ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2012年7月

[2012.07.31]

03書籍など

第8回東京ビジネス書出版会議のご案内

 ビジネス書の出版を希望される方へお知らせです。

 弊社では、一昨年より同文舘出版株式会社様とともに、
 東京におけるビジネス書出版会議を開催しています。

 今回で8回目となりますが、
 この出版会議で企画が通り、今年出版される方が、
 既に数名出てきています。


 この会議は、企画発表者にプレゼンをしていただき、
 様々な職種のオブザーバーの方にご意見をお聞きして、
 実際に商業出版(お金を出して出版する自費出版ではありません)と
 するために、各自の企画を大勢で練っていく場です。

 同文舘ビジネス書編集部の方々を中心に、
 企画が一歩でも出版に近づくようにアドバイスいたします。

 私もアドバイスさせていただいております。


 詳しくは、以下の概要をご覧くださいませ。

 

ライン
[2012.07.30]

05 広告・販促の学び

SMBCコンサルティング主催セミナーを終えて

CIMG2137.JPG

ダブルヘッターのセミナーが終了しました。

SMBCコンサルティング主催にて、
「販売促進の仕組み」と「レスポンス広告」の
2つのテーマのセミナーでした。

延べ約90名の方に、とても熱心に受講いただきました。

暑いなかご参加いただき、ありがとうございます。

反省点は多々ありますが、ユンケル2本飲んだこともあるのか、
かなりやりきった感と、手応えはありました。

次は、10月2日です。

同じくダブルヘッターのセミナーのお声をおかけいただきました。
次回も一生懸命がんばります!

SMBCコンサルティング主催セミナー
売れる商品があるのではない 売れるやり方があるのだ!
年末・クリスマス商戦のチラシ・カタログ作成にピッタリ

売れる販促・広告 実践講座
【午前】集客・販売促進の考え方と進め方
【午後】発注者が一目でわかる「売れない広告」「売れる広告」

詳しくはこちらです → http://p.tl/OFRx

※「講師紹介」として申し込みいただきますと会員費用で受講できます。

 

ライン
[2012.07.27]

07 ブランディング

東洋大学経営学部の久保田進彦教授の第3弾インタビュー記事UP

kubotasan-06.JPG

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会のWEBサイトにて
東洋大学経営学部の久保田進彦教授に、
ブランド・リレーションシップについてインタビューの
第3弾を公開しました!

今回のテーマは以下のとおりです。

■ブランド・リレーションシップを測定する
■ブランド・リレーションシップの効果
■ブランド・リレーションシップのマネジメント


誰でも自分の恋人や子供は特別の存在であり、
他の異性や子供と一緒にするのは嫌なはずでしょう。

では、自分の恋人や子供と同じように、
消費者があるブランドに対して愛するとは
どのようなことでしょうか?

いわゆる他のブランドと比べられること自体を、
嫌うようになるということ。

 

ライン
[2012.07.26]

05 広告・販促の学び

「新企画のご案内」SEDプロフェッショナル養成講座ついに開講!

 いよいよです。

 7月31日(火)までの期間限定となりすまが、
 新企画SEDプロフェッショナル養成講座「SEDアカデミー」をご案内します。
 
 → http://academy.s-e-d.jp/
 
 このSEDアカデミーは、SED(セールスエンジニアリングデザイン)を学び、
 皆様の売上やクライアント様の売上アップを実現したい方のための
 新企画となります。
 
 内容としては、毎月の動画講座(基本編、事例編)でSEDを学び、
 メール相談や岩本からの直接コンサルティングを受けて
 売上アップを目指すものです。
 
 さらに、プロフェッショナルとの対談を通じて
 ビジネスのヒントもご提供します。
 
 このSEDアカデミーでは、
 SEDを習得された方に公式の認定資格を授与します。
 
「SEDエキスパート」「SEDプロフェッショナル」の2つの資格は、
 SEDアカデミー受講者のみが資格取得の対象となります。
 
 SEDの確かな知識を持ち、
 実践して結果を出された方にだけ提供されるものですので、
 認定資格を持っていることは、SEDの実践者である証になります。
 
 資格を取得された方には、認定ロゴもお渡ししますので、
 名刺やホームページにロゴを掲載することも可能です。
 
 クライアントをお持ちの方でしたら、
 認定資格を対外的なアピールに使っていただいてもかまいません。

 

ライン
[2012.07.25]

03書籍など

お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ

 CIMG2122.JPG 

 著者仲間の眞喜屋 実行さんが、
 書籍『お客さまの記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ』を
 出版されました。

 この本は、お店が実施しておくべき、ひとつひとつのスイッチである
 販促アイデアをたくさん知ることができるのはもとより、
 どのように応用していくのかを考えるのを促してくれます。

 そして、何よりも、本全体を通して
「お客様にいかにしてリピートしていただくのか?」というテーマだけに、
 それを突きとめていくと、
「お客様にいかにして満足していただけるのか?」を
 深く問うことができ、体に染みつく効果もあります。


 ・お客さまは満足しているはずなのに、
  リピーターになってもらえない「いい店どまり」

 ・どのスイッチを押せば「また行きたい!」と思ってもらえるか!?


『お客さまの記憶に残るお店の
 リピーターをつくる35のスイッチ』眞喜屋 実行著

 8月1日まで、発売感謝記念のキャンペーンを実施されているようです。
 この機会にぜひ!
 http://haps.chu.jp/repeatswitch

 

ライン
[2012.07.24]

02広告・販促の現場

SED(セールスエンジニアリングデザイン)実践事例動画の紹介

 今春「売れる広告作りベーシック講座」と題して
 販売につなげるための広告表現メソッドである
 SED(セールスエンジニアリングデザイン)を
 無料動画講座として多くの方に受講していただきました。
 
 その後、多くの反響を頂き、数名の方から
 以下のようなメッセージを頂きました。
 
 「基本的なノウハウは理解できたのですが
 もっと具体的に実践された方の事例が見てみたいです」
 
 そこで、ご要望にお応えし、SED(セールスエンジニアリングデザイン)で、
 結果を出された方のインタビュー動画を改めてお届けすることになりました。
 
 宅配釜めしをフランチャイズ展開されている、
 「釜のや。」の阿保さんという方へのインタビューになります。
 
 阿保さんはSEDを忠実に実践され、
 フランチャイズの多店舗展開にも成功されています。

 SEDを使うようになってから、
 彼のビジネスがどのように変わったのか?
 
 そして、どのようにして困難を切り抜けていったのか?
 
 いまビジネスを営んでいる方には、
 深く刺さる言葉がきっとあることでしょう。

 経営者の悩みというのは、なかなか人に話せないものですが、
 阿保さんのリアルな言葉を聞くことによって、
 なんらかのヒントを得たり、深く共感することもあると思います。
 
 短い動画ですが、ぜひこちらの動画をご覧になって、
 今後のビジネスのプラスにしていただければと思います。
 
 そして、少しでもSEDが皆様のビジネスのお役に立てれば、幸いです。
  →http://s-e-d.jp/jissen/abosan.html

 

ライン
[2012.07.23]

07 ブランディング

第12期 BMアドバンスコース Part2

481051_442557852451027_1183795332_n.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会
第12期アドバンスコースの後半が一昨日、昨日の
7月21日(土)、22日(日)の2日間で行われました。

受講生は、前半と後半の間の2週間で、
各々が扱っている商品、事業、店舗、または新商品、新事業について、
協会が提供している型(フレームワーク)である
ブランド・ステートメントに沿って、プレゼン資料を作成します。

後半の1日目は、そのプレゼンテーションが行われます。

今回もプレゼンの場には出れなかったのですが、
後ほど、事務局スタッフなどから確認しました。

みなさん、しっかり資料を作られ、堂々とプレゼンをされていたようです。

また、フィードバックもかなり厳しいものだったようですが、
これも真剣勝負だったからこそです。

ぜひ、引き続きブラッシュアップしていただけばと思います。

さて、受講生の皆さん。お疲れ様でした。

ですが、まだ終わりではありません。

1ヵ月後までに、試験課題を提出しないと、1級資格が取得できません。

お忙しいとは思いますが、試験課題お待ちしております。

 

ライン
[2012.07.20]

07 ブランディング

第4回 ブランディング体験セミナーを終えて

本日は、ほぼ毎月定期的に開催している
(財)ブランド・マネージャー認定協会
第4回目の「ブランディング体験セミナー」を
開催しました。

今回は、様々な業種での様々なお立場の方が、
12名受講されました。

こ参加されたみなさま、ありがとうございます。

 この「ブランディング体験セミナー」は、

 ブランドやブランディングって
 必要なのはわかっているが、漠然としている

 ブランディングを導入したいんだけど
 どうしたらいいのかわからない

 という方のために、
 ブランドとブランディングの基本をぎゅっと詰め込んだ
 2時間の体験型の講座です。

 一度ブランドについてしっかりと学ぼうと思っている方、
 これから事業を始めようと思っている方、経営者層の方、
 また、当協会のベーシックコースの受講を検討中の方などに
 オススメの講座です。

 次回(第3回)、東京での開催は、
 2012年9月13日(木) 18時30分~ となります。

 詳しくはこちら↓です。
 http://www.brand-mgr.org/school/trial.html

 

ライン
[2012.07.19]

05 広告・販促の学び

制度手法-Part5【保証制度(5)】 2倍の額を返金保証

販促手法の種類-販売時点直接型5
制度手法-Part5【保証制度(5)】2倍の額を返金保証


 販促手法の1つである制度手法のなかでも保証制度は、
 対象の違いから、7つのバリエーションがあるが、
 今回は「2倍の額を返金保証」について解説する。

「2倍の額を返金保証」とは、
 商品・サービスが気に入らなかった顧客に、
 返品を認めるだけでなく、その代金を2倍にして
 返済することを保証する仕組み。

 商品・サービスに絶対的な自信をもち、
 劇的な効果を生み出せるときに有効である。

 学習塾、美容食品で、決められた方法での利用(または学習法)と
 促したい場合に確実に効果が期待できる。

 また、高額なブランド品にも向いている。


※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』
 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋
 http://amzn.to/fyiah5

 

ライン
[2012.07.18]

01日常のコメント

浄土宗総本山知恩院の宿坊に滞在

DSC00342.JPG

夜の京都、知恩院。

先々週末からの3日間、浄土宗総本山知恩院の宿坊に滞在していました。

この時期の京都の夜は、祇園祭の宵山で賑やかだったかと思いますが、
智恩院は、まったく逆、厳かな雰囲気を醸し出していました。
とくに夜は、ライトアップの加減も絶妙です。無心にさせてくれます。

また、宿坊にて『写経』を経験しました。

初体験にもかかわらず、今回の写経の題材は
一番難易度が高かったようですが、
こちらも集中できて、無心になることができました。

 

ライン
[2012.07.17]

03書籍など

京都出版会議

20120714125322.jpg

先週末は、同文舘出版主催の京都出版会議の1日目に参加。
11名すべて素晴らしいプレゼンでした。

東京ビジネス出版会議にご参加いただいた方も、
この11名のなかに3名いらっしゃって、
そのうち2名の方より後日、
企画が通ったとのご連絡をいただいています。

素晴らしいことです。

今後のみなさんのご活躍をお祈りしています。


さて、次回の東京ビジネス書出版会議のお知らせです。
 

ライン
[2012.07.13]

04 マネジメント関連

あせり

1年近くかけて築いてきた成果物を、
完成間際で一旦壊すことになってしまいました。

協力したいただいた多くの人に迷惑をかけてしまって、
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今回は、ほとんど自分でやらないで、
人任せにしてしまったこともありますが、
心をこめずに、あまりにも安易な方法をとってしまったことと、
関係者に確認をとらずに進めてしまったフライングでもありました。

「何をあせっているんだ!」と自分に言い聞かせながら、
今一度、心をこめていきたいと思います。


現在進行中のプロジェクトがいろいろとあり、
このブログは、ビジネス関係者のみなさんが読まれているかと思いますので、
念のために、少しお伝えしておきます。

ちなみに、この成果物とは、ビジネス書籍のことです。

 

 

ライン
[2012.07.12]

07 ブランディング

第6回ブランド・セッション報告

DSC09231.JPG

昨日は(財)ブランド・マネージャー認定協会主催
第6回ブランド・セッションを開講しました。

今回は、受付枠の20名があっという間に埋まり、
なんとか枠を広げ、30名の方々に受講いただけるようにいたしました。

それでも、お申し込みをお断りさせていただいた方も
いらっしゃいます。
お断りした方、申し訳ありませんでした。
 
また、会場がとても窮屈な環境となり、
受講者のみなさんには、ご迷惑をおかけしました。


さて、今回の発表者は、
(財)ブランド・マネージャー認定協会 大阪会場を運営している
株式会社オレンジフリーの代表である吉田ともこトレーナーに、
医療機関で実施されたチームブランディングの
成果発表をしていただきました。

このブログの後半で、今回のアンケートを記載しておきましたが、
これらの感想のとおり、生の現場の話しは、本当に感動します。


次回のブランドセッションは、9月5日(水)です。

計測器の校正業務を生業としている
BtoB企業がいったいどのようにチームブランディングをしていったのか?
http://www.brand-mgr.org/session/index.html

大変貴重な話しとなるでしょう。

 

ライン
[2012.07.11]

07 ブランディング

人とホスピタリティ研究所代表の高野登氏にインタビュー

293206_439728286067317_1770927896_n.jpg

本日、元リッツカールトンホテル日本支社長で、
現在、人とホスピタリティ研究所代表の高野登氏にインタビューをしました。

リッツカールトンは、

「ホテルのサービスを提供しているのではなく、
リッツカールトンというブランドを提供している」と言う高野さん。

「そのブランドは、いったいどのようにしてスタッフに伝えられたのか?」
など、貴重なお話しを伺うことができました。


今回のインタビューは、高野さんの答えがシンプルすぎるので、
インタビュアーとしては、かなり苦労したように思います。

大切なことは、いつもシンプルなのでしょう。
シンプルということは、それだけ分かりやすく、
伝わりやすいことです。でも奥が深いです。


8月下旬より、(財)ブランド・マネージャー認定協会の
WEBサイトのスペシャルインタビューにて、
数回にわたって公開します。お楽しみに!
http://www.brand-mgr.org/interview/index.html

 

ライン
[2012.07.10]

05 広告・販促の学び

制度手法-Part5【保証制度(4)】 期間延長の保証

販促手法の種類-販売時点直接型5
制度手法-Part5【保証制度(4)】 期間延長の保証


 販促手法の1つである制度手法のなかでも保証制度は、
 対象の違いから、7つのバリエーションがあるが、
 今回は 「期間延長の保証」について解説する。


「期間延長の保証」とは、顧客に対して、
 保証期間を延長することを提案する仕組み。

 家電量販店などでは、顧客獲得のためのサービスの一環として、
 延長保証制度を設定している場合がある。

 これは、事業者の設定した保証期間を過ぎた製品について、
 一定の期間中の有償修理の費用を販売店が代わりに負担する制度である。

 この制度を利用するための手続きや手数料、延長保証期間の長さ、
 販売店の負担割合(全額とは限らない)、
 利用できる回数などは、それぞれの店によって異なる。

 また、メーカー自身が「ユーザーサポート」の一環として、
 修理保証を有償会員制サービスに含んで行なうケースも見られる。

 これらは一種の保険のようなもの。

 

ライン
[2012.07.09]

07 ブランディング

第12期 BMアドバンスコース Part1

480786_438096102897202_1778223875_n.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会
第12期アドバンスコースが一昨日、昨日の
7月7日(土)、7月8日(日)に開催されました。

この2日間は、アドバンスコースの前半となります。

今回は、定員数である8名を超え、10名で開講することになりました。
最近は、すぐに早々に満席になることが多く、
ありがたいことです。

また、トレーナー陣もアシスタント含めて、
4名で対応していただきました。

アドバンスコースは、ベーシックコースで学んだことを深堀し
ブランドの設計書である「ブランド・ステートメント」を
作ることができるようになる講座です。

受講生のみなさん。トレーナーのみなさん。
まずは前半2日間、おつかれさまでした。

2週間後の後半2日間まで、ヘビーな宿題が出たかと思いますが、
しっかりと準備をされてください。

深く踏み込むほど、フィードバックの内容も踏み込んだものになり、
大きな学びが得られますので・・・。
 

ライン
[2012.07.06]

02広告・販促の現場

『レスポンス広告実践塾』(JAGAT主催) Part6(最終回)

IMG_0090.jpg

昨日は、「レスポンス広告実践塾」
(公益社団法人日本印刷技術協会主催)の
いよいよ最終回。

3ヵ月6日間にわたって習得してきた型とナレッジの集大成を
9人の塾生に発表をしていただきました。

それぞれレベルの違いはありましたが、
現状課題をかかえているクライアントさんへの提案を
短期間にまとめてきていただきました。

なかには「明日、クライアントに提案する資料なんです!」
という生々しいケースもありしまた。

最終日は、5時間、塾生のみなさんに向き合いましたが、
私の方からは、限られた時間で最大限のエネルギーを
出したつもりなので、達成感はあります。

あとは、みなさんがこれから、この型とナレッジを
どんどんクライアントさんへの提案などに活用して
「印刷物を請け負う」という発想から、
「クライアントへの売上げへの貢献を請け負う」という
発想へ転換していってもらえればと思います。

 

ライン
[2012.07.05]

02広告・販促の現場

防災セレクトショップがアップしました!

0560010000062.jpg

弊社クライアントさんが、新たな世界観で、
防災セレクトショップを立ち上げました。

2011年3月11日で、為政者や公権力が頼りにならないことが露呈し、
私たちは自らの身を自ら守る必要性を認識しました。

自助の時代です。

公助の時代には排除された好みが、自助の時代には重要視されます。

これからの防災は、「私」を中心に考えます。

防災においても私らしさが大事にされているということです。

ぜひ、ご覧ください。http://www.seishop.jp/


これから本格的にパブリシティをしかけていく予定です。

 

ライン
[2012.07.04]

03書籍など

「商業界第3回チラシ・DM大賞」結果発表!

10001266_01_1208.jpg

7月1日発売の月刊『商業界』8月号にて、
第3回チラシ・DM大賞が発表されました!

13ページにわたり掲載(P4~16)されています。

審査委員をサトーカメラ代表取締役の佐藤勝人氏、
チラシレポート代表取締役の澤田英氏と3人で務め、
以下の基準により厳正な審査を行いました。

(1) コピー
・お客さまの「知りたいこと」、お客さまに「伝えたいこと」が書かれている
・誰が見ても分かりやすく共感できるコピーが書かれている
・コピーを伝えるターゲットがはっきりしている

(2) レイアウト・文字
・見やすく、読みやすいものになっている

(3) 訴求力
・コピーやレイアウト、文字、配色などによる高いインパクトがある

(4) 創意工夫
・楽しさ、面白さ、オリジナリティが感じられる
・購買意欲をわかせる工夫が感じられる

この結果、チラシ部門の大賞は帯広や旭川市を中心に北海道で
食品スーパーマーケットを展開している「ダイイチ」さんに決定しました。

 

ライン
[2012.07.03]

03書籍など

『USP(ユニーク・セリング・プロポジション)売上に直結させる絶対不変の法則』

CIMG1925.JPG

広告・マーケティング界に絶大なる影響を与えたロッサー・リーブスの名著
『USP(ユニーク・セリング・プロポジション)売上に直結させる絶対不変の法則』
を献本いただいた。

友人の株式会社ユニーク・セリング・プロポジションの
加藤洋一氏が監訳者になっている。

社名のとおり加藤氏はUSPを深く突き止めながら
中小企業を支援することがミッション。

「この素晴らしい書籍を、多くの日本のビジネスマンにも読んでもらいたいんだ!」と
数年前から言っていた。

いよいよ出版されました。

私も感慨深いです。

加藤さんおめでとうございます!

 


プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧