ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2011年6月

[2011.06.30]

07 ブランディング

蓼科に出張

CIMG0785.JPG

「もう1度あの人と来る宿」

蓼科にあるホテルのブランドアイデンティティ。

今週の月曜、火曜とこのホテルに3度目の訪問。

長期的にお客様に愛されるブランド構築をしていくためにも、
このブランドアイデンティティを、
スタッフみんなでもっともっと深めていく必要があるだろう。

 

ライン
[2011.06.29]

07 ブランディング

チームブランディング

CIMG0793.JPG

チームビルディングとブランディングを組み合わせた造語を
「チームブランディング」と呼ぶ。(私が勝手に呼んでいる)

このチームブランディングを実践している会社への取材を
はじめている。

その最初の訪問先が、長野県の美容室グループ「りんごの木」。
(写真は、りんごの木さんのクレド)

島田社長(りょーにぃ)にチームブランディングの要諦を伺った。

それは、次の3つに要約されるとのこと。
1.やることが明確
2.スタッフみんなが分かっている
3.スタッフみんなで作ったものである

シンプルだけど簡単ではない。だけど大切なプロセス。

 

|コメント(2) ライン
[2011.06.28]

03書籍など

『クイズに答えて特典をもらおう!キャンペーン』のお知らせ

41VIPgMMzTL__SL500_AA300_.jpg

 著者仲間の眞喜屋実行さんが、2冊目の新刊を出版されました。

 繁盛店にしていくサクセスストーリーとして、
 主人公といっしょに謎解きしながら、
 販売促進を考えていくという、とても興味深い本です。

 この書籍の出版を記念して、
 クイズに答えて、特典がもらえるという
 おもしろいキャンペーンをやられていますので、
 ぜひご参加してみてはいかがでしょうか?

 

 『ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート』

 お客さまが「来店・買いたくなる」8つの支点を見つける販促物語。

 ノートに書かれた不思議な言葉。
 「スケノジバリではじめまして」「ともだちんこ」
 「小さなピースサイン」「子づれ・犬づれ・股ずれ」…

 主人公の「一歩」が、
 この言葉をヒントに、ロダンを生まれ変わらせる。
  
 『クイズに答えて特典をもらおう!キャンペーン』
  第1問 6月29日~7月5日 予想正解率42%
 http://haps.chu.jp/magicnotebook

 

ライン
[2011.06.27]

07 ブランディング

BM認定協会 第27期ベーシックコースを終えて

2011.06.24.02.JPG

先週の金曜、土曜日と一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会
第27期ベーシックコースが開催されました。

受講者のみなさん、2日間おつかれさまでした。
お忙しいところご参加いただき、ありがとうございます。

今回は、秋葉(あきばっち)トレーナーのデビュー。

デビューとは思えないほど、説明が分かりやすく、
身近な事例も豊富で、話しも楽しく、
受講生の方々にとっても、満足いただけた講座に
なったのではないかと思います。

あきばっちは、役者の経験もあるので、
受講生の方々に楽しんでいただくことも
心得ているのかもしれませんね。

終了後の受講者のアンケートは、以下のとおりです。

 

ライン
[2011.06.24]

07 ブランディング

第2回公開シンポジウム「地域ブランディングの要諦」

main_4.jpg

地域やエリアのブランド戦略の重要性があらためて、
クローズアップされてきている今、
【地域ブランディング】という言葉にピンとくる方に、朗報です。

来たる2011年9月3日(土)に、
とても興味深いイベントが開催されます。

【(財)ブランド・マネージャー認定協会 第2回公開シンポジウム】

テーマは「地域ブランディングの要諦」。

地域ブランディングに興味がある方には、
見逃せない内容となることでしょう!

詳しくはこちらから↓
http://www.brand-mgr.org/symposium/
 

ライン
[2011.06.23]

02広告・販促の現場

「銀ブラ」の語源とは?

img_01.jpg

「銀ブラ」の語源を知っているでしょうか?

えっ? 「銀座をブラブラする」ということではありません。

銀座のカフェパウリスタのブラジル珈琲を飲む」ことが、
「銀ブラ」の語源なのです。

ブラジル珈琲普及のために、明治44年開店した直営店カフェパウリスタには、
当時の文学者、芸術家、知識人、学生がつめかけたとのことです。

また、ジョンレノン・オノヨーコ夫妻も、お忍びでよく
カフェパウリスタに訪れていました。

創業101年。無農薬の美味しさ。
まずは気軽にお試しください。→ http://morinocoffee.com/pr/


ちなみにこのランディングページは、弊社で作りました。
おかげさまで、コンバージョン率がなかなか良いページになっています。

 

ライン
[2011.06.22]

07 ブランディング

アートディレクター大石憲司氏にインタビュー

2011.0620.01.JPG

「ある女性広告人の告白」の著者であり、
(財)ブランド・マネージャー認定協会の評議員でもあられる
小池玲子さんに、アートディレクターの大石憲司さんを
ご紹介いただき、インタビューを実施。

大石さんは、資生堂イプサのアートディレクターとして、
イプサブランドのイメージ作りから、
店頭のトータルツール開発を15年間担当された方。

その他にも、RMK.RUMIKO(カネボウ)、エキリール(カネボウ)、
IUNX(資生堂)など、多くの化粧品ブランドの
アートディレクターを担当されている。

この大石さんに次のような質問を投げかけた。

「ブランドづくりに必要なアートディレクターの心構えとして、
大切なポイントをあげるとしたら何ですか?」

大石さんの答えは、

製品から逃げないこと

うーん。深すぎる。

 

ライン
[2011.06.21]

05 広告・販促の学び

キャッシュバック

 販促手法の種類-販売時点直接型2
 価格訴求手法 (2) キャッシュバック

 一般的なキャッシュバックの仕組みは次のとおり。

 対象となっている商品やサービスを購入した顧客が、
 保証書や領収書など、その商品の購入を証明するものを、
 メーカー、小売業、サービス業に送る。

 メーカー、小売業、サービス業はチケットやカードにより、
 顧客の購入費の一部を現金で直接払い戻すというもの。

 値引きは、販売価格を変更することですから、
 いったん価格を下げると元に戻すことが難しくなる。

 しかし、価格をそのままにして、
 一部の現金を戻すキャッシュバックであれば、
 価格政策への影響が少なく、比較的いつでも実施できるという
 メリットがある。

 たとえば、携帯電話会社や
 インターネットサービスプロバイダなどによる
 通信料に応じたポイントキャッシュバック、
 学習塾やスポーツクラブなどによる
 オフシーズンの入会金キャッシュバック、
 クレジットカード会社などによる金融商品販売での
 利用料金に合わせたギフト券キャッシュバックなどがある。

 

ライン
[2011.06.20]

07 ブランディング

『さぬき市土産物開発プロジェクト』WEBサイト公開

弊社(イズ・アソシエイツ)にて、WEBサイトを制作させていただきました
『さぬき市土産物開発プロジェクト』が公開されました。
http://kechigan.jp/

協力企業として、(財)ブランド・マネージャー認定協会も掲載されています。
http://bit.ly/mEplGx

また、ダイヤモンドオンライン連載第7回も配信されました。
いよいよ東京クリエイティブチームの登場です。
→ http://bit.ly/jxOaJ4

この『さぬき市土産物開発プロジェクト』の内容は、
6月30日(木)開催のブランド・セッションにて発表されます。
まもなく、申し込みを締め切りますので、
ご興味のある方はお早めに → http://bit.ly/aoP9Nt

 

ライン
[2011.06.17]

01日常のコメント

大天門のチャーハン

2011.0617.01.jpg


(財)ブランド・マネージャー認定協会で、
先月ベーシックコースのデビューを果たした
トレーナーのあゆすけとランチ。

あゆすけには、これから協会のFACEBOOKの運営も手伝っていただく。
そして、同じところに何度もランチに行っている。

その場所が浜松町の大天門。

2人がチャーハンを並んで食べている写真を撮るために、
わざわざ席を移動してまでして、並んで撮った。

ネタのために。

この大天門は、料理がおいしいのはもとより、
店員さんのサービスも良く、とても気持ちいいので、
週に4回も食べにいく時もあるほど。
しかも、90%以上がチャーハンを選ぶ。

でも、鳥そばや麻婆豆腐なども、なかなかうまいし人気がある。

(財)ブランド・マネージャー認定協会 御用達の中華料理屋さんなのである。
 

ライン
[2011.06.16]

03書籍など

右脳=感情に響く、広告のレイアウトは?

通販会社の広告担当者・経営者、広告代理店向けに
約7,000部発行している通販での販促(広告・DM、テレマなど)を
テーマにした『Findstar通販メルマガ』というメールマガジンがある。

このメルマガの6月号のタイトルは、
「右脳=感情に響く、広告のレイアウトは?」で、
6月13日配信分された。

そのなかで、拙著「確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告作成術
に記載されていた書道教室のチラシの比較テスト事例(p78)が
とても興味深いということで、事例の1つとして紹介され、
出典も記載された。

ありがたいことだ。

メールマガジンの履歴は以下のサイトに記載されている。
http://bit.ly/jC9yWg

 

 

ライン
[2011.06.15]

03書籍など

JAGAT2011大会スピーカーとして参加して

DSC00022.JPG

本日、社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)主催で年に1回開催される
「JAGAT大会2011」(6月15日開催)のマーケティング分科会の
スピーカーとして参加してきた。

参加者は、約220名で、対前年比20%増とのこと。

今回のテーマは「変革時代のマーケティング戦略」だったが、
私がスピーカーとして印刷会社のみなさんにお伝えしたいことは、
先日のブログにも書いたとおり、
「印刷を請け負うことを止めませんか?」という提案。

その代わり、クライアントの売上に貢献することを請け負うようにして
いただきたいということ。

基本的にはこの1コンセプトで通したつもりだ。


※写真は、この大会の様子だが、私はどんな時でも書籍を売り込んでいるようだ。
なにせ、書籍のタイトルが「確実に販売につなげる・・・」なので (笑)

 

ライン
[2011.06.14]

01日常のコメント

「諏訪」チャリティコンサート

charity_flyer_omote.jpg

日本の真中(へそ)「諏訪」から、日本の元気を取り戻そう!!

癒しの映像と、命あふれる歌声でつなぐ、チャリティコンサートが、
7月9日(土)に開催されます!

ポスター、チラシなどの制作で、弊社(イズ・アソシエイツ)でも
チャリティに一部協力しています。

詳しくはこちら → http://www.onajisoranoshitade.com/

 

ライン
[2011.06.13]

07 ブランディング

BM認定協会 第5期トレーナー認定コースを終えて

2011.0610-01.JPG

先週、金曜、土曜日に(財)ブランド・マネージャー認定協会
第5期トレーナー認定コースが開催されました。

トレーナー認定コースとは、当協会の各コースのトレーナー(講師)に
なることを目指していいる方向けの講座です。

前回まで定員4名でしたが、年に1回しか開催されないこともあり、
今回は定員8名開講されました。

それでも、開講3ヵ月前からキャンセル待ちになった人気コースです。

前回までの講師は、マスタートレーナー1人で対応していましたが、
今回は、既に活躍されているトレーナー2人を
アシスタントとして参加してもらいました。

講座の内容は、認定トレーナーになるため、
プレゼンテーション、ファシリテーション能力を
身に付けるというものです。

ベーシックコースで学んだ内容を
自らが教える立場になるので、場作りや
講座の進め方なども修得する必要もあります。

 

ライン
[2011.06.10]

05 広告・販促の学び

「JAGAT大会2011」スピーカー参加

社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)主催で年に1回開催される
JAGAT大会2011」(6月15日開催)のマーケティング分科会の
スピーカーとして参加します。

今回のテーマは「変革時代のマーケティング戦略」

難しいことを言うつもりはありません。

私がスピーカーとして印刷会社のみなさんにお伝えしたいことは、
広告や販促物などの印刷を請け負うことを止めませんか?」
というご提案です。

その代わり、クライアントの売上に貢献することを請け負うようにして
いただきたいのです。

基本的にはこの1コンセプトだけです。

モデレーターは、電通総研ヒューマン・インサイト部長 四元正弘さん。

スピーカーは、私の他にもう1人、
株式会社シー・レップ 代表取締役社長兼CCG代表 北田浩之さん。

当日まで、事前打ち合わせはありません。
ほぼぶっつけ本番となりますが、どんな結末になることか少し不安です。

JAGAT大会2011」詳細はこちら↓
http://www.jagat.jp/content/view/2765

 

ライン
[2011.06.09]

05 広告・販促の学び

クーポン

販促手法の種類-販売時点直接型2
価格訴求手法 (1) クーポン

クーポンとは、特定の商品においてターゲットに発行する
割引券や優待券などのこと。

ターゲットは、その商品の購入時にクーポンを持参すれば、
クーポンに記載されている額面金額分の値引きや
優待を受けることができる。

すべての消費者に対する値引きできはなく、
クーポンを持参しなければ、
同じ商品を購入しても値引きや優待を受けることができない。

特定の商品の購買を促す方法として、実施主体で分類すると、
メーカーが自社商品の販促のためにクーポンを発行する場合と、
小売店、サービス業が自店の顧客のために独自にクーポンを
発行する場合がある。

メルマガ会員登録者に配信する携帯クーポンは、
リピート客や見込み客の獲得、
休眠客の掘り起こしなどに向いている。

定期的な購入が予測される洋品店、趣味の店、美容室、
マッサージ店やエステサロンなどで、
その効果が期待できるだろう。

たとえば、飲食店などの飲食代金割引、
小売店などの割引サービス、
マッサージやエステ、美容室などの
割引サービスやオプションサービスなどだ。

 

ライン
[2011.06.08]

03書籍など

句集『海へ帰る』

BOOK20110608.png

(財)ブランド・マネージャー認定協会の評議員でもあり、
長年にわたり、クリエイティブディレクターとして
外資系の広告代理店に勤務後、クリエイティブハウス R-3を設立された、
小池玲子氏に、インタビュー中に、オススメいただいた書籍をご紹介します。

句集『海へ帰る』
著 者:相生葉留美
出版社:ふらんす堂
http://amzn.to/j9rcNu

以下、メールマガジン【ブランド脳のススメ】第25号
(一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会発行)
より、転用します。

 

ライン
[2011.06.07]

02広告・販促の現場

福岡に日帰り出張

CIMG0721.JPG

昨日は、福岡に日帰りで、
あの「まずい、もう1杯!」の会社に研修で出張。

朝4時半に家を出発し、車で羽田空港へ向かい、
始発の飛行機に乗った。帰りは家に夜11時30分に到着。

とてもハードな1日だったが、研修には役員をはじめ、
27名が参加され、みなさんとても真剣に取り組んでくれた。

ありがたいことだ。

ちなみに、はじめてユンケル2本飲むことになった。

 

ライン
[2011.06.06]

04 マネジメント関連

寺院広報サポートサービスサイトUP

promo01.jpg

初めて会う人には、よく驚かれるのですが、
弊社のクライアントさんのなかには、寺院があります。

弊社事務所(浜松町)近くの浄土宗大本山である
増上寺もその1つです。

毎月刊行している広報誌「三縁(さんえん)」「葵(あおい)」は、
かれこれ10年以上、撮影、編集、デザイン制作のお手伝いをしています。

その他にも個別寺院として、50ヵ寺以上のお寺の
寺院広報活動のサポートをしています。

また、真言宗智山派関連団体として、教化センター、伝法院など、
浄土宗関連団体として、文化局、研究所など、
そして、京浜四大本山事務局など、
関連団体のお手伝いもしています。

 

ライン
[2011.06.03]

02広告・販促の現場

「第2回 商業界チラシコンテスト」 最終審査

チラシ選び (18).JPG

昨日、「第2回 商業界チラシコンテスト」を審査をするために、
商業界本社会議室に行ってきた。

審査員は、株式会社サトーカメラの佐藤勝人専務と、
株式会社チラシレポートと、私の3人。

今回も全国さまざまな業種がエントリーし、
大賞をはじめ入選7社が決まった。

今回は、我々には考えられない、
ある意味とても勇気と決断がいる(?)チラシも2つ入選した。

それは、ターゲット、商品をめちゃめちゃ絞ったチラシと、
「そこまでお客様をだすのかぁ-」ってチラシ。

なかなかみなさんがんばっていて、
審査をしながら感動してしまった。

 


プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧