ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2010年8月

[2010.08.31]

02広告・販促の現場

「美容室の法人営業」という打ち手

先日、友人の「店販力(てんぱんじから)」コンサルタントの石山氏と
ランチミーティングをした。

ちなみに彼のWEBサイト構築は弊社でお手伝いさせていただいた。
[サロンアシスト]
http://www.salon-assist.jp/

彼は、美容室を中心に、スタイリストやアシスタントに
店販の売り上げアップを指導することに特化した
実力派の数少ないコンサルタントだ。

最近は、3~4ヵ月に1回程度、情報交換を含め、
ランチミーティングをしている。

情報交換の中身は、美容室のマーケティングの話が多くなるが、
今回は、法人向け営業のおもしろいネタを教えてくれた。

東京で、法人向け営業がとても上手くいっている
サロンがあるという。

 

ライン
[2010.08.30]

04 マネジメント関連

トラブルに対処?

先日ある大きなトラブルを起こしてしまった。

既に対処は終わっているが、今回のトラブルは、
賠償金まで派生するほどダメージが大きいトラブルになってしまった。

トラブルが起きたのは初めてのことではないが、
賠償金まで支払うことになったのは、
はっきりいって会社創立19年間で、初めてのできごとだ。

当事者はもちろん、会社としても深く反省しなければならないわけだが、
若干、腑に落ちない点もあるトラブルでもあった。

そのこともあり、今回は、現状認識をし、そして課題の把握をし、
最後に再発防止策を決めるというような、
トラブルが起きた時の対策として行われる
一般的なプロセスだけでは済まさなかった。

当事者と幹部を集めたミーティングでは、
次のように2つの質問を参加者全員に投げかけることにした。

1.今回のトラブルで「学んだこと」は何か?

2.この学びを「今後どのように活かす」のか?

この2つの質問を、まずは紙に書いてもらい、
その後、1人1人に発表してもらう。

 

ライン
[2010.08.27]

03書籍など

処女作 『驚きのレスポンス広告作成術』 表紙デザイン

RES-A.jpg 

 2010年9月3日(金)発売となる処女作

確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術』(同文舘出版)

 の表紙デザインができました。

 最初A、B、Cと、3つの案が出ていましたが、
 ほとんど悩みもせずに決めたのが上のA案のデザインです。

 このA案は、最初出てきたラフに、
 少しだけ微調整を加える程度で GO となりました。


 そして、下がB案です。
 

ライン
[2010.08.26]

05 広告・販促の学び

シュワルツコフ主催 プロモーション戦略セミナー in 大阪

ヘンケルジャパン株式会社 シュワルツコフ主催の
「効率的プロモーション戦略」のセミナー講師をやっています!

詳しくはこちらです →  http://bit.ly/aZaWhj

今年は東京、大阪、名古屋で3回開催。

既に、名古屋は6月14日に講師を務めてきました。

次は、9月6日(月)大阪で開催されます。
大阪のヘアサロンの方は、ぜひご参加くださいませ。

受講料がとっても安いです。弊社のセミナー料金のおよそ1/3。

その分、ぜひシュワルツコフさんのの商品を買ってくださいね (笑)

詳しくはこちら →  http://bit.ly/aZaWhj

 

ライン
[2010.08.25]

05 広告・販促の学び

認知的不協和の解消

 人は、相容れない2つの認知や考え方、意見を抱えた時、
 心理的にアンバランスな状態となる。

 例えば、自分が選んだ美容室で、新しいヘアスタイルにし、
 自分自身、概ね気に入っているとしよう。

 それを友人に褒めてもらっている時は、
 アンバランスな状態にはならない。

 だが、もし友人にケチをつけられたとしたらどうだろうか?

 良いと思っている自分と、ケチをつける他人。
 この2つの正反対の意見が頭の中を駆け巡る。

 こうした状態の人の心理を『認知的不協和』と言い、
 これにより不快感の緊張が生じる。

 この緊張を和らげようと人は
『認知的不協和』の状態を解消しようとするのだが、
 いったい何を行なうのか?

 それは、自己正当化である。

 自分の決定が間違っているとは認めたくないので、
 プラスの情報を強調し、マイナスの情報はできるだけ省く。
 場合によっては、真実から目をそむけたりもするのである。

 このように一度決めたことを自己正当化しようとする心の動きを
『認知的不協和の解消』と言う。

 なお、こうした心理に陥ることは、
 購買行動の場面だけに限らない。

 

ライン
[2010.08.24]

07 ブランディング

[メルマガコンサルタント]平野友朗氏のインタビュー記事UP-第2弾

interview14_2.jpg
 

メルマガコンサルタントとして有名で、今や著作も15冊となり、
若いけど実力派コンサルタントの
平野友朗氏にインタビューをしました。

第2弾を公開しました。

第2弾のトピックスは、以下のとおりです。

・パーソナル・ブランディング戦略を立てるコツ
・パーソナル・ブランディングの重要性とメリット

こちら↓からどうぞ。

ブランド・マネージャー認定協会【スペシャルインタビュー】
http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

 

ライン
[2010.08.23]

01日常のコメント

「ポケドラ」セミナー受講

DSC06832.JPG

先週末の土曜日は、ブランド・マネージャー認定協会の理事であり、
お世話になっている阪本啓一先生の新セミナー
「いつもポケットにドラッカー(通称:ポケドラ)」を受講してきた。

ビジネス書の枠を超え100万部発行のヒット作

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(ダイヤモンド社/岩崎夏海著)が、

通称「もしドラ」という愛称広まっていることもあり、
さすが阪本先生、完全にトレンドに便乗している。(笑)

だが、阪本先生は、実際に20年以上も研究し続けていることもあり、
ドラッカーのハウツー、思想、考え方を本当によく理解されている。

 

ライン
[2010.08.20]

03書籍など

課題解決! マーケティング・リサーチ入門

8_25.jpg

 ブランド・マネージャー認定協会の顧問であり、
 中央大学大学院 戦略経営研究科教授の
 田中 洋氏の編著「課題解決! マーケティング・リサーチ入門」が
 8月6日に出版された。

 マーケティング・リサーチに関する書物は多く出版されているが、
 リサーチ手法、データ解析の解説、調査票の作り方、
 グループインタビューの手法など、
 いずれもリサーチ手法やデータ解析の解説を
 説いたものが多い。
 いわゆる実行・分析段階というやつだ。

 しかし本書の場合は、課題・立案段階から実行・分析、
 そして解釈・提案にいたるまでをカバーしており、
 マーケティング・リサーチのきっかけから結果までを網羅。、
 マーケティングの実務を追体験できるような内容となっている。

 

ライン
[2010.08.19]

03書籍など

アマゾンキャンペーン日程変更のお詫び

2010年9月3日に出版される

『確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術』
- なぜ、この広告の反応がよかったのか?

発売を記念し、著者 岩本俊幸から購入者のみなさまに
感謝の気持ちを込めまして、
購入者特典のプレゼントキャンペーンを実施させていただきます。


そこで、1点訂正があります。
以前、ブログやメルマガでキャンペーン期間を

2010年9月10日(金)12時00分~9月11日(土)18時00分

とお伝えしましたが、日程が変更となります。


正しくは、

2010年9月13日(月)12時00分~9月14日(火)18時00分

となります。

この期間内にAmazonでご購入いただいた方に、
購入者特典として素敵な特典をプレゼントします。

30時間限定ですので、
今からカレンダーにチェックしていただき、
ぜひぜひ、アマゾンキャンペーンに
ご参加よろしくお願いします!

以前の告知でチェックしていただいた方々は
申し訳ありませんが、チェックし直してください。

何卒よろしくお願いします。


 

ライン
[2010.08.18]

03書籍など

名前買いとは?

51Ibh+lAQgL__SL500_AA300_.jpg

友人の中山マコトさんが新刊を出されました。

 タイトルは『名前買いを起こせ』 です。

「名前買い」は、これからのビジネスでは、
 ますます大切になってくるでしょう。

 例えば、以前よりインターネットの集客では、
 顧客獲得コストを下げるために
 検索エンジンなどで様々な工夫をしています。

 ですが、「一般名詞」でどんなに工夫しても、
 社名、商品名、サービス名で検索されることには
 かなわないのです。

 例えば、
「コーヒーショップ」ではなく「スターバックス」。
「スポーツ飲料」ではなく「ポカリスエット」。
「スマートフォン」ではなく「iPhone」のように...。

 これらは、いわゆる「指名検索」であり『名前買い』を
 起こしていることになるのです。

 

ライン
[2010.08.17]

01日常のコメント

蓼科は「ごきげん」な空間

DSC06812.JPG

昨日から1泊で蓼科に出張で、
本日昼頃に事務所に戻ってきた。

車での移動だったので、お盆時期ということもあり、
かなり混雑するのではないかと予想していたが、
ほとんど混雑はなく、蓼科から事務所の松町まで、
2時間30分程度しかかからなかった。

思っていたより、意外に近く感じた。

しかし、東京の暑さはやはり尋常じゃない。

車から降りるやいなや、息苦しくなるほどだ。

蓼科は湿度も低く本当に快適だった。

夜は15度程度しかなく、寝る時は毛布が必要なほどである。
 

ライン
[2010.08.16]

03書籍など

ようやく出版日が決定しました!

マーケティング戦略で思考する「売るための広告表現テクニック」

確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術
- なぜ、この広告の反応がよかったのか?

(岩本俊幸著、同文舘出版)の発売日がようやく決定しました。

2010年9月3日です!

発売を記念し、著者 岩本俊幸から購入者のみなさまに
感謝の気持ちを込めまして、
購入者特典のプレゼントキャンペーンを実施いたします。

キャンペーン期間は少し先で、
2010年9月13日(月)12時00分~9月14日(火)18時00分
30時間限定です。

この期間内にAmazonでご購入いただいた方に、
購入者特典として素敵な特典をプレゼントします。


特典内容は、このブログをご覧の方に、
いち早くお知らせしましょう。

 

|コメント(2) ライン
[2010.08.13]

01日常のコメント

お盆休み真っただ中

弊社は、毎年夏休みはバラバラにとっている。
9月に遅めの夏休みを取る社員もいる。

でも、やはりお盆の時期に夏休みを取る社員も少なくない。

ということで本日8月13日は、
世間ではお盆休みの真っただ中ということもあり、
電車も車もすいていて、浜松町界隈は本当に人が少ない。

今日の朝礼もいつもより人が少なかったので、
「さすがに、今日はお盆休みをとっている社員が多いのか?」と思ったら、

数名は朝から通販会社、内装工事会社、寺院など
お客様のところに訪問して、打ち合わせをしているとのこと。

社員もそうだけど、弊社のお客様は、
お盆休みは関係ないようだ。がんばっているなぁ。

私自身も8月16日(月)から一泊で長野県のとあるホテルに
ブランド構築のお手伝いのために出張する。

交通手段は車。

行きも帰りも渋滞に巻き込まれないように、
明け方に出発する必要があるかもしれない。
 

ライン
[2010.08.12]

01日常のコメント

200号目の配信-メルマガ「長期的な商売繁盛のための『固定客化の法則』」

 おかげさまで、メールマガジン
「長期的な商売繁盛のための『固定客化の法則』」は、
 先週の8月5日号にて200号目の配信となりました。

 創刊号を配信したのが、2004年10月21日。
 今から6年前となります。

 この6年間、毎週もしくは隔週に配信してきましたが、
 途中ありがたいことに【まぐまぐ公認 殿堂入りメルマガ】に
 選んでいただいたり、
 メルマガ読者の方々から、「メルマガ見てますよ!」などの
 ご連絡をいただくなど、励まされたことも多かったです。

 読者の皆さんの応援のおかげで、6年間継続でき
 今回、200号を配信することができました。
 本当にありがとうございます。

 これからも、できるだけ定期的に配信できるように、
 そして、コツコツと続けていけるように考えております。
 引き続き、お付き合いいただければ幸いです。

 今後ともよろしくお願いします。


◎長期的な商売繁盛のための『固定客化の法則』
  のバックナンバー・登録はこちら
http://archive.mag2.com/0000141722/index.html


 ※今週、来週の2週間は、お盆のため、このメールマガジンの配信を
   お休みさせていただきます。ご了承くださいませ。
 

ライン
[2010.08.11]

01日常のコメント

[人間力 ゼミナール] シンポジウムのお知らせ

 私が理事を務めさせていただいている
一般財団法人 日本教育推進財団」にて、
 第1回シンポジウムが開催されます。

 第1回目のテーマは

「人間力 ゼミナール」~人を導く力・人を動かす魅力~
 http://www.education.or.jp/symposium.html

 もしかしたら、あなたの人生観を変えてしまうかもしれません。

 人を魅了する圧倒的な3名のカリスマが一同に会するので、
「最高の時間」となることでしょう。

 ぜひ、この感覚をその場で焼き付けていただければと思います。

 その3名のカリスマとは、

 ●経済政策の理論と実践における日本のリーダー。
   政界をはじめ各界に弟子・教え子を持つ、加藤寛先生

 ●現在の日本を創ってきた「リーダー」達が、この方に師事する
   圧倒的な日本のカリスマ、野田一夫先生

 ●「生活指導の神様」「カリスマ教師」と呼ばれ、30万部を超える
   ベストセラー作家、そして教育委員でもある、原田隆史先生


 定員は400名と、この超豪華ゲストにとっては少なすぎる規模ですので、
 すぐに満席になる可能性があります。

  今すぐお申込みされることをおすすめします。
http://www.education.or.jp/symposium.html

 

ライン
[2010.08.10]

07 ブランディング

[メルマガコンサルタント]平野友朗氏のインタビュー記事UP

DSC05643.jpg

メルマガコンサルタントとして有名で、今や著作も15冊となり、
若いけど実力派コンサルタントの
平野友朗氏にインタビューをしました。

6~7年前から知り合いで、年に数回飲みにもいって仲なので、
インタビューは結構リラックスしてできました。

インタビューは4月に実施したので、少し時間が空きましたが、
第1弾を先日公開しました。

第1弾は、
・「平野友朗」というブランド作りのきっかけ
・次段階を踏まえてのパーソナル・ブランド戦略
という内容です。

こちら↓からどうぞ。

ブランド・マネージャー認定協会【スペシャルインタビュー】
http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

 

ライン
[2010.08.09]

07 ブランディング

第4期 アドバンスコース Part2

第4期アドバンスコース後半4.jpg

ブランド・マネージャー認定協会
第4期アドバンスコースの後半が一昨日、昨日の
8月7日(土)、8日(日)の2日間で行われた。

受講生は、前半と後半の間の2週間で、
各々が扱っている商品、事業、店舗、または新商品、新事業について、
協会が提供している型(フレームワーク)に沿って
プレゼン資料を作ってこなくてはならない。

後半の1日目は、そのプレゼンテーションが行われる。

日々の仕事が忙しいのにもかかわらず、
皆さんしっかりと資料を作成され、
今回も、熱いプレゼンとフィードバックが繰り広げられた。

私も全てのプレゼンに目を通し、フィードバックをさせていただいた。

今回もあるメーカーが実際に来年から世に出す予定の
新商品のブランド構築のプレゼンがあった。
 

ライン
[2010.08.06]

05 広告・販促の学び

返報性の原理

「返報性の原理」とは、人間心理を利用した交渉テクニックの1つ。

 一般に人は、何か自分のためにしてもらった時、モノをもらった時、
 お礼を言ったり、贈り物をしたりと、お礼の気持ちを示す行動に出る。

 お礼される側も、言葉のお礼だけでも気持ちよくなり、
 双方の助け合いが継続する。

 一方、お礼がないと、その行為が正しかったのか分からなくなり、
 その後何かしてあげようという気持ちが沸かなくなる。

 つまりお礼とは、人が支え合っていくためには
 欠かせないものなのである。

 そのため、人は相手から何かしてもらうと、
 お礼の行動をしなければならないと考えてしまう。

 この心理を販売促進に応用した例の1つが「試食」だ。

 試食とは、店頭において無料で食品を提供し、
 その味をお客が確かめ、購買に値すると判断した場合に、
 購入してもらう販売促進手法。

 お客は、店員から直接試食品を手渡されることにより、
 その味に関わらず商品を購入しなければいけないという
 気持ちになることが少なくない。

 これは、お客が無料で試食をさせてくれた店員に対して
 お礼に購入するという心理が働いている。
「返報性の原理」を上手に利用した例と言えよう。

 但し、このような人間心理の原則は、決して悪用することなく、
 良心に則って活用して欲しい。

 

ライン
[2010.08.05]

05 広告・販促の学び

アマゾンでの取扱開始! 「チラシ広告厳選事例 徹底分析集」

 弊社にとって、現時点での広告表現に関する集大成とも
 言える教材 「チラシ広告厳選事例  徹底分析集」が、
 アマゾン(amazon.co.jp)でもお買い求めいただけるようになりました!

 詳しくはこちら → http://amzn.to/ccUXOF

 但し、アマゾンでは【ベーシック版】のみの取り扱いとなります。

【ベーシック版】と【2010年版】のセットをご希望の方は、
 今なら特別価格で購入することができます!
 こちらをご希望の方は、↓からお申込みくださいませ。
 http://www.koukoku-ya.jp/sed/


 取りあげている業種は、以下のように多岐にわたります!
 
 食品通販業、健康食品通販業、飲食店、飲食宅配業、生花店、
 学習塾、スイミングスクール、美容室、エステサロン、
 岩盤浴施設、整体業、リフォーム会社、工務店、建築不動産業、
 中古車販売、葬儀業、石材店 など...
 
【ベーシック版】と【2010年版】を合わせ、
 全58事例、400ページのチラシを中心とした広告を掲載!!
 
 チラシ広告を作成する上で必要不可欠な知識をはじめ、
 あらゆる業種の事例を、この1冊で手に入れることができる
 貴重な教材です。

 マーケティング戦略で思考する「チラシ広告厳選事例  徹底分析集」
【ベーシック版】【2010年版】 同時発売!!

 セットでご注文いただきますと、
 今なら特別価格で購入することができます。

 初回300セット限定の販売です。
 http://www.koukoku-ya.jp/sed/

 

ライン
[2010.08.04]

03書籍など

月刊商業界 2010年9月号

10001106_01_1009.jpg

先日発売された『商業界』9月号で、
連載の第8回目を執筆しました。

・連載「不況を打ち破る! 最強の販促ウエポン100連発」
「【第8回】ランクアップシステム」2ページ分

P90~91の2ページにわたり掲載されています。


好評発売中です。ぜひご覧ください。

 


プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧