ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2010年12月

[2010.12.28]

01日常のコメント

2010年最後のご挨拶


 今年最後のブログの書き込みです。

 今年も一年間、ありがとうございました。

 2010年は、どんな年でしたか?


 私にとって振り返ると、今年も本当にいろいろなことがありました。

 まず、

 9月に処女作「確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術
 を出版することができました。

 みなさんの応援のおかげで、「アマゾンで総合3位」を獲得し、
 「発売2ヵ月で4刷」という専門書としては異例の売れ行きとなりました。

 本当にありがたいことです。

 また、この書籍の拡販のために、生まれてはじめて、
 都内の書店回りという、いわゆるドブ板営業を2日間経験しました。


 その他の執筆活動にも数多く関わらせていただきました。

 ・月刊「商業界」にて連載と特集ページの執筆。

 ・月刊「商業界」にてチラシ大賞での審査員での参画と特集記事の執筆。

 ・月刊「食品商業」にて特集ページの執筆。

 ・百五経済研究所発行にて「販売促進手法」の冊子執筆。

 ・ヘンケルジャパン シュワルツコフ
   「売上アップサポートプログラム第2弾【実践編】」の執筆。


 また、セミナーの講師も数多く務めさせていただきました。

 ・自社主催セミナー「販売促進スペシャルセミナー」を
   述べ12日間開催。

 ・SMBCコンサルティング主催セミナーを東京で2回実施。
 
 ・ヘンケルジャパン シュワルツコフ主催
 「プロモーション戦略セミナー」を東京、大阪、名古屋で実施。

 ・商工会議所、ゼロックス、その他メーカーや団体にて主催の
   セミナーを東京、大阪、長野、鹿児島などで実施。

 ・商業界主催の「とことん販促セミナー」を東京で実施。


 また、2年半前に設立したブランド・マネージャー認定協会を
 おかげさま今年9月に一般財団法人格を取得することができました。

 ベーシック、アドバンス、トレーナーの各種コースの継続開催はもとより、
 たくさんの試みもできました。

 ・第1回公開シンポジウムを開催(2月)

 ・ブランド・セッションの開催(9月、11月)

 ・エッセンスセミナーの開催(10月)

 ・月刊「商業界」にて「小さなお店のブランド戦略」の掲載

 ・スペシャルインタビューとして、多くの実力派マーケッターへの
   インタビューの実施。

 ・公認トレーナーが、述べ12名誕生。


 さらに、

・教材「チラシ広告厳選事例  徹底分析集」の開発と販売。

・某出版社を絡めた出版会議の開催

・日本教育推進財団の理事就任

 などなど。


 もちろん、広告、販売促進のコンサルティングをはじめ、
 クライアントさんとの現場での試行錯誤もたくさんありました。

 

ライン
[2010.12.27]

07 ブランディング

[宝島社]細腕敏腕マーケッターのインタビュー記事UP

桜田さん5.jpg

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会のWEBサイトにて
株式会社宝島社マーケティング本部広報課長
桜田圭子氏へのインタビューを公開しました!

広報課長という肩書きを持ちながら
マーケティング本部のプロジェクトも
兼任されている桜田さんが現在まで、どのような経緯で、
どのような取り組みをされていったのか
かなり興味深いお話を伺うことができました。

出版不況と言われるこの時代に、大手出版社を抜き去り、
ダントツの販売部数を誇る女性誌を作っているのが
他でもない社員200人足の中堅出版社「宝島社」。

組織的なマーケティングの取り組み方など、
他の業種でも参考になるエッセンスが
たくさん詰まっています。


こちら↓からどうぞ。

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会【スペシャルインタビュー】
http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

なお、閲覧にはメールマガジンへの登録が必要です。
登録はこちらから → http://bit.ly/ddyLKa

 

ライン
[2010.12.24]

03書籍など

食品商業の執筆 -その2

http://www.koukoku-ya.jp/blog/2010/12/post-497.php#more
前回のつづき

月刊「食品商業」2011年2月号(2011年1月15日発売)の
執筆テーマは以下のとおり。

年度末緊急対策
『客数・客単価を押し上げる! 販促プロモーション30連発(仮)』


内容については、なかなか素晴らしい
販促アイデアが盛りだくさんです。


そのアイデアの一部をあげますと...

 

ライン
[2010.12.22]

03書籍など

食品商業の執筆 -その1

月刊「商業界」の連載を執筆させていただいているなど、
お世話になっている株式会社商業界様より、
月刊「食品商業」への執筆依頼がありました。

2011年2月号(2011年1月15日発売)にてテーマは、
以下のとおりです。

年度末緊急対策
『客数・客単価を押し上げる! 販促プロモーション30連発(仮)』

最初は、50連発位を想定していたのですが、
誌面の関係上、最終的には30連発に納まることになりました。

今回は、女性や主婦の目線が必要だったので、
以下のような優秀な女性マーケッター3人に
執筆協力をお願いすることになりました。

 

ライン
[2010.12.21]

01日常のコメント

クリスマスカード

弊社(イズ・アソシエイツ)から、
本日クリスマスカードをお送りしました。

もし、届いていない方がいらっしゃいましたら、
こちら → magazine@is-assoc.co.jp   まで、
メールでお知らせください。

今年は、以下のとおりメールをお送りしましたので、
ぜひクリックしてくださいね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
イズ・アソシエイツより、
日頃の感謝を込めて、
メリークリスマス!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

↓↓↓コチラからクリスマスカードをご覧いただけます!!↓↓↓
http://bit.ly/e4M6Hm

今年も色々とお世話になりました。
来年も皆様のお役に立てるよう、
社員一同、日々努力していく所存です。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ライン
[2010.12.20]

03書籍など

すべては『「売る』ために―利益を徹底追求するマーケティング

giman2010.12.jpg 

著者セルジオ・ジーマン氏は
 マッキャン・エリクソン、ペプシコ、コカ・コーラの
 CMO (最高マーケティング責任者) として偉業をなした
 稀代のマーケター。

 著者の他の書籍は、本メールマガジン第9号にて
「セルジオ・ジーマンの実践! 広告戦略論」をご紹介した。

 今回ご紹介する著書は、
 セルジオ・ジーマン氏の名著『The End of Marketing as We Know It』
 (邦訳『そんなマーケティングなら、やめてしまえ!』ダイヤモンド社2000年)
 の最新版を翻訳したもので、名前を変え10月末に出版されたばかりの
 復刊本である。

 

ライン
[2010.12.17]

02広告・販促の現場

セミナー受講者からの報告 (葬儀業編)

nakamoto-omote.jpgnakamoto-ura.jpg

 

今年10月に私のセミナーを受講され、
引き続き11月にも再受講された
和歌山県のある葬儀業の経営者の方から
新聞折込チラシの反応について報告を受けました。

写真のチラシを18,000枚配布したところ
117件の問い合わせがあり、96件が成約したとのこと。

成約率で、約0.5%の反応とは、
ものすごいことだと思います。

ディテールでの改善点は、ありかと思いますが、
何かとても誠実さを感じるチラシです。

この受講者からは、セミナー後、
以下のような感想をいただきました。
 

 

 

ライン
[2010.12.16]

05 広告・販促の学び

バンドワゴン効果

『バンドワゴン効果』とは、
 ある選択が多数に受け入れられている、
 流行しているという情報が流れることで、
 その選択への支持が一層強くなることを指す。

「バンドワゴン」とは行列の先頭の楽隊車のことであり、
「バンドワゴンに乗る」とは、
「時流に乗る」とか「勝ち馬に乗る」
 といった意味でも使われる。

 ちなみにサクラを使った宣伝が、これを利用したものでもある。

 プロモーションの1つとしてイベントで、
 見込み客集めや商品告知を目的とするなら、
 集客は数が重要になる。

 誰もが気楽に来場できる娯楽性の高い内容にして、
 とにかくたくさん集客することだ。

 多くの人は、会社や店舗が開催するイベントに対し、
 商品を売り込まされないかという
 不安や警戒心を持っている。

 だから、集客イベントで集客したら、
 はじめはセールスを極力控えるようにすることが
 大切である。

 だが、まず何より効果があるのが「たくさんの来場者数」だろう。

 

ライン
[2010.12.15]

07 ブランディング

諏訪湖へロケハン - Part2

350px-Hirayamanorihiro_ascension.jpg

同行していただいたスピリチュアルアーティストとは、
平山則廣氏。

フランス・ボーション市内カルチャーセンターにて
2万個のLEDを使った空間映像作品「アセンション」
(現・鹿児島県指宿市のメディポリス指宿に常設=上記写真)、
東京ミッドタウンのオープンニングイベントなど
日仏を中心とした世界を舞台に活動を展開している
著名なCGアーティストだ。

平山則廣オフィシャルサイト
http://www.norihiro-hirayama.com/jp/top_jp.html

 

ライン
[2010.12.14]

07 ブランディング

諏訪湖へロケハン - Part1

CIMG0215.JPG

本日から2日間、ある施設のエッジが効いたブランディングのために、
スピリチュアルアーティストとともに諏訪湖に行く。

1日目は、アーティストに創造力を掻き立ててもらうために、
諏訪大社をはじめ、いろいろなところに訪れた。

諏訪大社は、本宮、前宮、秋宮、春宮と4つあり、
それぞれが少し離れている。

写真は、下社秋宮。

 

ライン
[2010.12.13]

07 ブランディング

第5期 アドバンスコース Part2

CIMG0201.JPG

ブランド・マネージャー認定協会
第5期アドバンスコースの後半が一昨日、昨日の
12月11日(土)、12日(日)の2日間で行われた。

受講生は、前半と後半の間の2週間で、
各々が扱っている商品、事業、店舗、または新商品、新事業について、
協会が提供している型(フレームワーク)に沿って
プレゼン資料を作成する。

後半の1日目と2日目の午前中は、そのプレゼンテーションが行われる。

日々の仕事が忙しいのにもかかわらず、
参加者の皆さん全員がしっかりと資料を作成し、
今回も、熱いプレゼンとフィードバックが繰り広げられた。

私もほとんどのプレゼンに目を通し、
フィードバックをさせていただいた。

今回もある大手通販会社が来年から世に出す予定の
新商品のブランド構築のプレゼンがあった。

 

ライン
[2010.12.10]

05 広告・販促の学び

コントラストの原理

新築購入時に、家具も新しく買い換える人は少なくない。

 家を購入する前は、家具を買い換えることに躊躇していても、
 新築を購入したとたんに、家具を一式揃えてしまう。

 もちろん「せっかく新築の家なので、家具も新しく揃えて一新したい!」
 という気持ちが強くなるのも理由の1つ。

 だがそれ以上に、新築購入は一般的に一生に1~2度しかない
 大きな買い物に比べれば、家具を購入することは
 小さな買い物に思える心理が影響しているのである。

 数千万円という人生最大の買い物をする時には、
 数十万円~数百万円の買い物は、小さな買い物に感じるもの。

 新築購入時だけでなく、車を購入する時に、
 オプションで色々な装備を付けてしまうのも
 同じような心理が働いていると言えるだろう。

 人間は、価格などに大きな違いがあるものを同時に、
 または連続して見せられると、実際以上に差を感じる傾向にある。

 これを『コントラストの原理』と言う。

 マーケッターとして捉えてみるのも良いが、
 一消費者としても、この心の動きを客観的に
 捉えてみたいものだ。


 ※参考書籍『マーケティングの心理学』(重田修治著/明日香出版社)

 

ライン
[2010.12.09]

07 ブランディング

ブランド・コンサルタント水野氏のプロモーション映像に出演予定

interview02.JPG

ブランド・コンサルタントである水野与志朗さんから
インタビューのご依頼を受けました。

水野さんの会社(ビーエムウィン・ブランディングオフィス)の
Webサイトがリニューアルされるタイミングで、
今回のインタビュー映像が掲載されるようです。

水野さんとの出会いは3年前。
現在は、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会の理事を
務めていただいていることもあり、
いろいろと交流をさせていただいています。

このような著名な方の紹介映像に掲載されることは、
光栄なことで、ありがたいことです。

来年2月頃にアップされるとのことです。

写真のインタビュアーは、あの神田昌典さん、本田健さん、船井幸雄さんの
プロモーション映像制作を手がけている株式会社アークの尾野社長。

以前も友人でブランドコンサルタント江上さんの会社の
WEBサイトのプロモーション映像に登場させていただきましたが、
その映像も尾野社長手がけています。

その映像がこちらです。 →  http://bit.ly/bTMQQX
(冒頭と後半の2回にわたって、十数秒ほど出演しています。)

 

ライン
[2010.12.08]

01日常のコメント

PC故障

先週の木曜日にPCが死んだ。
今日5日ぶりに新しいPCで作業を再開。

この5日間は、出張もあったが、
とにかく作業ができずに、本当に困った。

データは基本的に、サーバーで管理しているので、
問題はなかったが、メールソフトなど
環境を新しくすることで、失ったことも少なくない。

だが、古いものを捨て、
新しいやり方などを取り入れることになったことを考えると、
このトラブルはまんざら悪いことばかりではないのかもしれない。

例えば、既存のメールソフトを使うのをやめ、
Gmailで対応するようにしたことは、
今後マシンが死んでもいちいち環境を整え直す必要がない。

このようなことは、実際にマシンが使えなくなるなどの
トラブルがあったから、踏み込めたことだ。

今年の残り少ない日々のなかで、捨てることをはじめ、
やり方、考え方を変えざるを得ないようなことが
まだまだ起きるような気がする。

 

ライン
[2010.12.07]

05 広告・販促の学び

福井商工会議所での講演

shokokaigisho01.JPG

最近は、商工会議所での講演はあまりやっていなかったが、
久しぶりにお声をかけていただいた。

声がかからない原因は、私の講演料が高いというのも
どうやらあるらしい。

今回は、鹿児島商工会議所からご依頼を受けたが、
交通費なども含めるとかなりの額となり、
商工会議所の一般的な予算では厳しいところかと思う。

だが、稟議を通していただいた担当者をはじめ、
勇気(?)ある行動に感謝したい。

それと何よりも鹿児島の地にご縁をいただいたことは、
本当にありがたいことだ。

なにせ九州は福岡は、セミナーで何度か訪れたことはあるが、
鹿児島は生まれて初めてなのである。

写真は、商工会議所の最上階にある講師控え室からの風景。
とっても眺めが良く、生の桜島の迫力が伝わってくる。

 

ライン
[2010.12.06]

04 マネジメント関連

バイオリズム

私のバイオリズムについて、ビジネスパートナーの好意で、
たまに教えてもらっている。

どうやら来年は、決断をすべき年らしい。

2年前は、最も攻めてはいけないタイミングなのに、
とてつもない攻めに転じたことにより、
最悪の年になってしまったようだ。

たしかに今考えると、やることなすことすべて
裏目にでてしまっていた。

どうりで...  って感じだ。

まるで飛行機が離陸する時に、向こうからとんでもない
突風が吹いてきて、飛行機が空中分解したようなものだ。

来年、大きな決断をするために、今年の残り3週間は、
どのように過ごしたら良いのだろうか?
 

ライン
[2010.12.03]

01日常のコメント

豪華ゲスト陣と、最高の1年をスタートする特別な2日間

カリスマ教師 原田隆史
「ユダヤ人大富豪の教え」本田健
「本気の朝礼 居酒屋てっぺん」大嶋啓介 

このような豪華ゲスト陣と、
最高の1年をスタートする特別な2日間のセミナーが開催されます。

◆2011年1月8日~9日開催
NLP-JAPANラーニング・センター ニューイヤー・トレーニング
http://www.nlpjapan.co.jp/2011newyear-training.html

●とにかく「気合い」を入れたい!(本気で喝を入れたい方限定!)
●何がなんでも達成したい「目標」がある!
●お金の悩みから解放される方法を知りたい!
 

このような方は是非、ご参加をお進めします。

最高のゲスト、意識の高い参加者、最高の環境の中で、
今の自分を見つめ直し、新たな目標と行動を設定する2日間。

 

ライン
[2010.12.02]

02広告・販促の現場

セミナー受講者からの報告 (ホテル業編)

1119tori3.jpg

今年初めに私のセミナーを受講された
山梨県のあるホテルの経営者の方から
以下のように報告をいただきました。

-----------------------------------------------------------------

イズ・アソシエイツ 岩本先生
●●ホテルの●●です。

お返事ありがとうございます。

本日、鳥もつ煮の広告が掲載され
朝から資料請求の数が56件になっております。
恐らく春の山梨県レジャー特集の71件を上回るだろうと思います。

以前は東京新聞への出稿は効果がなく辞めた経緯がありますが、
先生のセミナーを聞いてからは信じられない程の反応です。

東京新聞の直属の広告会社さんも、
特集ページの校正を事前に見せてくれる迄になりました。

ご当地+旬の話題+関連するオファー → 資料請求 は
反応が良い事が判りました。

結果はまたご報告致します。

ありがとうございました。宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------------

このような報告は、とてもありがたいことです。

ライン
[2010.12.01]

05 広告・販促の学び

月刊商業界 2011年1月号

10001132_01_1101.jpg

先日発売された月刊『商業界』2011年1月号で、
連載の第12回目を執筆しました。

・連載「不況を打ち破る! 最強の販促ウエポン100連発」
「【第12回】ニュースレターチラシ」
 2ページ分

P120~121の2ページにわたり掲載されています。


好評発売中です。ぜひご覧ください。

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧