ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2014年11月

[2014.11.28]

07 ブランディング

ヨリタ歯科クリニック新谷順子氏インタビュー (後編)

DSCF0096_400.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会のWEBサイトにて

おもてなし経営企業選にも選ばれ、経営誌などでも頻繁に

記事が掲載されている有名な歯科医院のヨリタ歯科クリニックの

スーパーサブリーダーの新谷 順子氏のインタビュー記事の後編をUPしました。

 

前篇の後半から、企業経営にとってもっとも重要とも言える

『理念』の浸透のために、緻密で地道な活動内容の話しを聞かせていただき、

後編では、以下のように、さらに具体的に深堀りした内容となっています。

 

■<サブリーダー>としての考え方・取り組み

■<人づくり>には時間がかかる

■ブランドで大切なのは、やはり<人>

 

具体的な内容については、

ぜひ、ご覧ください。こちら↓からどうぞ。

 

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会

【スペシャルインタビュー】

http://www.brand-mgr.org/interview/cat89/vol2-23.html

 

 

ライン
[2014.11.27]

04 マネジメント関連

経団連会館において

 CIMG3809.JPG

 一昨日は、大切なクライアント様主催のセミナーが浜松町であり、

その後、どうしても参加したい会合が経団連会館でありましたので、

急いで移動しました。

 

その会合の前半は、

資生堂の前田新造相談役の講演でしたが、

残念ながら間に合わず聞くことができませんでした。

 

ですが、なかなか厚めのレジュメをいただき、

聴講者である経営者の方々より、

概要や感想などを聞かせていただくことができました。

 

前田相談役は、今年3月まで

資生堂の代表取締役会長兼社長に就任されていて、

「お客さま志向のマーケティング改革」として、

太く・強いブランド「メガブランド」の育成を中心に、

企業価値を高める活動を推進されてきた方です。

 

その後のクローズドな会合から参加することができましたので、

直接前田相談役より名刺交換をはじめ、

理念経営の大切さや、決断力についてなど、

いろいろとお話しを伺うことができました。

 

ライン
[2014.11.26]

研修・セミナー講師登壇

SED実践塾 報告

IMG_1651.jpg

本日は、SED実践塾というレスポンス広告作成の

グループコンサルティングを実施しました。

 

今年は4回開催し、本日が最終回となります。

今回の受講者は5名でした。

 

今回は、コンサルタントと印刷業の方がほとんどで、

クライアントの案件に関しての相談が多かったです。

 

あとは、金沢で葬儀業を古くからやられている会社の

マーケティング担当者も参加されましたが、

販促というよらは、ブランド戦略の話しが中心となりました。

 

最近は、リピーターが多くなっているとはいえ、

必ず1~2社は新しく参加される方もいます。

 

自身の広告・販促に対するアドバイスはもとより、

他業種の生の実践事例を共有し、

課題解決の方法を参加者全員で探っていき、

次につなげていくプロセスは、オブザーバーの方にとっても、

持ち帰るものが大きいものではないかと自負しています。

 

次回のSED実践塾は、2015年3月6日(金) 13:00~17:00開催です。

 

詳しくはこちら↓をご覧ください。

http://www.koukoku-ya.jp/gc/

 

すでに参加希望者がいらっしゃいますので、お申込みはお早めに!

 

ライン
[2014.11.25]

04 マネジメント関連

喧嘩上等のカメラ店、アジアで商売の伝道師になる

 著者仲間でもあり、弊社のビジネスにおける

取材やセミナー講師登壇にもご協力をいただいていたり、

商業界でのチラシ・DM大賞の審査員を一緒にしている

サトーカメラの佐藤勝人代表の記事が掲載されました。

 

「おもてなし」術は教えない中国人に伝えたいのは働く喜びだ!」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42179

 

中国進出として、なかなか興味深い記事かと思います。

 

それにしても、サトーカメラは、栃木のドミナント戦略から、

いきなり中国へ進出。すごいものがあるなぁ~。

 

 

ライン
[2014.11.21]

03書籍など

第17回東京ビジネス書出版会議報告

 9767_882986455079970_792201475585029465_n-thumb-280x210-2938.jpg

本日は、第17回東京ビジネス書出版会議でした。

今回も、主催者側を入れて約20名の方々に
ご参加いただきました。企画プレゼン者は5名でした。
 
「主婦の自分らしい働き方」「介護施設の人材採用のコツ」
「実店舗のリサイクルショップの立ち上げ方」「個人サロンの経営の成功法」
「地元客に愛されるお店のお金をかけない集客法」
といったテーマでした。
 
今回は、いつものように、一部、厳しい指摘をしましたが、
プロフェッショナルの方々だからこそ、
真摯に向き合ったメッセージと受け止めてもらえればと思います。
 
次のチャレンジをお待ちしております。
 
次回の第18回東京ビジネス書出版会議は、
2015年2月27日(金)開催となります。

ライン
[2014.11.20]

06 販促ウエポン

「最強の販促ウエポン」 ~ Vol.26 日替わりイベント ~

 定期的に販促レポートとして、

「最強の販促ウエポン」 を更新しています。

 

今回は、「日替わりイベント」の販促ウエポンをご紹介。

 

前回は「週替わりイベント」をご紹介しましたが、

今回はさらに頻度の高いイベント事例としてのご紹介です。

 

商業施設を活性化させていくためのイベントのあり方として

是非とも参考にしてください。

 

最強の販促ウエポンはこちら↓

 http://www.koukoku-ya.jp/waepon/

 

※お読みいただくために必要なパスワードが必要です。

「無料WEB会員」に登録いただけるとパスワードを入手できます。

こちらです → http://www.koukoku-ya.jp/magazine2/

 

ライン
[2014.11.19]

(財)BM協会 講座・イベント

9センス講座(第4回) 報告

10731033_861222660584542_7158726097733442487_n.jpg

先週土曜日、小池玲子先生による「9SENSE講座」の

第4回が開催されました。

 

今回も、5名の方に参加いただきました。

ありがとうございます。

 

9センスは何のために磨くのか?

それは優れたアイデアを生み出すためであるのです。

 

その磨き方と、そのプロセスから生み出された

小池氏が手掛けた事例は、圧巻です。

 

例えば

 ・いかにしてハーゲンダッツが大人が食べるアイスになっていったか?

 ・ダイヤモンドが愛の象徴となるまでのブランディングの過程

 ・「スイートテンダイヤモンド」の誕生秘話 など

 

 

今回で第4回目となりますが、回を重ねるごとに、

内容がどんどんブラッシュアップされているようです。

 

次回(第5回)は、2015年3月7日(土)の開催となります。

 

まだ参加されていない方は、次回こそは、ご参加くださいね。

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/9sense/

 

再受講希望の方も受け付けています。

半額で参加できますので、申し込み備考欄にその旨をお知らせください。

 

ライン
[2014.11.18]

03書籍など

『相談からはじまる営業』ならこんなに売れる!

CIMG3805.JPG

水野与志朗さんの新刊が発売されました。

ブランドコンサルタント初の営業本です。

 

『相談からはじまる営業』ならこんなに売れる!」 (DO BOOKS) 

http://urx2.nu/frJI

 

「掛け値なしで役に立つこと」自体を目的とする営業活動とは、

どういうことなのか?

 

本書では、そのような営業活動の考え方とプロセスについて、

解説されています。

なんといっても事例が豊富です。

 

とにかく骨太な内容なので、オススメです。

 

ライン
[2014.11.17]

01日常のコメント

父親の個展打上げ

10389060_734646379951888_7382838280331441458_n.jpg

一昨日の土曜日の夜に、父親の個展の打上げが

地元のとり銀で開かれました。

 

ご協力いただいたみなさん、大変おつかれさまでした。

本当にありがとうございます。

 

とくに、M.F氏には、自分の父親のように、

対応をしていただきました。心より感謝いたします。

 

あと、イズの社員にも、いろいろと作り物の

協力をいただきました。ありがとう。

 

父親は、11月1日(土)~9日(日)の9日間の

全ての日程において会場に足を運び、

ご来場してくださった全ての方々に対応していました。

 

80才でこの体力と気力は、本当に頭が下がります。

そして、そのことを支えた母親も、すごいものがあります。

 

両親でもありますが、素敵な夫婦だなぁとつくづく感じました。

 

父親はこの後、個展での注文の作業がありますが、

それが終わった後に、燃え尽きてガクっとこないことを

祈っています。

 

それにしても、とり銀の焼き鳥と釜めしは、

なつかしく、おいしかったなあ。

お腹いっぱいになった~。

 

ライン
[2014.11.14]

研修・セミナー講師登壇

沖縄での初セミナー

 本日は、沖縄で初めてセミナー講師として呼ばれ、

10:00~17:00の1日セミナーに登壇してきました。

 

沖縄は、10年ほど前にプライベートで行ったことがあるので、

今回で2回目となります。

 

地方出張が少なくないですが、仕事にプライベートを絡めるのは

あまり好きではないので、基本的には、遠出であっても

できるだけ日帰りで対応しています。

ですが、今回は、さすがに日帰りは無理なので前泊することにしました。

 

といっても、夜の10時頃に着いて、翌日は、

夜8時頃の那覇発に乗って帰ってきました。

かなりクタクタです。

 

これが新幹線であれば、移動中にしっかり寝て帰ってくることが多いのですが、

さすがに飛行機は、ビジネスクラスなどに乗らないと、

狭くてゆっくりできませんし、何か落ち着かないのです。

 

セミナー自体は、販促とレスポンス広告の講義をしましたが、

事前に聞いていたとおり、沖縄の受講者の方々は、

とても勉強熱心なので、とてもやりやすく、

基本的にはアウェー感はありませんでした。

ありがたいことです。

 

会場は、那覇市の産業支援センターという、とても立派な施設でした。

 

さてと、任務終了です。明日は、少し寝坊しよう。

 

ライン
[2014.11.13]

03書籍など

ブランド論 - 無形の差別化を作る20の基本原則

20141113.jpg

ブランド論の世界的権威といえば、ケビン・レーン・ケラー教授と、

デービッド・アーカー教授のお2人となるでしょう。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会のカリキュラムでも、

このお2人の著書をかなり参考にさせていただいています。

 

その内の1人、デービッド・アーカー教授は、

1994年に発行した『ブランド・エクイティ戦略』によって、

ブランドの重要性を決定的なものにした立役者です。

また、ブランド・アイデンティティ、ブランド拡張、ブランド・ポートフォリオなどの

言葉を世に送り出しています。

 

この度、そのデービッド・アーカー教授が、20年にもおよぶ研究成果を

初心者にもわかるようにコンパクトに紹介した書籍が出版されました。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会の顧問としてお世話になっている

日本のブランド論の第一人者である田中洋教授からも、

最近、とくにオススメされました。

 

ブランド論 - 無形の差別化を作る20の基本原則 

(デービッド・アーカー著/ダイヤモンド社)

http://urx2.nu/fGUk

 

ライン
[2014.11.12]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.28

 ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会の

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.8 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■「他人が作った市場は、あえて無視する」

『THE BRAND BIBLE マーケッター編』 / 水野与志朗 著

 

誰かが作った市場に乗り込んで

<ブランド>として認知されるには、

莫大な費用がかかり、成功する見込みもあまりありません。

ブランド・マネージャーは

「現在の市場を無視し、新たに市場を作る」

という戦略をとるべきでしょう。

 

スターバックスはドトールの

「低価格カフェ」市場を無視し、

「グルメコーヒー・カフェ」で成功しました。

ペリエはエヴィアンやボルヴィックの

「ミネラルウォーター」市場を無視し、

「スパークリング・ミネラルウォーター」の

代名詞となりました。

 

先発の成功者が東に向かって走るなら、

自分は西に向かって走る。

それが成功するブランド・マネージャーの発想なのです。

 

 

 

文:関和幸

 

 

 

ライン
[2014.11.11]

06 販促ウエポン

「最強の販促ウエポン」 ~ Vol.25 週替りイベント ~

 定期的に販促レポートとして、

「最強の販促ウエポン」 を更新しています。

 今回は、「週替りイベント」の販促ウエポンをご紹介。

 

 オープンから1年で2,500人の生徒を集めたテニススクールがあります。

 

 短期間で多くの生徒を集客できた要因には、

 広告などさまざまなプロモーション策もありましたが、

 顧客との長期的な関係を築く販促ウエポンとして、

 週替りで年間50回開催されるイベントがありました。

 

 週替りイベントは、お客に喜んでもらうのはもとより、

 スタッフのモチベーションアップにも効果を発揮することができる、

 一挙両得の販促ウエポンなのです。

 

 

最強の販促ウエポンはこちら↓

 http://www.koukoku-ya.jp/waepon/

 

※お読みいただくために必要なパスワードが必要です。

「無料WEB会員」に登録いただけるとパスワードを入手できます。

こちらです → http://www.koukoku-ya.jp/magazine2/

 

ライン
[2014.11.10]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 トレーナー認定コース(第10期)を終えて

10525676_845393292172603_1970680626451080151_n.jpg

一昨日、昨日の土日の2日間は、

(財)ブランド・マネージャー認定協会

第10期トレーナー認定コースでした。

 

昨年から、東京と大阪会場で年3回開催していますが、

今年は、これが最終の講座となります。

 

今回は、協会のトレーナー志望の参加者が5名でした。

 

益々、トレーナーの活躍が、全国各地で拡がっていくと思いますが、

最近では、エリアごとの活動も活発になりつつあります。

協会としても大変うれしいことですし、これからも、

地域での活動をバックアップしていきたいと思っています。

 

さて、トレーナー志望のみなさん、

2日間本当におつかれさまでした!

 

プレゼンテーション力、ファシリテーション力を身につけて、

ブランド・マネージメントの知識体系(型)を伝えられるように、

しっかりと試験の準備をされてくださいね。

 

お待ちしております!

 

 

次回のトレーナー認定コースは、来年以下のように開催されます。

すでに、参加申し込みが入り始めていますので、ご希望の方はお早めに。

http://www.brand-mgr.org/school/trainer.html

 

【第11期】 2015年4月11日(土)、12日(日) 東京都新宿区内

          両日とも 10:00~18:00

 

ライン
[2014.11.07]

04 マネジメント関連

(社) QM戦略実践協会の講座&勉強会に参加

 (社) QM戦略実践協会(http://www.qm-senryaku.or.jp/)にて

開催されている講座および勉強会に、オブザーバーとして参加してきました。

 

6年ほど前から、名古屋のNKSという校正業務を生業としている会社の社長に、

勉強会で約1年ほどお世話になっていました。

 

勉強会の内容は、QMS(Quality Management System)です。

 

この時に1年間におかげで、まずは私自身がほぼ全く意識していなかった

標準化、再現性などの取り組みを少しずつでも進められたように思います。

私の体にも、それなりに浸透したのでしょう。

 

ただ、まだまだ腹に落ちるまでには至らないまま、

年月が過ぎていました。

何せシンプルなんですが、深いのです。

 

昨年、NKSの松尾社長が代表理事として、また理事には、

以前よりお世話になっている藤田さんが務め、

(社) QM戦略実践協会を設立されたということで、

お誘いをいただいていました。

 

私が協会の設立もやっていたこともあり、

それまでも、時々、相談もいただいていたのですが、

事情があって、なかなか顔を出すことができませんでした。

 

ここにきて、ようやく講座や勉強会に参加できるタイミングになったこともあり、

改めて、オブザーバーとして参加させていただくことになりました。

 

ライン
[2014.11.06]

05 広告・販促の学び

「販売促進」と「販促補助金」と「会員制ビジネス」

 友人の米満和彦氏と杉山寛之氏が強力タッグを組み、

全5回の「無料メール講座」を執筆されたそうです。

 

 タイトルは…

 

 「販売促進」と「販促補助金」と「会員制ビジネス」

 で儲かる会社をつくる方法

 

 「販促補助金」の申請を成功させるコツや、

 「会員制ビジネス」を成功させるために最も重要な2つの考え方、

 たった500枚のチラシで2件の大型受注が生まれた成功事例

 など、とっても魅力的な内容です。

 

 興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

 http://www.hansoku.info/kh3.html

 

ライン
[2014.11.05]

03書籍など

ブランド戦略全書

 20141105.jpg

ブランド論のオススメの書籍が出版されました。

 

ブランド論に関して、大学教授だけでなく、調査や商標の専門家が

著者をされていることもあり、様々な視点でのアプローチもありますが、

全体としても、まとまっていて分かりやすい書籍だと思います。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会顧問の田中洋教授、

アドバイザーの徐誠敏先生、

以前協会のスペシャルインタビューで登場していただいた

久保田進彦教授が著者として名を連ねていらっしゃいます。

 

第3章 ブランド・リレーションシップの戦略(久保田進彦) 

第10章 ブランドの歴史(田中洋) 

【ケース1】グローバル・ブランド構築の戦略的要因──サムスン電子の5つの革新期を超えて(徐誠敏) 

 

 

経営陣、マーケッターはもとより、ブランドに直接的、間接的にかかわる

全ての人が手元に置いておきたい一冊です。

 

ブランド戦略全書(有斐閣)

http://urx2.nu/fGSg

ライン
[2014.11.04]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.27

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

【 ブランド名言集 Vol.27 】

 

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■<広告予算>は、国家の防衛予算のようなもの

 

多額の広告予算を投入しても、

新しいブランドが確立されるわけではありません。

それは、パブリシティの役割です。

広告予算の役割は別のところにあります。

 

画期的なブランドが出現した当初、

それはホットな話題として何度も取り上げられます。

この時点では、まだ広告の必要はありません。

そのブランドが十分に認知され、語るべきニュースが

なくなったところからが、広告の出番となります。

 

そのブランドは広告を通じて、市場のリーダーであることを

顧客にアピールします。

それによって、市場へのライバル企業の参入を妨げるのです。

 

まさに厳重に防衛された国を攻撃するには、

多額の軍事費を必要とするのと同じことなのです。

 

出典:『ブランディング22の法則』 (アル・ライズ/ローラ・ライズ 著)

Amazon → http://urx2.nu/fH0L

 

文:関和幸

 

 

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧