合したものを
 ご紹介しよう。

 ブランディング=「変えない」VS「飽きる」 Vol.3
 ブランディングのステップ
 http://www.koukoku-ya.jp/column/
 

ライン
[2010.01.27]

05 広告・販促の学び

商業界.Net 「Web版 最強の販促ウエポン100連発」

今月より、商業界.Net にて「Web版 最強の販促ウエポン100連発」の
連載執筆を開始した。

本誌である月刊商業界にて、2010年1月号で連載している
「不況を打ち破る! 最強の販促ウエポン100連発」と重らない内容で
執筆していく予定だ。

ということは、合わせて200連発になるということなのか?

最後まで、出しきれるかちょっと不安。

とにかく続けていけるように、
ひたすら販促のネタを出して行こう思う。


閲覧には会員登録(無料)が必要。

手順は以下のとおり

 

ライン
[2010.01.26]

05 広告・販促の学び

販売促進スペシャルセミナー[基本編]

DSC04890.JPG

先週の金曜日、
販売促進スペシャルセミナー[基本編]を開催しました。

久しぶりの自社主催のセミナー。受講者は9人。

この人数だと、一体感があってやりやすく、
受講者に合わせて、アレンジもしやすかった。

ですが、今回ご参加された業種は、
通販会社の販促担当者が多かったので、
少しアレンジが必要だったかもしれません。

反省です。

なにせ[基本編]の方は、店舗ビジネス向けに
テキストを作ったので...。

[実践編]の方は、業界に関係なくBtoCビジネスであれば、
広告づくりにお役に立てると思います。

大袈裟ではなく、再現性のある「型(フレームワーク)」として、
今後、一生使えるものを持ち帰ることができるでしょう。

受講者の方々、楽しみにしていてくださいね。

 

ライン
[2010.01.25]

07 ブランディング

BM認定協会 第14期ベーシックコースを終えて

14期3.jpg

土日にブランド・マネージャー認定協会
第14期のベーシックコースが開催された。

今年になって初めての講座。

今回も、大阪や名古屋など遠方からの
参加者もいらっしゃった。

受講生は8名。

3名がWEB検索からお申し込みされ、
残りが卒業生からの紹介とのこと。

いつもいつもありがたい。

2008年9月に発足したブランド・マネージャー認定協会も、
第1期ベーシックコースを開催以来、おかげさまで
延べ100名を超える受講者を迎えることができた。

 

ライン
[2010.01.22]

07 ブランディング

繁盛店は、販売促進からブランディングまで思考する

 またまた先週に引き続き「販促特別レポート」の新作をUPしました。

 今回のレポートでは、長野県の美容室りんごの木さんが、
 7店舗目を新規出店するにあたって、
 前回の販促特別レポートVol.10で触れた
 「ブランドアイデンティティ」、「ブランド体験シナリオ」を
 スタッフを巻き込みながら築いていった様子を
 垣間見ることができる。

 なかでも「理想のお店を実現する人はどんな人か?」という視点から、
 スタッフの在り方・行動を、スタッフ自身が深く掘り下げた資料は、
 一見の価値があるかと思う。

 Vol.11 繁盛店は、販売促進からブランディングまで思考する
 http://www.koukoku-ya.jp/case-study/

 ※「販促特別レポート」をダウンロードするためには、
 無料WEB会員へ登録が必要です。
 http://www.koukoku-ya.jp/magazine2/index.php 

 

ライン
[2010.01.21]

07 ブランディング

購買意志決定のプロセス

「コトラーのマーケティングマネジメント」によると、
「『購買意志決定のプロセス』とは、次の5つの段階すべてを
  順に通過することになる」 とされている。

【問題認識】
『購買意志決定のプロセス』は、消費者が何らかの問題やニーズを
 認識したときに始まる。

【情報探索】
 覚醒された消費者は、情報を集めようとする。
 そのレベルが強くなると、積極的な情報探索に乗り出す。

【代替製品の評価】
 情報探索により、収集した複数の代替品の情報を比較検討し、
 その評価を行なう。

【購買決定】
 比較検討と代替品評価を重ねた結果、
 消費者は最も評価の高いものの購買を決定する。

【購買後の行動】
 購買者の満足度は、製品に対する購買者の期待と、
 知覚パフォーマンスの差によって決まる。
 パフォーマンスが期待にそぐわなければ、失望し、
 期待どおりであれば満足し、期待以上であれば喜ぶ。

 顧客がまた同じ製品を買うかどうか、そのの製品を他人に
 良く言うか悪く言うかは、この感情に大きく左右されるのだ。

 

ライン
[2010.01.20]

07 ブランディング

「販促特別レポート」の新作UP!

 先週に引き続き、「販促特別レポート」の新作をUPしました。

 Vol.10  ブランド体験のシナリオを描いていますか?
 執筆  有限会社GMJコンサルティングサービス 代表取締役 小野ゆうこ
 http://www.koukoku-ya.jp/case-study/

 今回の販促特別レポートは、
 これからの店舗ビジネスに求められる「体験をつくる」という発想について、
 ブランド・マネージャー認定協会でカリキュラム制作委員長と
 マスタートレーナーでもあられる
 小野ゆうこ氏にご執筆いただきました。


 ※「販促特別レポート」をダウンロードするためには、
 無料WEB会員へ登録が必要です。
 http://www.koukoku-ya.jp/magazine2/index.php

 

ライン
[2010.01.19]

05 広告・販促の学び

セミナー、イベントのお申し込みついてのお詫び

 弊社のセミナー、イベント、教材のお申し込みが
 ここ数日できなかったことについて、お詫び申し上げます。

 何度もリトライしていただいたり、
 お問い合わせをいただいいていた方々には、
 大変ご迷惑をおかけしました。

 現在、完全に復旧しておりますので、
 問題なくお申し込みができます。


「販売促進スペシャルセミナー」 2月、3月分
 http://bit.ly/6IzIDB

 ブランド・マネージャー認定協会主催
 第1回公開シンポジウム 2月6日(土)
 http://www.brand-mgr.org/symposium/

 お待ちしております。

 

ライン
[2010.01.18]

02広告・販促の現場

カリスマ美容師に囲まれる?

ヘンケルジャパン株式会社
シュワルツコフ プロフェッショナル事業本部より、
3年ぶりに講師の依頼を受けた。

2010年の日程は以下のとおり。

6月14日(月)  名古屋
9月6日(月)  大阪
11月2日(火)  東京

シュワルツコフは、100年以上前に世界で初めて
シャンプーを作ったという、ありがたいメーカーだ。

先日、初めて外部講師の案内ページを見たが、
カリスマ美容師などの中にいて、
とっても浮いているようだ。(汗)
http://bit.ly/5vh3Wi
 

ライン
[2010.01.15]

07 ブランディング

女子アナブランド調査「Yahoo!ニュース」に掲載

ブランド・マネージャー認定協会にて実施した
「在京民放キー局勤務 女子アナウンサーイメージ調査結果」の記事が、
Yahoo!ニュースに掲載された。
http://bit.ly/5WLS8v


1月14日20:00の時点で、

「どうしたTBS…女子アナブランド調査で“入賞”ナシ」

というタイトルで、
「Yahoo!ニュース」のエンタメ部門のアクセスランキングが7位。
http://bit.ly/oU9JI

あまり使って欲しくなかった種のネガティブ系だか、
全てはタイトル次第だろう。


1月15日9:00の時点では、
「“最も上品さを感じる女子アナウンサー”など女子アナランキング」
というタイトルで5位になった。
http://bit.ly/oU9JI

 

ライン
[2010.01.14]

07 ブランディング

女子アナウンサーイメージ調査

ブランド・マネージャー認定協会は、
2010年1月8日から10日に
「在京民放キー局勤務 女子アナウンサーイメージ調査」を実施し、
その結果を本日(1月14日)に発表いたしました。

当調査は、各種の調査上位に位置する女子アナウンサー30名を挙げ、

「最も上品さを感じる女子アナウンサーは誰ですか?」

「最も親しみやすさを感じる女子アナウンサーは誰ですか?」

「最も知性を感じる女子アナウンサーは誰ですか?」

「最も信頼のおける女子アナウンサーは誰ですか?」

「今、一番注目している女子アナウンサーは誰ですか?」

という5つの設問に対し、
それぞれ1人を選択してもらうというもの。

結果は、上位5名を設問ごとにランキング。

これを分析すると、全体として露出が多く、
認知度の高い女子アナウンサーへの投票が多いことが分かりました。

詳細はこちら  →   http://bit.ly/6Homxr

 

ライン
[2010.01.13]

07 ブランディング

ブランディング

『ブランディング』とは何かを知る前に、
『ブランド』の定義を知っておく必要がある。

『ブランド』の定義は、各団体や人によってさまざまだが、
 ブランド・マネージャー認定協会(http://www.brand-mgr.org/)では、
 次のように定義している。
 
 「消費者が特定の商品やサービスを識別できているとき、
   その商品やサービス を『ブランド』と呼ぶ」

 そして『ブランディング』とは、
 
 「意図したブランド・イメージを消費者が抱くように、
   戦略的にアプローチしていくこと、
   またはそれらのアプローチを設計すること。」

 である。

『ブランディング』とは、
 単に『ブランド』の認知を図るだけではなく、
 製品の購買に繋がる消費者のニーズと連結する
 適切なブランドイメージを消費者に抱いてもらうことなのである。

 

ライン
[2010.01.12]

05 広告・販促の学び

「お客様の声」の集め方と活用方法

Vol.8に続けて、「販促特別レポート」の新作をUPしました。

Vol.9 「お客様の声」の集め方と活用方法
http://www.koukoku-ya.jp/case-study/

もし、あなたの店で、まだ何も販売促進を実施していないのであれば、
まず、最初にやってほしいことが、「お客様の声」を集めること。

「お客様の声」はお客にお金を払ってでももらいたいくらい、
もらう価値があるもの。

だが、なかなかきっかけがつかめない方のために、
そのまま使える事例を挙げたので参考にしていただければ...。


※「販促特別レポート」をダウンロードするためには、
無料WEB会員へ登録が必要です。
http://www.koukoku-ya.jp/magazine2/index.php

 

ライン
[2010.01.09]

07 ブランディング

なぜあの会社は潰れないのか?

 弊社が事務局を担っているブランド・マネージャー認定協会主催で、
 第1回公開シンポジウムを開催いたします!

 ===================================
  ブランド・マネージメントの 【 型 × 実践 × 討論 】
 ===================================

 今回のシンポジウムのテーマは、

「ブランディングの現場で起きている試行錯誤とは、
  いったいどのようなものなのか?」


 まず、協会の卒業生である大手飲料メーカー、大手外資系通販会社、
 美容室グループのマネージャーが、講座で身につけた「型」を使って
 落とし込んだ実例の発表をします。

 この発表に対し、日本におけるブランド論の第一人者である
 中央大学大学院 田中洋教授や、株式会社JOYWOW 取締役会長 阪本啓一氏を
 はじめとしたブランド・コンサルタントや実務者の方々が、
 パネリストとして参加し、アドバイスをしていきます。

「ブランディングの現場で起きている試行錯誤とは、
  いったいどのようなものなのか?」

 ディスカッション形式で行なわれる熱い討論をご覧になれば、
 この問いに対する答えを、きっと見つけることができるでしょう。

 詳しくはこちらから↓
 http://www.brand-mgr.org/symposium/


 もう少し、お話をさせてください。

 

ライン
[2010.01.08]

05 広告・販促の学び

イベントを活用した販売促進策〈住宅不動産業編〉

かなり久しぶりに「販促特別レポート」の新作をUPしました。

Vol.8 イベントを活用した販売促進策〈住宅不動産業編〉
執筆 街づくりエイター合同会社代表 君塚俊之
http://www.koukoku-ya.jp/case-study/

今回の「販促特別レポート」では、
分譲業界専門コンサルタントである街づくりエイター合同会社代表の
君塚俊之氏にご執筆いただきました。

人生でもっとも高額な買い物のひとつである「住宅不動産」を、
景気に左右されること無く順調に販売数を伸ばしている、
分譲デベロッパーの事例を通して、

「どのような視点で分譲地を創り込んでいるのか?」の
ポイントをご紹介いただきました。


※「販促特別レポート」をダウンロードするためには、
無料WEB会員へ登録が必要です。
http://www.koukoku-ya.jp/magazine2/index.php
 

ライン
[2010.01.07]

05 広告・販促の学び

潜在顧客の発掘

 商品、サービスを販売していくには、
 次のようなプロセスを踏む必要があると言われている。

 1.市場への認知の拡大
 2.潜在顧客の発掘
 3.見込客の育成
 4.新規顧客の獲得
 5.既存顧客の維持

 一昔前までは、このプロセスの1番目の
「市場への認知の拡大」に重きを置き、
 マス広告を始め、コストをかけるアプローチが主流であった。

 仮にマス広告を使わなくとも、『潜在顧客の発掘』のために、
 大量なDM発送や、人海戦術で個別訪問をするなど、
 量に比例してコストをかける方法が一般的であった。

 しかし、WEBの登場により、
 低コストで『潜在顧客の発掘』するアプローチが
 可能になったということは、今さら説明するまでもないだろう。

 今回のコラム(以下)では、そのWEBを利用し、
 ネーミング募集をプロモーションへと派生させ、
『潜在顧客の発掘』に成功した事例を紹介する。

 イベント販促で浮遊客を囲い込む対策 Vol.4
「ネーミング募集をプロモーションへと派生させていくには」
 http://www.koukoku-ya.jp/column/

ライン
[2010.01.06]

03書籍など

月刊商業界 連載「最強の販促ウエポン」第2回目執筆

10001056_01_1002.jpg

月刊商業界 2010年2月号 株式会社商業界発行
連載「不況を打ち破る! 最強の販促ウエポン100連発」第2回を
執筆しました。

 2010年2月号(2010年1月1日発売) 第2回目のテーマは、
「誕生日プロモーション」です。

P60~61の2頁に掲載されています。
 

ライン
[2010.01.05]

01日常のコメント

年始挨拶 & 初詣

201001051341001.jpg

 本日(5日)が仕事始め。

 例年同様、クライアントのところへ
 年始のご挨拶に行ってきました。

 ちなみに弊社のクライアントのなかには、
 寺院もいくつかあるため、毎年のことですが、
 初詣もついで(?)にさせていただきました。

 寺院がクライアントだと、こんな時とても便利です(笑)。

 さて、初詣に行かれましたか?

 どんなお願いごとをされましたか?

 私は、「今年も無事に1年が過ごせるように...」と
 お願いごとをしてきました。

 

ライン
[2010.01.04]

01日常のコメント

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

さて、2010年がスタートしてもう4日目ですね。(笑)

いきなりですが...
あなたにとって「継続していること」ってありますか?

私は、数少ない継続していることの一つとして、
ご覧いただいているブログがあります。

今から3年半前の2006年7月に最初に書き込みはじめ、
2年前の2008年1月からは、平日は全てUPしています。

たまに、一気に3~4日分まとめてUPすることもありますが...(汗)

なんとか丸2年間、継続することができました。

証拠もあります。暇な時にでも確かめてみてください。(笑)

私にとって、数少ない「継続していること」。

ですので、特に大切にしていきたいと思います。

コツコツと...。

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧