ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2014年4月

[2014.04.30]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.5

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。
 
【 ブランド名言集 Vol.5 】
ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、
印象的な言葉をご紹介していきます。
 
■「成功するブランディング=
  戦略的要因×組織的要因×人材的要因」
『THE BRAND BIBLE トップマネジメント編』 / 水野与志朗 著
 
ブランディングは、この3つの要素の『掛け算』です。
どんなに素晴らしい『戦略的アイデア』があっても、
それを推進する『組織』と
『人材』がなければ駄目なのです。
 
これは「バラを育てる」ことに似ています。
『バラ(ブランド)』を育てるには、
種や水(戦略的アイデア)』が必要です。
しかし、それを育てる『土壌(組織)』が
コンクリートでは、発芽すらしないでしょう。
また『バラ職人(人材)』が居なければ、
やはりバラを咲かせることはできません。
 
ブランディングの成功に必要な3つの要素を揃えることは、
経営者にしかできません。
『ブランディングにおける経営者の役割』は、
まさにここにあるのです。
 
 
 
文:関和幸
 

ライン
[2014.04.28]

(財)BM協会 講座・イベント

第3回 大阪ブランディング勉強会報告

_MG_5920.jpg

4月26日(土)は、(財)ブランド・マネージャー認定協会大阪会場でもあり、

株式会社オレンジフリー主催の第3回 大阪ブランディング勉強会が
開催されました。
 
当日の様子は、以下よりご覧いただけます。
 
関西地域の活動がとても活発になってきました。
大変喜ばしいことです。
 
これもひとえに、株式会社オレンジフリー代表の吉田さん、
取締役の蒲原さんのご活躍の賜物です。
 
そして、参加されたみなさん、ありがとうございます。
 

ライン
[2014.04.25]

02広告・販促の現場

販促コンサルタント養成講座-第3期(1日目)

20140425053911.jpg

本日は、販促コンサルタント養成講座(第3期)の初日。

今回の受講生は3名(途中から4名)と、少ない受講生。
 
運営的には正直厳しいが、受講生にとっては、
とてもお得な講座となったかと思います。
 
とにかく、今まで以上に1人1人に深く向き合い、
6ヵ月で必ず、何かしらの成果を出してもらうことに
最大のコミットをしています。
 
必ず成果を出しましょうね。
 
また来月、お待ちしております!
 

ライン
[2014.04.24]

03書籍など

第15回東京ビジネス書出版会議

140424_155040.jpg

本日は、第15回東京ビジネス書出版会議。

今回も定員20名のところ、すぐにいっぱいになってしまいましたが、

企画プレゼン者は5名でした。

 

「新卒人材の採用戦略」「デジタル販促」「自分を好きになる方法」

「自分関係つくり」「変わる怖さの克服法」と、

一部似たようなテーマが重なりました。

 

一部、厳しい指摘をしましたが、プロフェッショナルの方々だからこそ、

真剣に向き合った上でのメッセージと

受け止めてもらえればと思います。

 

みなさん、ご参加ありがとうございました。

 

ライン
[2014.04.23]

02広告・販促の現場

SED実践塾 報告

本日は、SED実践塾というレスポンス広告作成の

グループコンサルティングを実施しました。

 

受講者は7名、毎回、西側の方が多いのですが、

今回は関西方面からも4名参加されました。

受講者のみなさん、ありがとうございます。

 

動画のダイジェスト版を以下からご覧いただけます。

http://youtu.be/M0oz4OHYk_g

 

毎回思うことですが、やはり広告には正解がありません。

いくらフレームワークがあるとは言え、

ビジネスの現場では、実践しなくては答えが分かりません。

正解は、消費者の反応であり、実践に勝るものはないのです。

 

「広告は知識がなければ失敗する」と言い続けていますが、

基本的な考え方のフレームに加え、実践という経験を積まなければ、

勝ちバターンは見えてきません。

 

生の実践事例を共有し、レスポンスの数値を見つめ、

課題解決の方法を参加者全員で探っていき、次につなげていくプロセスは、

課題を提出した方でなく、オブザーバーのみなさんにとっても、

持ち帰るものが大きかったのではないかと自負しています。

 

私も毎回とてもためになります。ありがたいことです。

 

次回のSED実践塾は、2014年8月28日(木) 13:00~17:00開催です。

 

詳しくはこちら↓をご覧ください。

http://www.koukoku-ya.jp/gc/

 

すでに参加希望者がいらっしゃいますので、お申込みはお早めに!

 

ライン
[2014.04.22]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.4

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。
 
【 ブランド名言集 Vol.4 】
ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、
印象的な言葉をご紹介していきます。
 
■「ブランド」は「競走馬」、
 「ブランド・マネージャー」は「騎手」
『ブランド・マネージャー』 / 水野与志朗 著
 
「ブランド」と「ブランド・マネージャー」は、
競馬における「競走馬」と「騎手」の関係に似ています。
どんなに血統が良く、足の早い馬でも、
騎手が素人ではレースに勝つことはできないのです。
 
素晴らしい歴史や、他社が真似できない
ユニークな特徴を持つブランドも、
それを適切にアピールできなければ、
その力を発揮できません。
 
いくつもの輝かしい「自動車」や「洋酒」のブランドが、
凡庸なブランド・マネージャーによって消えていきました。
 
まさにブランド・マネージャーの選択は、
企業の浮沈に関わると言って良いでしょう。
 
 
 
文:関和幸
 

ライン
[2014.04.21]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 第50期ベーシックコースを終えて

P1030036_300.jpg

先週の金曜日、土曜日の2日間は(財)ブランド・マネージャー認定協会の

ベーシックコース(東京会場)が開催されました。

 

第50期という記念すべきタイミングでもあり、

この節目に、テキストの内容もリニューアルされました。

 

協会が伝えるべき“核”の部分は揺るぎませんが、

より分かりやすい内容になっているだけでなく、

講座終了後、それぞれの現場で実践する上で、

繰り返し活用しやすい内容になっています。

 

講師は、マスタートレーナーを務める上野律子さん。

明るく楽しい場をつくるのが得意なトレーナーです。

 

今回は東日本を中心に15名の方々にご参加いただきました!

受講生のみなさん、2日間おつかれさまでした。

 

上野トレーナー、そしてアシスタントトレーナーのみなさんも

大変おつかれさまでした。

 

いつもありがとうございます。

 

この講座では、ブランド・マネージメントに関わる知識を体系化しています。

知識を持ち帰った後も、ぜひ繰り返し復習し、それぞれのビジネスシーンの

実践の場でご活用いただければと思います。

 

そして、実践の結果などをぜひ、

協会にフィードバックをしていただければ幸いです。

 

まだ受講されていない方で、ご興味のある方は、以下をご覧ください。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会

ベーシックコース(ブランド・マネージャー認定協会2級資格取得講座)

http://www.brand-mgr.org/school/basic.html

 

・第51期 2014年6月20日(金)・21日(土) トレーナー: 小澤 歩

・第52期 2014年8月23日(土)・24日(日) トレーナー: 上野律子

両日とも10:00~18:00

 

 

ライン
[2014.04.18]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.3

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.3 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■<バイクを売る>のではなく、<ハーレーに乗る楽しみを売る>

『大逆転のブランディング』 / 田中洋 著

 

バイクが売れない……そんな日本において、

一台最低100万円以上のバイクを売り、

熱狂的なファンを増やし続けているブランドがあります。

 

「ハーレーダビッドソン」は、

<魅力的なバイクを売る>のではなく、

<ハーレーに乗る楽しみを売る>という戦略を貫き、

プレミアム・ブランドとしての地位を確立しました。

 

・世界最大規模を誇る「本社公認オーナーズグループ」

 

・すべてのオーナーに配布される

「ハーレーダビッドソン ライフスタイルブック」

 

・試乗や商談だけでなくエンターテインメントも取り込んだ

各種の「イベント」

 

そんな顧客の心に迫る姿勢が、

同社のブランドの成功を導いたと言えるでしょう。

 

 

文:関和幸

 

ライン
[2014.04.17]

(財)BM協会 講座・イベント

第10回ブランド・セッション報告 Part2

 10177977_736519193054890_6678638622928640244_n.jpg

  (財)ブランド・マネージャー認定協会主催

第10回ブランド・セッションの後半は、発売されたばかりの
マッチングオーダーサプリメント「Pitali」の
ブランディングの事例です。
 
商品自体のブランディングはもちろん、
プロモーションまで、詳しくご説明いただきました。
 
明日、記者会見とのことでしたので、
記者会見前に見ることができる貴重な発表でした。
 
以下のサイトをご覧ください。
自分に最適なサプリメントを提案してもらえます!
 
マッチングオーダーサプリメント「Pitali」
http://pitali.jp/
 
発表者の村田さん、田中先生をはじめ、
受講者のみなさん、ありがとうございました。
 
 
次回(第11回)のブランドセッションは、
以下よりご覧くださいませ。
 

ライン
[2014.04.16]

(財)BM協会 講座・イベント

第10回ブランド・セッション報告 Part1

10251983_736519179721558_5375966333962844327_n.jpg

昨日は(財)ブランド・マネージャー認定協会主催

第10回ブランド・セッションを開講しました。
約30名の方にご参加いただきました。
 
前半は中央大学大学院 戦略経営研究科 田中教授の講義で、
コンセプトブランディングの話しでした。
 
コンセプトブランディングとは、田中先生の造語であり、定義は
「商品固有の商標やシンボル以外の概念を、
自社ブランドのマーケティング活動に寄与するために用いる活動」
とのことです。
 
通常の「ブランディング」では「商標」や「ブランド名」、
「ロゴ」などその企業独自の表象が用いられるのが普通です。
これに対して「コンセプトブランディング」では「一般名詞」を使います。
 
例えば、ハイボールです。
サントリーのハイボールのCMは大成功しましたが、
「ハイボール」そのものは一般名詞で、登録商標ではありません。
競合のウィスキーメーカーも日本酒メーカーも「ハイボール」を用いた
キャンペーンを行っていますが、
サントリーが一番利益を得ています。
このように、一般名詞をブランドのように使って
マーケティングする方法がこのコンセプトブランディングです。
 

ライン
[2014.04.15]

04 マネジメント関連

第1回「お江戸百年塾2014」

10171809_662564903816657_6488404539432500172_n.jpg

昨日は、元 ザ・リッツカールトンホテル日本支社長で、

人とホスピタリティ研究所主宰の高野登さん発起人で開催されている

「お江戸百年塾2014」に、参加してきました。

 

今年は、4月スタートで2ヵ月に1回開催していくようですが、

第1回目は、元スターバックスコーヒージャパンCEOの

岩田松雄さん講師で、「次世代リーダーに贈る言葉」といったテーマの

講演を聞いてきました。

 

あのスタバのブランディングと、マネジメント、

そして人材育成が、どのようにされていたのかを

裏話も含め、たくさん聞くことができました。

 

やはり、突き抜けています。

頭では分かりますが、簡単に真似できるようなものではありません。

ですが、いくつかすぐに実践できるヒントをいただけました。

参加してホント良かったです。

 

なお、岩田さんには今度、(財)ブランド・マネージャー認定協会

スペシャルインタビューを快諾いただいております。お楽しみに。

 

懇親会では、高野さんと記念写真を撮らさせていただくことができました。

とても素敵な人柄の方です。

ファンが多いのもうなづけます。

 

ライン
[2014.04.14]

(財)BM協会 講座・イベント

ルーム9SENCE

1920625_525216257583729_1883696837386687621_n.jpg

昨日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会主催で、

評議員の小池先生講師の9SENCE講座の卒業生だけが
参加できる「ルーム9SENCE」でした。
 
小池先生のご自宅で、9SENCEの実践について、
ゆるめに語り合うという場です。
 
私も途中まで参加していました。
どうしても夕方以降用事があり、
帰ることになり残念でしたが、
今後も年に1~2回開催されるとのこと、
次回は、フルで参加したいなぁ。
 
ちなみに、9SENCE講座は、年2回開催しています。
 
小池先生の集大成の講座ですので、ぜひ。
 

ライン
[2014.04.11]

02広告・販促の現場

販売促進のプロフェッショナル育成講座 【最終のご案内】

 22年の広告会社経営の集大成として、私が講師を務めさせていただき、

 販売促進のプロフェッショナルを育成する
「販促コンサルタント養成講座(第3期)」を開講します。
 
 以前より、同業種や近い業種である
 広告会社、印刷会社の経営者、幹部、営業職、クリエイター、
 コンサルタント、士業の方、これから起業をお考えの方などから、
 
 「本業に付加価値を付けるにはどのようにしたらいいのか?」
 「どうしたら、コンサルタントとして稼ぐことができるのか?」
 「販売促進の知識体系やノウハウをもっと教えてほしい。」
 「岩本社長が実施しているセミナーと、同じようなものを開講してみたい。」
 「イズさんと同じようなビジネスモデルをやってみたい。」
 「現部門から販促支援部門へ機能強化を模索している」
 「現在の事業+αの機能として、販促支援会社を立ち上げたい」
 
 など、たくさんの相談を受けてきました。
 
 このような相談に対して、それぞれの状況や立場ならではの
 ビジネス展開を進めていくために、あらゆる角度からお応えしてきました。
 
 うれしいことに、その後、みなさんそれぞれのビジネスシーンで
 ご活躍されています。
 
 このようなご要望にしっかりとお応えするため、
 その集大成として、一昨年9月に第1期、昨年6月に第2期の
 コンサルタント養成講座を開講しました。
 

ライン
[2014.04.10]

03書籍など

インターナルブランディングの戦略的取組事例~

22814_1234932_s.jpg

お世話になっている徐誠敏(ソソンミン)先生が電子書籍

『中小企業にも適応可能なインターナルブランディングの

戦略的取組事例&韓国企業の成功事例から学ぶグローバルマーケティング戦略』

を出されました。

http://booksv.fmworld.net/products/detail.php?product_id=513113

 

徐先生は、中央大学商学部の講師を務められ、

来月より(財)ブランド・マネージャー認定協会

アドバイザーにも就任いただくことになっています。

 

この電子書籍は、中小企業にも適用可能な

ブランド創発型企業を創るためのインターナルブランディングの重要性と

その戦略的取組事例と新興国市場における韓国企業の成功事例から読み解く

グローバルマーケティング戦略が分かりやすく書かれているとのことですので、

みなさんもぜひ!

 

私もじっくり読んでみたいと思います。

 

ライン
[2014.04.09]

01日常のコメント

スカイプで上海企業との打合せ

 ある上海企業のブライダル事業のブランド構築について、

スカイプでの打合せが終了した。
スカイプの相手であるクライアントさんは、
上海で車(助手席)を移動しながら話している。
 
ITリテラシーが低い私だからこそ感じることかもしれないが、
改めて情報通信技術の発達による便利さを感じる今日このごろ。
数年前ではありえなかったこと。
 
いやぁ~。便利だ。
 

ライン
[2014.04.08]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.2

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

もしよかったら、上記から入ってページに「いいね」をお願いしますね。

 

 

【 ブランド名言集 Vol.2 】

 

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■『高くても、これが欲しい』と顧客に言わせよ

『THE BRAND BIBLE マーケッター編』 / 水野与志朗 著

 

世の中の普通のマーケッターは、

「より良いものを、より安く」という戦略を取ります。

それが<顧客のニーズ>だと思っているからです。

 

しかし、ブランディングを考えるマーケッターは、

「競合とは全く別のものを、値段を少しでも高く」

という戦略を取っています。

 

前者の「低価格×ベター戦略」は、

際限のない価格競争であり、顧客に選ばれない道です。

後者の「高価格×ディファレント戦略」は、

価格競争とは無縁であり、

顧客が製品を探してでも買おうとする道です。

 

この180度違うビジネスの発想……

あなたは、どちらを取りますか?

 

文:関和幸

 

ライン
[2014.04.07]

06 販促ウエポン

玄品ふぐ

 10153845_564177213680730_6517041929436638992_n.jpg

本日は、6月出版予定の執筆&監修本の

共著仲間と、今後の書籍のプロモーションを兼ねて、

食事会に行ってきました。

 

神田にある【玄品ふぐ 神田の関】というお店でした。

 

ふぐ料理コースが、もの凄い量で出てきたのですが、

量の割には、あまりお腹が貼りませんでした。

やはり魚系だからですね。

 

やっぱり雑炊は最高ですね~。

 

しかし、なんという顔をしているんだ・・・。

 

ライン
[2014.04.04]

(財)BM協会 講座・イベント

『殉教』 が 『ブランド』 になった?

CIMG3764.JPG

 『殉教』がキリスト教徒の『ブランド』になったとは?

いったいどのようなことなのでしょうか?

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会主催での

4月15日夜のブランドセッションでは、

素晴らしい卒業生の発表はもとより、今回は、顧問の田中教授より

かなり興味深い講義をいただくことになっています。

 

その講義とは「コンセプトブランディング」です。

 

田中先生の造語であり、定義は

「商品固有の商標やシンボル以外の概念を、自社ブランドのマーケティング活動に寄与するために用いる活動」

ということです。

 

その起源とは、歴史学者のマイケル・スコット先生の発言とのことで、

「『殉教』という考え方がローマ帝国時代に、ローマ帝国の圧政を受けたキリス

ト教徒の『ブランド』になった」ということから、始まったようなのです。

 

どうですか? 興味深いでしょう。

 

写真が当日配布されるテキストです。

 

ブランドセッションは、まだ若干席がありますので、

興味のある方はこちらから、お申込みください。

http://www.brand-mgr.org/session/

サイトにはこの説明はありませんが、

前半で、急遽、田中先生に講義をしていただくことになりました。

 

ライン
[2014.04.03]

05 広告・販促の学び

対談動画-レスポンスアップ広告の為の9つの鉄則

 一般社団法人日本飲食店パートナー協会の無料視聴に登録した方に

送られるメルマガに、以下のように私が登場していました。

 

 

おはようございます。

V字回復を応援するリベンジマスターの阿保です。

 

お待たせいたしました。

 

きょうは第3回目の対談動画をお送りします。

 

こちらからご覧ください。

---------------------------------------

第3回:レスポンスアップ広告の為の9つの鉄則

http://jfp-a.com/battle/is-a-it.html

---------------------------------------

 

ライン
[2014.04.02]

07 ブランディング

【ブランド名言集】始まる!

 本日より【ブランド名言集】が

(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで始まります。

https://www.facebook.com/brandmanagers

毎週ですので、もしよかったら、上記から入って

ページに「いいね」をお願いします。

 

*☆*――――【 ブランド名言集 Vol.1 】――――*☆*

 

■<価格競争>を打開するのが<ブランディング>

『THE BRAND BIBLE マーケッター編』 / 水野与志朗 著

 

業種を問わず、顧客の要望は結局、

「より良いものを・より安く」に行き着きます。

そして資金的にも時間的にも、

そうそう画期的なイノベーションは生まれませんから、

同業他社との競争は最終的に

「自分の利益を吐き出して、価格を安くする」

というものになっていきます。

 

この<価格競争>を打開するのが、

<ブランディング>です。

 

いかに安く作るかで悩む大手メーカーを尻目に、

ブランディングに成功したチョコやアイスクリームは、

5~10倍以上の価格で売れています。

 

このような状況を作り出すことこそ、

ブランディングの役割なのです。

 

文:関和幸

 


プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧