ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2011年9月

[2011.09.30]

05 広告・販促の学び

CGCカテゴリーマネジメント研究会主催セミナー

CIMG0992.JPG

先週の木曜日(9/22)は、
CGCカテゴリーマネジメント研究会主催のセミナーにて
講師を務めてきた。

友人のコンサルタントの山田文美さんとのコラボセミナーでもある。

第1部で私が集客・販促の考え方をお伝えし、
第2部では山田さんが売場での販促の具体的な話しをされた。

今回は、ユンケルが効きすぎたのか熱く語りたくなり、
マイクに近すぎたようで、途中主催者側から注意されてしまった。

そもそも昔からマイクを持つと、接近してしゃべるクセがあるようだ。

反省。


それと、始まる前に受講者のリストを見せていただいたが、
誰もが知っている大手メーカーばかり。

そんなこともあり、何かいつもと違う場の雰囲気であったことも、
無意識に熱くなってしまったのかもしれない・・・。(汗)

 

ライン
[2011.09.29]

05 広告・販促の学び

増量パック

 販促手法の種類-販売時点直接型2
 価格訴求手法 (6) 増量パック


 通常のパッケージよりも容量を増やし、
 消費者に割安感を訴求するのが増量パックという販促手法だ。

 価格を一定にして増量する場合と、
 価格の上昇以上に増量する場合がある。

 季節ごとのタイミングに合わせた需要期に、
 増量パックを販売することによって、
 大型サイズの商品に対するニーズを獲得することができる。

 近年の代表的な例では、日本コカ・コーラ社が、
 需要期である夏場に、350ml缶の清涼飲料を価格据え置きで
 500mlに増量したことが挙げられる。

「詰め放題」「食べ放題」なども増量パックの応用だが、
 これらの手法も割安感だけでなく、
 好奇心をくすぐるために効果的だ。

 レジャー施設での乗り物の「乗り放題」なども、
 この手法に当たるだろう。

 同じ価格で量が増えるため、
 ターゲットに「割安感」と「好奇心」の刺激をもたらし、
 購入を促進するメリットがあり、 集客効果が期待できる。

 

ライン
[2011.09.28]

03書籍など

日本印刷技術協会『JAGAT info』2011年9月号掲載

jagat9.jpg

日本印刷技術協会(JAGAT)発行の会報誌
『JAGAT info (ジャガット インフォ)』
2011年9月号に、6月15日に開催された「JAGAT大会2011」の
報告が掲載されました。

私の講演の模様が、
「変革時代のマーケティング戦略 仮説検証をもとに売れる広告を作る」
P30~31の2ページにわたり掲載。

また、ディスカッションの模様も掲載されました。

「ビジネス戦略のポイントは勝てるところに集中する」
P33~37の5ページにわたり掲載。

こちらのディスカッションのモデレーターは、
電通総研ヒューマン・インサイト部長 四元正弘さん。

スピーカーは、私の他にもう1人、
株式会社シー・レップ 代表取締役社長兼CCG代表 北田浩之さん。
 

ライン
[2011.09.27]

03書籍など

日本印刷技術協会(JAGAT)月刊誌『プリバリ印』連載第3号執筆

pv_vol_31.png

日本印刷技術協会(JAGAT)発行の会員向け月刊誌『プリバリ印』
2011年9月号にて、連載第3回目を執筆しました。


「販促から考える超印刷ビジネス~徹底した顧客志向で未来を拓け!!~」
第3回「販売促進がかかわる領域」 2ページ分

P46~47の2ページにわたり掲載されています。

日本印刷技術協会(JAGAT)発行の会員向け月刊誌『プリバリ印』
2011年9号の目次はこちら↓
http://www.jagat.or.jp/downloads/pv/PV201109_mokuji.pdf

 

ライン
[2011.09.26]

04 マネジメント関連

イズ・アソシエイツ創業20周年

先日の9月24日は、弊社(イズ・アソシエイツ)の創立記念日。
20周年になる。

本来であれば、創立記念パーティなどの記念行事を
スタッフや関係者とともにやりたいところだが、
事情があって今はできない。

できれば半年後、遅くとも来年の創立記念日には、
なにかパーティなどを実施し、みんなをねぎらってあげたい。

それができるように仕組み作りや体制作りなど、
マネジメントをしっかり集中してやろうと思う。
それが最も大切な私の仕事であることを頭では分かっていたが、
やれていない自分がいた。

20年の間に何度も起きてきた大きな変化に紆余曲折し、
翻弄し、社員やスタッフをたくさん振り回してきてしまった。

今までの経験を活かすことと、きっぱり捨てることを決断して、
今度こそ経営を安定させて、みんなを安心させてあげたい。

 


クライアントのみなさま、協力会社のみなさま、関係者のみなさま、
イズ・アソシエイツを引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

|コメント(2) ライン
[2011.09.22]

05 広告・販促の学び

IGAS展にて2日間講演

igas2011.jpg]

IGAS展(国際総合印刷機材展)が2011年9月16(金)~9月21日(水)まで、
開催されました。

そのIGAS展のコニカミノルタさんのブースで、
9月19日(月)と9月20日(火)の2日間、それぞれ30分の講演をしました。

コニカミノルタさんは、プリントビジネスコンシェルジュ構想を
コンセプトに製品・技術を提供しているわけですが、
その中の1つとして、ユーザーである印刷関連業の方々への
付加価値として、クライアントの増販・増客の支援を
積極的に打ち出しています。

とくに、販売促進の領域で、弊社はコニカミノルタさんと
アライアンスを組み、情報誌、レポート、セミナーなどを通じて、
知識・ノウハウを提供しています。

ということもあり、今回のIGAS展では、
私の知人の販促プロフェッショナルの方々を
講演者として紹介したのですが、
自らも講演をさせていただくことになりました。

 

ライン
[2011.09.21]

07 ブランディング

温泉旅館のチームブランディング研修

CIMG0952.JPG

ブランド構築のお手伝いをしている
ある温泉旅館が、先週より
チームブランディング(※)研修に導入している。

温泉旅館のブランディングは、
ブランド・アイデンティティの一貫性がおもてなしを中心に
スタッフの行動レベルまで浸透して、
はじめてスタートラインに立てる。

いわゆるブランドの価値観を現場のスタッフと共有して
使える形に落とし込むということだ。

その研修が始まり、同席させてもらった。

研修トレーナーは(財)ブランド・マネージャー認定協会
優秀なトレーナーであり、実践者の島田良氏。

カリキュラム設計、ファシリテーションなど、
最高の場を提供していた。

スタッフにみなさんも、顧客視点と目的意識が高い素晴らしい人たちばかり。

5週間後が本当に楽しみだ。
 

ライン
[2011.09.20]

07 ブランディング

BM認定協会 第29期ベーシックコースを終えて

2011.09.18.03.JPG

一昨日、昨日の2日間は(財)ブランド・マネージャー認定協会
第29期ベーシックコースが開催されました。

受講者のみなさん、2日間おつかれさまでした。
お忙しいところご参加いただき、ありがとうございます。

今回はマスタートレーナーである
小野(ゆうこりん)がトレーナーを務めました。

すでに、協会主催のトレーナーとして、
20回近く務めてもらっていたのですが、
今回がベーシックコースを担当する最後の期になりました。

今後は、新しいトレーナーに活躍してもらうためにも、
ベーシックコースのトレーナーを卒業することになりました。

残念ではありますが、協会が次のステージに登っていくためには、
必要な段階なのだと思います。

ゆうこりん、本当におつかれさまでした。

また、アシスタントトレーナーのりょうにぃ、
いもっちゃん、ちえこさんもおつかれさまでした。

トレーナーのみなんさのこれからの活躍を
心から応援しています。

 

ライン
[2011.09.16]

03書籍など

月刊商業界 2011年10月号-総力販促特集

10001198_01_1110.jpg

9月1日発売の月刊「商業界」10月号では、
総力販促特集「客数3倍ザクザク集客アイデア200」が
掲載されました。

この特集では、以下のように4つの切り口に分かれており、

・新規客数アップ
・リピーター数アップ
・口コミ客数アップ
・買上客数アップ


今回は、そのなかの「リピーター数アップ」のなかの、
リピーター集客ウエポン10」(P20)の執筆を担当しました!

今回も加藤洋一さん、山田文美さん、中山マコトさん、
岡本達彦さん、岡本文宏さんなど、
私の友人、知人もたくさん執筆しています。

bit.ly/L0HuR
ぜひご覧くださいませ。→ http://bit.ly/L0HuR

 

ライン
[2011.09.15]

07 ブランディング

上村孝樹先生にインタビュー

kamimura02.JPG  

先週、事業創造大学院大学の客員教授の上村孝樹先生に
インタビューを実施しました。

上村先生の経歴は、以下のように日経BP社の各誌編集長や発行人をされたり、
経済産業省IT経営応援隊「IT経営百選選考委員会委員長」を務めるなど、
この経験から、多くの中小企業経営者との関係を持ち、
経営戦略に関しては、多くのナレッジと深い洞察をお持ちの方です。

その上村先生に、9月3日に開催された
(財)ブランド・マネージャー認定協会公開シンポジウム
参加いただくことができましたので、
まずはその感想を伺いました。

感想については、9月26日に配信する
協会メールマガジン「ブランド脳のすすめ」にて紹介します。

「ブランド脳のすすめ」登録はこちら↓
http://www.brand-mgr.org/mail_new/index.php

インタビューでは、上村先生が専門とされている
企業の「付加価値戦略」とは、どのようなものなのかを
お聞かせいただき、ブランド戦略との共通点、違いなどを中心に
インタビューさせていただきました。

 

ライン
[2011.09.14]

05 広告・販促の学び

販売促進スペシャルセミナー[広告表現術編]2011年9月開催分を終えて

hanspe1109-01.JPG

先週の金曜日に、
販売促進スペシャルセミナー[広告表現術編]を開催しました。

受講者の方々、お忙しい中ご参加いただき、
ありがとうございます。

今回の参加者の内、半分以上が弊社と同業種系である
広告会社、印刷会社でした。

これは、珍しいことではありません。

同業種の方々もウェルカムということを伝えていますし、
何よりも、事例が豊富ですので、
クライアントさんへの付加価値として、
参考になるからだと思います。

今回は、最大手の広告代理店D社グループの社員の方も、
2名参加されていました。

受講生の感想の一部をご紹介します。

 

ライン
[2011.09.13]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part7

konshinkai.JPG

公開シンポジウム終了後は、
協会の講座受講者であれば必ず知っている
あの「大天門」という中華料理屋さんで
懇親会を開催しました。

シンポジウム参加者のほぼ半数である40名近くの方々に
参加していただきました。

懇親会の冒頭では、事務局長に就任した秋葉薫氏を紹介。

その秋葉氏より、協会で活躍されている各トレーナーを紹介しながら、
各トレーナーには、活動報告をしてもらいました。

また、懇親会に参加された方々は、
ブランド、ブランド戦略、ブランディングの共通言語を
持った方々ばかりだったので、
話しは弾み、盛り上がったようです。

参加者の方々、協会関係者の方々、
いつもいつも本当にありがとうございます。

協会の活動もいよいよ次のステージに入る段階になりました。

みなさんこれからも、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

ライン
[2011.09.12]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part6

08paneru.jpg

3人の実践発表後には、協会役員による
パネルディスカッションが実施されました。

顧問の田中先生、評議員の榛沢先生、阪本先生、小池先生、
理事の小野さん、水野さん、そして私。

司会の江上さんには、とても上手に
ファシリテーションしていただきました。

まずは、3名の実践発表の感想を伺い、
それぞれの事例について、意見がかわされました。

私は、小池先生の発表のなかで、
「575 77 WAKA」のネーミングが決まるまでのプロセスとして、
クリエイターさんとのやりとりがどうしても知りたかったので、
受講生を代表して聞いてしまいました。

その答えは2つでした。

1.優秀なクリエイターを見つけ、そのクリエイターを信じて依頼すること。

2.ブリーフィングをしっかりとすること。

40年近く、数社の外資系広告代理店の取締役を歴任し、
クリエイティブディレクターの実績を積み上げてきた
小池先生のコメントには、深くうなづけるものがありました。

会場のみなさんも、同じように感じたのではないかと思います。
 

ライン
[2011.09.09]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part5

07koike.jpg

実践発表者の3人目は、
(財)ブランド・マネージャー認定協会の評議員であり
クリエイティブハウスR-3の小池玲子氏に

「日本酒の新ブランド開発に最も重要なものは、『ブレない心』と『勇気』」

というテーマで発表をいただきました。

富山が蔵元の日本酒の商品開発についての話しです。


日本酒の背景についての説明があり、
日本においての需要の低下から、
海外へ向けて商品開発をすることになる経緯の話から始まります。

そして、商品のネーミングやパッケージについての
こだわりを説明いただきました。

なかでもネーミングができるまでの話しは圧巻でした。

海外に輸出した時に、どの国でも発音ができ、
かつ日本らしいネーミングにするために、
いろいろと考えていくわけですが、

ブリーフィングの緻密さと、
優秀なクリエイターとのやりとりなどなど、
小池さんの生き方、あり方、そして美学が集約された
話しだったと思います。

 

ライン
[2011.09.08]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part4

enomoto001.jpg

実践発表者の2人目は、
株式会社インバウンドコンサルタンツ代表取締役社長の榎本真弓氏に

「価格競争に巻き込まれない永続経営を目指す温泉旅館の
『癒し』ブランディングとは?」

というテーマで発表をいただきました。

上諏訪温泉しんゆ のブランド戦略についての話しです。

赤字旅館を買い取り、昨年10月よりブランド戦略を取り入れ、
今年4月にオープンすることになりましたが、
買い取り前の平均宿泊稼働率を3割から6割の引き上げに
成功することになりました。

先月(8月)には、約9割の宿泊稼働率になっています。

そのブランド戦略の内容を、
協会で提供する「型(フレームワーク)」である
ブランドステートメントに沿って、
以下のような流れで発表していただきました。

 

ライン
[2011.09.07]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part3

05sasaki.jpg

実践発表者の1人目は、
(財)ブランド・マネージャー認定協会の卒業生である
ロジック・アンド・エモーション代表の佐々木繁範氏に

「地域おこしの商品開発に見る経営革新のヒント」

というテーマで発表をいただきました。

香川県さぬき市の土産物商品開発の話しです。

すでに、【実録 さぬき“町おこし”プロジェクト】として、
今年5月よりダイヤモンドオンライン連載した記事や、
さぬき市土産物開発プロジェクトのWEBサイトもありますので、
詳細はこちらでご覧くださいませ。


ダイヤモンドオンライン連載
【実録 さぬき“町おこし”プロジェクト】
http://diamond.jp/articles/-/12023

さぬき市土産物開発プロジェクトWEBサイト
http://kechigan.jp/


この案件は、(財)ブランド・マネージャー認定協会の関係者も協力し、
弊社(イズ・アソシエイツ)でも、パッケージデザインや
WEBサイト構築などで協力させていただいています。

さぬき市土産物開発プロジェクト[協力企業・団体]
http://kechigan.jp/products/organizations.html
 

ライン
[2011.09.06]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part2

03sakamoto.jpg

まず基調講演からスタートです。

株式会社JOYWOW取締役会長であり、
(財)ブランド・マネージャー認定協会の評議員である阪本啓一氏に

「エリアが輝くブランド戦略」

というテーマで講演をしていただきました。

地域ブランドの事例はすべて興味深く、
阪本先生の関西人らしい魅力的な語りぶりが、
印象的でした。

東京は首都の強みを生かし、地方は地方でしかできないことをする
当たり前のことかもしれませんが、
とてもおなかに落ちる話でした。

なかでも、「さいち」の事例は興味深かったです。

仙台にある1つのスーパーが

「なぜ、これほどまでにブランドになっているのか?」

学ぶべきことが多く含まれています。

 

ライン
[2011.09.05]

07 ブランディング

BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part1

02sakamoto.jpg

先週の土曜日、(財)ブランド・マネージャー認定協会 
第2回公開シンポジウムが開催されました。

3~4日前から、台風12号がちょうどシンポジウム当日の
9月3日に関東地方に直撃するという情報が入っていたこともあり、
とても気になっていました。

そのことをフェイスブックでつぶやいていたら、ある参加者から

「いろんな意味で嵐を呼ぶシンポジウムですね~」

というユニークかつポジティブ(?)なコメントをいただき、
天候を心配しているところでしたが、
少し心があたたくなっていたところでした。

「いろんな意味で嵐を呼ぶシンポジウム」という言葉が、
ふさわしいかは分かりませんが
基調講演あり、生の実践発表あり、ディスカッションありの
盛りだくさんの内容ということで、
みなさん楽しんでいただけたのではないかと思います。

当日は、台風の関東直撃はまのがれたものの、
各地での交通機関の影響もあったようで、
遠方からの参加者の方々は、気苦労されたかと思います。

ですが、おかげさまで、約80名の参加者に
お集まりいただくことができました。

ありがたいことです。

 

ライン
[2011.09.02]

03書籍など

「確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告術」を、生で体感できるセミナー

449558961X.jpgのサムネール画像 

拙著「確実に販売につなげる 驚きのレスポンス広告術」(同文舘出版)を
生で体感し、深められるセミナーを開催しています。

9月9日(金)開催分は、残り2席となっています。
お早めにお申し込みくださいませ。

 販売促進スペシャルセミナー [広告表現術]編
 http://www.koukoku-ya.jp/special2/

「売れる広告表現(見せ方)とは、いったいどのようなものなのか?」
 という疑問に広告屋だからこそお答えできる!

 弊社が実際にお手伝いしてきたクライアントさんの
 成功事例、失敗事例を中心に
 反応を上げるための仮説と検証をご紹介するセミナーです。

 広告・宣伝・販促の発注担当者が戦略的、論理的に広告を考え、
 広告業社、印刷業者、デザイナーに的確な指示を出すポイントを
 習得していただけます。

 理論と実践をバランスよく、学んでいただければと思います。


 なお、受講者への特典を付けています。

 特典1 終了後、希望者にはチラシ、DMなどの広告をチェックします。
     現物などをご持参ください

 特典2  希望者には、後日30分間の無料電話相談を承ります。


 ▼ 『販売促進スペシャル』セミナー [広告表現術]編

 お早めにお申し込みくださいませ。

 詳しくはこちらからです ↓
 http://www.koukoku-ya.jp/special2/
 

ライン
[2011.09.01]

03書籍など

セミナープロデューサー前川あゆさんの出版記念キャンペーンのお知らせ

4495594915.jpg 

著者仲間の前川あゆさんが、
新刊『売れるセミナー講師になる法』(DO BOOKS)を
初めて出版されました。

すでに、紀伊國屋オンラインで和書1位を獲得しています。

私も時々セミナー講師をしますが、とても参考になりました。

セミナー講師を目指す方にはとくにオススメです。

9月1日(木)~9月2日(金)に、【前川あゆ出版記念Webキャンペーン】を
実施中です。
http://shukajimukyoku.osakazine.net/e381518.html

 

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧