ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2014年10月

[2014.10.31]

01日常のコメント

父親の個展始まる

 父親である岩本博幸 作品展

「紙に、木に、石に。 拡がる字遊な世界」が、
明日より開催されます。
 
展示会場の実際の内容は、
以下より動画でご覧いただけます。
 
11月9日(日)まで開催しておりますので、
ぜひ、お越しくださいませ。
 
詳しくは、以下をご覧くださいませ。
 

ライン
[2014.10.30]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.26

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.26 】

 

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■ブランドを意識しない業界で、ひとり勝ちする

 

「ブランドの大切さが意識されていない業界」では、

ひとり勝ちも可能です。

 

たとえばかつての金融機関に、住宅ローンをブランド化するという

発想はありませんでした。

政府系金融機関である住宅金融支援機構も、

「35年間金利固定」という画期的な住宅ローンを、

「新型住宅ローン」という名前で売っていました。

 

しかし、住宅情報紙や顧客から「わかりにくい」「見分けがつかない」

という要望を受け、「フラット35」という名前をつけたのです。

そのとたん、圧倒的な知名度・人気度を持つに至りました。

 

まさに、いち早くブランドの大切さに気づいた企業が、

その業界を制する好例と言えるでしょう。

 

出典:『ブランド戦略・ケースブック』  中 洋 著

Amazon → http://urx2.nu/fH0k

 

文:関和幸

 

ライン
[2014.10.29]

07 ブランディング

ヨリタ歯科クリニック新谷順子氏インタビュー (前編)

DSCF0093_400.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会のWEBサイトにて

ヨリタ歯科クリニック スマイルクリエーター・感動クリエーターの
新谷 順子氏のインタビュー記事の前編をUPしました。
 
ヨリタ歯科クリニックは、おもてなし経営企業選にも選ばれ、
関西地区患者さんの行きたい歯科医院ナンバーワンになった事もある
有名な歯科医院です。
 
新谷 順子さんは、経営者相手に各地で講演をされるほど、
ヨリタ歯科クリニックを着実にブランディングしてきた方です。
いわゆるブランド・マネージャーといっても良いでしょう。
 
また彼女は、スーパーサブリーダーと言われるように、
リーダーである院長を表と裏で、ある時は最大のバックアップをし、
ある時はリーダーの代わりに社員をしかるべき方向に導くなど、
ホントにスーパーな立ち回りをされています。
 
前編では、ヨリタ歯科クリニックとの出会いから、
当医院の強みを中心に聞きました。
そして、『理念』の浸透のために、緻密で地道な活動内容の
話しを聞かしていただきました。
 
ぜひ、ご覧ください。こちら↓からどうぞ。
 
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会
【スペシャルインタビュー】
 
 

ライン
[2014.10.28]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 第53期ベーシックコースを終えて

540456_849138565126285_3967396261804066110_n.jpg

先週の金曜日、土曜日の2日間は(財)ブランド・マネージャー認定協会の

第53期のベーシックコース(東京会場)が開催されました。

 

講師は、オーシャンこと海野トレーナーです。

福岡で活躍されているコンサルタントですが、

このために東京にお越しいただきました。

 

今回は、10名の方々にご参加いただきました。ありがたいことです。

受講生のみなさん、2日間おつかれさまでした。

 

海野トレーナー、そして4名のアシスタントトレーナーに、

フォローしていただきました。大変おつかれさまでした。

いつもありがとうございます。

 

この講座では、ブランド・マネージメントに関わる知識を体系化しています。

知識を持ち帰った後も、ぜひ繰り返し復習し、それぞれのビジネスシーンの

実践の場でご活用いただければと思います。 

 

今までも卒業生のなかから、多くの実践者が出てきています。

 

今まで受講のみなさまも実践の結果などをぜひ、

協会にフィードバックをしていただければ幸いです。

 

 

また、まだ受講されていない方で、

ご興味のある方は、以下をご覧ください。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会

ベーシックコース(ブランド・マネージャー認定協会2級資格取得講座)

http://www.brand-mgr.org/school/basic.html

 

・第54期 2014年12月13日(土)・14日(日) トレーナー: 上野 律子

・第55期 2015年2月11日(水・祝)・12日(木) トレーナー: 平野 朋子

 

ライン
[2014.10.27]

07 ブランディング

鶏肉のブランディング

 養鶏業、鶏肉卸売業、飲食業を行っている会社に

先々月より事業調査~ブランド戦略のコンサルティングに入ってる。

 

まずは、丸1日のヒアリングによる事業調査を行ったが、

今月からは、隔週訪問し、まずは3ヵ月で、

ブランド・ステートメントを作り上げていくスキームを進めていく。

 

最大の目的は、この会社で扱っている

ある鶏肉のブランドを作り上げることだ。

 

この会社では、このブランド鶏を扱っている焼き鳥屋も

直営している。

 

実際に、その店に食べにいき、

焼き鳥、丸焼き、から揚げなどを味わったが、

鶏そのものは、弾力がありしっとりとしていて、

程よい脂身であり、「これぞ鶏肉だ!」といった

鶏肉本来の機能面での差別化はできるている。

 

それもそのはず、優れた血統と、原種を含めた生産の一元管理で、

味・香り・食感、すべてで最高級の品質を提供している鶏だからだ。

 

あとは、この鶏をどのようにブランド化していくかということだが、

現在おかれている状況としては、

経営者や社員の考え、組織体制に対するインターナルな課題と、

それを外に発信していくエクスターナルの課題が山積みされている。

 

まずは、しっかりと強みを整理し、競合との差別化、

そして、何よりも顧客のニーズを深堀していく必要があるだろう。

 

少し時間はかかると思うが、しっかりと踏み込み、

確固たるブランドを築いていきたいと思う。

 

ライン
[2014.10.24]

07 ブランディング

明治大学訪問

141023_111302_2.jpg

(社)ビューティーサービス スーパーバイザーアカデミー

(http://www.bsacademy.jp/)で、

開催されている最上位のマスターコースに

オブザーバーとして参加してきました。

 

写真は、ブランディング理論の講座で、

水野与志朗さんが講師しています。

 

とても分かりやすく、何よりも楽しかったです。

さすが水野さん、場づくりが上手いです。

 

この講座の前は、商圏と店舗管理の講座で、

知り合いの松下雅憲さんでした。縁を感じます。

 

私も講師ということで、名前や写真も掲載いただいています。

ただ、アカデミー設立の協力などはしていますが、

講師としては、まだ何もやっていません。(汗)

 

会場は明治大学の紫紺舘です。

アカデミーらしくなかなか良い環境ですね。

 

ライン
[2014.10.23]

研修・セミナー講師登壇

SED実践塾(グループコンサルティング)開催のお知らせ

 来る11月26日(水)に、SED実践塾(グループコンサルティング)

を開催いたします。

 

SED実践塾は、定期的に開催しておりますが、

前回8月28日開催の時の模様を、

一部映像にてご覧いただけます。

http://youtu.be/imfjR3Fy4xc

 

参加者の方々は経営コンサルタント、デザイナー、保険会社、通販会社などで、

「今の販促物をどのように変えたら、レスポンスが向上するのか?」

が課題でした。

 

そして、いつものように広告表現はもとより

マーケティング戦略、ブランド戦略まで話がおよびました。

 

定期的に参加されている方も多く、

そのなかの大手保険会社の販促担当者の方からは、

このSED実践塾による販促ツールをはじめとした販促策の改善により、

目に見える成果を出され、そのことが大きな要因となり

昇進されたというご報告をいただきました。

 

このようなご報告は、うれしいですし、

とてもありがたいことです。

 

次回は、11月26日(水)となります。

 

告知前から、参加表明されている方もいらっしゃるので、

早めに定員になることもあります。お申込みはお早めに!

 

詳しくはこちら↓

http://www.koukoku-ya.jp/gc/

 

ライン
[2014.10.22]

研修・セミナー講師登壇

SMBCコンサルティング主催セミナー

CIMG3792.JPG

本日は、[三井住友銀行グループ]  SMBCコンサルティング主催の

午前と午後のダブルヘッターのセミナーでした。
約80名以上の方に受講いただきました。ありがたいことです。
 
今回もある仕掛けによって、約50名の方と名刺交換をしたのと、
いくつかの企業と縁が広がりそうな話も出てきました。
 
この2~3週間は、珍しくセミナーが多く、
ユンケルの消費量が急激に増えています。
今日は、ダブルヘッターなので、2本必要でしたし・・・、
今月は10本消費してしまったようです。(汗)
 
今年の同主催セミナーは、今日が最後となりますが、
来年もお声掛けいただきましたので、がんばりたいと思います。
 

ライン
[2014.10.21]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.13

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.13 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■<ブランド>は<約束>である

 

『あの「ブランド」は○○だ』……

この○○に入るのが<約束>です。

「あの店に行けば、おいしいワンタンメンが食べられる」

「あの店に行けば、おいしいシュークリームが買える」など、

いつ行ってもお馴染みのおいしさ、

変わらない味があるという「保証」です。

 

これは飲食店に限りません。

アパレルであれば、

その店で売られているTシャツ一枚にも、

そのブランドの「らしさ」、

たとえば「時代の先端をいくカッコ良さ」があれば、

そのブランドの<約束>は守られていることになります。

 

信頼されるブランドは、

そんな<約束>を守るブランドなのです。

 

出典:『もっと早く受けてみたかったブランドの授業』

    阪本啓一 著

Amazon → http://goo.gl/MwqpHA

 

 

文:関和幸

 

ライン
[2014.10.20]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.9

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.9 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■「フォーカスするとき、ブランドは強力になる」

『ブランディング22の法則』 

/ アル・ライズ&ローラ・ライズ 共著

 

アメリカのコーヒーショップが

パンケーキ・ホットドッグ・ハンバーガー・

アイスクリームそしてコーヒーを売っていたとき、

スターバックスはコーヒーだけを売り、成功しました。

 

同じくデリカテッセンがスープ・サラダ・

ドーナツ・ビール・新聞・タバコ

そしてサンドウィッチを売っていたとき、

サブウェイはサンドウィッチだけを売り、成功しました。

 

焦点を絞れば仕入れを安くし、

製品やオペレーションの質を上げ、

やがてカテゴリーを支配できます。

いい結果が生まれるのは、

常にブランドを拡張するよりも収縮させるときなのです。

 

 

文:関和幸

 
 

ライン
[2014.10.17]

(財)BM協会 講座・イベント

第22期 BMアドバンスコースを終えて

 先週末(金・土曜日)に後半が終了し、

 (財)ブランド・マネージャー認定協会 第22期アドバンスコースの

合計4日間が終了しました。

 

今回は、受講者は6名で、少し少な目ですが、密度濃くできたのではないでしょうか。

前回のアドバンスコースより、カリキュラムは大きく刷新されたことが

大変評判が良く、今回も評判がかなり良かったようです。

 

“あゆすけ”こと小澤歩トレーナーのもと、ブランド・ステートメントのフレームをもとに、

受講生のみなさんが実際に現場で取り組まれている業務を題材に、

プレゼン&ブラッシュアップを繰り返しました。

 

トレーナー、アシスタントトレーナーの導きのおかげで、

満足度9.63点(10点満点)をいたただくことができました。

ありがたいことです。

 

受講生の皆さん。お疲れ様でした。

ですが、まだ終わりではありません。

 

1ヵ月後までに、試験課題を提出しないと、1級資格が取得できません。

お忙しいとは思いますが、試験課題お待ちしております。

 

ライン
[2014.10.16]

(財)BM協会 講座・イベント

美容室Sグループの研修&コンサルティング(第2回目)

10698492_810459722326435_8485992538907356212_n.jpg

本日は、埼玉県を中心に12店舗展開している

美容室グループの第2回目の研修&コンサルティングでした。
 
第2回目は、前回に続き、幹部クラスの方々が一同に会する場としての
ブランドの基礎知識を習得していただくために、
研修形式で実施しました。
 
前回に引き続き、研修講師は、協会のマスタートレーナーでもある
上野トレーナーにわざわざ広島より来てもらいました。
 
今回は、会長、社長と経営陣も全て参加されました。
この会社のホンキ度がうかがえます。
 
また、社員、スタッフをとても大切にされている
経営をされています。
見習いたいと改めて思いました。
 

ライン
[2014.10.15]

07 ブランディング

中央大学訪問

10461311_791345594238916_2364303493101156415_n.jpg

本日夕方、中央大学に訪問し、

田中洋教授と面会させていただきました。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会の顧問として、

大変協力をいただいており、先日の協会シンポジウムでは、

中央大学ビジネススクール様より協賛もいただいております。

 

中央大学ビジネススクール様とは、

来年度より更に密に連携を深めさせていただき、

いろいろな企画を進めてまいります。

 

その他、(財)ブランド・マネージャー認定協会では、

書籍出版、オプション講座、知識サーベイの導入などなど、

新しい企画が盛りだくさんとなる予定です。

 

協会関係者、トレーナー、卒業生、また、

これから受講される方、ご期待ください。

 

ライン
[2014.10.14]

研修・セミナー講師登壇

みずほ総研イブニングセミナーに登壇

10728733_869909389688641_1321958798_n.jpg

 [みずほフィナンシャルグループ] みずほ総合研究所主催の

イブニングセミナーが先週金曜日無事(?)終了しました。

 

「売れない広告を改善する方法」がテーマなのに、

結論は「広告には正解はない!!」がいつものおちです。

 

レスポンス広告系のセミナーの〆は、

このメッセージで10年近く変わらなかったと思います。

 

この瞬間のみなさんの表情を見るのが、

半分は怖いのですが、半分は楽しみです。

 

消化不良になっている人、けげんな顔をされる人、苦笑いする人、

妙に納得している人、無表情な人、爆笑する人など、

人それぞれですね。

 

このようなみなさんの表情で、だいたい今日のセミナーの出来が分かります。

自分の伝え方、テンポ、場の作り方、受講者の目的に叶ったかなど・・・。

 

伝え方にも正解はないようです。

 

ライン
[2014.10.10]

07 ブランディング

ヨリタ歯科スーパーサブリーダー新谷順子氏にインタビュー

IMG_0060.JPG

おもてなし経営企業選にも選ばれた、とっても有名な歯科医院である

大阪のヨリタ歯科クリニックさんにお伺いして

スマイルクリエーター・感動クリエーターという肩書きを持ち、

スーパーサブリーダーの新谷順子さんに、インタビューを試みました。

 

とても丁寧な対応はもとより、本当に相手の心を深く読み取る方だなぁ~って、

とっても感銘を受けました。

 

リーダーの夢を形にするのが自分の役割だと語る新谷さんは、

ブランド・マネージャーの役割にも通じるエッセンスが詰まっています。

 

ということもあり、(財)ブランド・マネージャー認定協会のサイトにて、

今月と来月に掲載載いたします。

 

インタビューの模様は、10月25日、11月25日の2回に分けて

スペシャルインタビュー(http://www.brand-mgr.org/interview)と

メルマガにて掲載しますので、お楽しみに!

 

ぜひメルマガにも、ご登録くださいませ。

http://www.brand-mgr.org/mail/form/magazine.html

 

 

ライン
[2014.10.09]

研修・セミナー講師登壇

モリサワ主催セミナー

 141009_121939.jpg

デザイナーでは知らない人はいないフォントの会社「モリサワ」主催の

セミナーに登壇しました。

 

初めてモリサワさんの本社(大阪市)に伺いましたが、

写真植字時代からの歴史などが展示してあったり、

弊社も20年のユーザーですので、何か懐かしかったり、

とっても縁を感じました。

 

モリサワの社長、営業部長など、みなさんにもご挨拶できました。

 

「フォントの影響で、どのようなコミュニケートの違いが出てくるのか?」

といった話しでかなり盛り上がり、今後ご一緒することも

あるかもしれません。今から楽しみです。

 

ご紹介いただいたコニカミノルタ様に感謝です。

 

午前中は、ヨリタ歯科のスーパーサブリーダー新谷さんの

インタビューで大変感銘を受け、院長にもご挨拶することができました。

その後、移動など少し慌ただしかったですが

ようやく東京に戻ってきました。

 

大阪での1日が無事終了。今日のご縁に感謝です。

 

 

ライン
[2014.10.08]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.7

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.7 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■「<土俵>を変える」

『大逆転のブランディング』 / 田中洋 著

 

圧倒的シェアを持つ企業のマーケットに食い込むのは、

容易なことではありません。

たとえば<トイレ>マーケットは、

「TOTO」「INAX」の2大陶器メーカーに

占められていました。

 

そこで「パナソニック電工」は、

『<住宅設備>ではなく、

<家電>のようにトイレを売る』

というコンセプトを設定しました。

 

それまでトイレは工務店などを通じて流通し、

消費者にはほとんど認知されていませんでした。

そこで同社は家電量販店などを開拓し、

カタログも分厚い住宅設備用のものから、

薄く、スタイリッシュなものに変えたのです。

 

そして「トイレは家電製品のように買い替えるもの」と

消費者に認知させることに成功し、

<アラウーノ>は3年でシェアが4倍にも増加しました。

 

これが<土俵を変える>ことの力なのです。

 

文:関和幸

 

 

ライン
[2014.10.07]

05 広告・販促の学び

販促手法の種類- 屋外広告 (その1)

 販促手法の種類-新規顧客向け・媒体活用型10

屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ 1

 

屋外広告は、街を通行する歩行者やドライバーなど、

 対象者を問わない幅広い層にアピールするための広告媒体です。

 

 この媒体の特性は、長期間に設置する場合はもちろん、

 短期間に集中して設置する場合でも、一定期間の継続的な露出で、

 商品・サービスの訴求ポイントを繰り返し、アピールできるという点です。

 

 訴求する商品・サービスの内容によって、アピールする対象地域を選択し、

 より多くの人の目に触れる機会をつくらなければなりません。

 

 代表的な種類として、ネオンサイン、ビルボード、突き出し看板、懸垂幕、

 のぼり、野立看板、ポスターボード、アドバルーン、LEDボード、

 大型ビジョンなどが挙げられます。

 

 このブログにて、次回から主なものを説明していきます。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

ライン
[2014.10.06]

(財)BM協会 講座・イベント

第25回 ブランディング入門セミナーを終えて

10616621_834978826542259_5500982506306530002_n.jpg

一昨日の土曜日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

本部東京会場の第25回の「ブランディング入門セミナー」が、

開催され、9名の方が受講されました。

 

講師は、東京会場では初の登壇の平手トレーナーでした。

 

平手トレーナーは、岐阜が本拠地ですが、

全国各地に講師やコンサルタントとして、飛び回っています。

 

そのような実践経験からも、迫力のある2時間だったようです。

 

この講座は、東京だけでなく、

全国で頻繁に開催されていますので、

近くの会場をご利用くださいませ。

 

以下の協会サイトのトップページより、

入門セミナースケジュールのところをご覧くださいませ。

http://www.brand-mgr.org/

 

ライン
[2014.10.03]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.6

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。
 
【 ブランド名言集 Vol.6 】
ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、
印象的な言葉をご紹介していきます。
 
■「ブランドを<カテゴリーの代名詞>にする」
『ブランド・マネージャー』 / 水野与志朗 著
 
ブランド・ビルディングとは、
ブランドを<カテゴリーの代名詞>にしていくことです。
成功しているブランドは、
最終的にそのカテゴリーを占拠します。
たとえば「タバスコ」や
「ポストイット」というブランドは、
今やカテゴリー名です。
「ペッパーソース」「糊つき付箋紙」と言うよりも、
通りが良いのではないでしょうか?
 
そして同時に、ブランドがカテゴリーを
意味する言葉となることで、
そのブランドこそが<本物である>という
イメージが作り上げられていきます。
これこそ、ブランド・ビルディングにおける
究極のゴールと言えるでしょう。
 
 
 
文:関和幸
 
 


プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧