ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2015年10月

[2015.10.30]

(財)BM協会 講座・イベント

BM協会 第5回公開シンポジウム報告/コンテストPart3

DSCF3730.jpg

先週土曜日(10/24)は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

第5回公開シンポジウムが開催されました。

 

「価値の再定義(リ・デザイン)」というテーマで、基調講演、事例発表、

パネルディスカッションと、4時間30分の長時間にわたり、

約120名の方にご参加いただきましたが、

こちらでは、その模様を報告を兼ねて少しご紹介します。

 

今回より「ブランディング事例コンテスト」ということで、

大賞1社と準大賞2社が選出されました。

 

栄えある大賞に選出された企業と、支援した企業は以下のとおりでした。

 

株式会社スプリング(アクセサリー企画・生産・卸、大阪府)

・ブランド・マネージャー:株式会社オレンジフリー

 

テーマ:「スピードはブランドを成長させるパワー」

 

ブランディングを行ってわずか4ヶ月後に、

パリコレ展示会THE BOX展にデビュー。

百貨店の催事に次々と出店。

大手セレクトショップやアパレルメーカーから続々とオファーを受け、

さらにインテリアショップなど今まで予想だにしなかった業界にまで進出。

アクセサリー企画・生産・卸の(株)スプリングは、

パールブランドの「ヴェール」、ガラスビーズブランドの「トライバリュクス」の

主力2ブランドを確立。

個性と価値を明確にすることによって新たな扉が次々と開けてきました。

しかし、その裏には苦節10年のインドでの生産ストーリーや、

ヒットデザインがすぐに真似されて価格競争に陥り、

疲弊していた時期がありました。

 

ブランディングの目的と背景~ブランド構築ステップ~ブランドの世界観構築~

ブランディングの成果~インドの村の変化~今後の展開まで、

ひたむきでスピーディな歩みをプレゼンテーションいただきました。

 

DSCF4111.jpg

大賞の受賞、本当におめでとうございます!

素晴らしい取り組みと、プレゼンテーションでした。

 

なかでも、インドの雇用を変えた今回の取り組みは、

グローバルな社会貢献にもつながっていて、感動的でした。

 

ライン
[2015.10.29]

(財)BM協会 講座・イベント

BM協会 第5回公開シンポジウム報告/コンテストPart2

DSCF3986.jpg

先週土曜日(10/24)は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

第5回公開シンポジウムが開催されました。

 

「価値の再定義(リ・デザイン)」というテーマで、基調講演、事例発表、

パネルディスカッションと、4時間30分の長時間にわたり、

約120名の方にご参加いただきましたが、

こちらでは、その模様を報告を兼ねて少しご紹介します。

 

今回より「ブランディング事例コンテスト」ということで、

大賞1社と準大賞2社が選出されました。

 

準大賞に選出されたもう1社は、以下の企業でした。

 

株式会社JACKカンパニー(飲食店運営、静岡県)

テーマ:「遠州人が自慢したくなる活気溢れる、元気な酒場」

 

業績向上、スタッフの誇り、やりがいづくり、顧客満足追及…。

その為に商品を軸にしたビジネスから、

遠州文化や体験を伝える「価値」を伝えるビジネスへの転換を目指しました。

 

働く人がそれぞれ自立し、「自分らしさ」を追求していく職場づくりも

ブランディングの目的でした。

それにより、スタッフが自分たちの強み、伝えたいことが明確になり、

ブランド・アイデンティティに基づいた接客や

販促活動を行えるようになりました。

既存店売上高も、厳しい飲食業界の中、5年連続前年を上回っています。

 

準大賞の受賞おめでとうございます!

素晴らしい取り組みと、

写真のように、とても盛り上がったプレゼンテーションでした。

 

 

ライン
[2015.10.28]

(財)BM協会 講座・イベント

BM協会 第5回公開シンポジウム報告/コンテストPart1

DSCF3769.jpg

先週土曜日(10/24)は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

第5回公開シンポジウムが開催されました。

 

「価値の再定義(リ・デザイン)」というテーマで、基調講演、事例発表、

パネルディスカッションと、4時間30分の長時間にわたり、

約120名の方にご参加いただきましたが、

こちらでは、その模様を報告を兼ねて少しご紹介します。

 

今回より「ブランディング事例コンテスト」ということで、

大賞1社と準大賞2社が選出されました。

 

準大賞に選出された1社は以下の企業でした。

 

株式会社りんごの木(美容室、長野県)

テーマ:「美容室りんごの木のリブランディング」

 

創業40年。現社長が、先代より会社を引き継いで3年。

次の50年、60年…100年と、地元長野に住む人々に美容を通して

貢献できる企業で在り続けるため、今までを振り返り、

未来へとつなげていく「りんごの木ならではの価値」を見出し、

社員、お客様と共有する。

社員が「働いていてよかった」と思える、

お客様が「通い続けていてよかった」と思える美容室に成長するために

ブランディングを実施。

自社ブランドの軸が定まり、新たな課題に取り組む土壌が固まりました。

 

準大賞の受賞おめでとうございます!

素晴らしい取り組みと、プレゼンテーションでした。

 

ライン
[2015.10.27]

(財)BM協会 講座・イベント

BM協会 第5回公開シンポジウム報告/基調講演

DSCF3594.jpg

先週土曜日(10/24)は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

第5回公開シンポジウムが開催されました。

 

「価値の再定義(リ・デザイン)」というテーマで、基調講演、事例発表、

パネルディスカッションと、4時間30分の長時間にわたり、

約120名の方にご参加いただきましたが、

こちらでは、その模様を報告を兼ねて少しご紹介します。

 

 

基調講演は、「価値のリ・デザイン(再定義)で生み出す新市場」というテーマで、

(財)ブランド・マネージャー認定協会評議員でもある

株式会社JOYWOW取締役会長 阪本啓一氏に講演をいただきました。

 

「よいものを安く」の時代は終わりました。

いくら安くても価値を見出せないものに生活者は財布のひもをゆるめようとしません。

また、アマゾンが生鮮食料品宅配に乗り出そうとする時代に、

ただのモノ売りでは、未来の事業展開を描けません。

 

そんな中、「すでにこれまであった価値」を、リ・デザイン(再定義)することで

新しい市場を開拓する事例が生まれ始めています。

 

ブランドの最前線を、日米両国の事例をもとに、解説していただきました。

 

<日本の事例>

デザイナーが農業をリ・デザインしている/鹿児島のきりん商店

老舗お茶農家が経営する蔵前のお茶販売店

自分でオリジナルノートが作れる文具店

(姉妹店)自分でオリジナルインクを作れるインクスタンド

 

<米国の事例>

処方箋薬局のリ・デザイン:一回に服用する薬をパック化して宅配してくれる

タクシーのリ・デザイン:タクシーの配車サービスにとどまらず、

「人類の移動」ビッグデータを集積する]

 

 

そして、SNS時代のブランディングに最も必要なBMP戦略についても

以下のようにお話しをいただきました。

 

ライン
[2015.10.26]

(財)BM協会 講座・イベント

第5回公開シンポジウム 盛況にて終了

12065606_1067086913331448_4860627817630313700_n.jpg

一昨日(10/24)は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

第5回公開シンポジウムが開催されました。

「価値の再定義(リ・デザイン)」というテーマで、基調講演、事例発表、

パネルディスカッションと、4時間30分の長時間にわたり、

約120名の方にご参加いただき、盛況にて閉会することができました。

 

「価値の再定義(リ・デザイン)」は、いったいどのようなものなのか?

なぜ今、必要なのか?

具体的などんな事例があるのか?

などを示唆深いお話しをはじめ、様々な角度と、圧倒的な量で

この問いに、向き合うことができたのではないかと思います。

 

ご参加いただいた皆さまからは、あっという間だったという感想が多く、

学び、気づき、感動、刺激、勇気、興奮、充実など、それぞれのお立場で、

受け止めていただいたようです。ありがたいことです。

 

公開シンポジウムは、おおよその人数として、

1回目40名、2回目60名、3回目80名、4回目100名、

そして、今回の5回目で120名と、

気づいてみれば、20名ずつ参加者が増えています。ありがたいことです。

これからも、コツコツと継続できることを感謝して、

来年は140名の参加者に集まっていただければうれしいなぁと思っています。

 

ちなみに、2016年は、10月1日(土)の開催が決定しましたので、

ぜひ、今から日程を押さえておいていただければと思います。

 

 

また、協会のビジョンである

 

「ブランド」の教育を通じて、

ブランドとビジネスに深い洞察と実行力を持つ人材を育成し、

彼らが集う世界に通用するビジネス・コミュニティを築く

 

を実現するために、重要なポイントは以下のように3つあります。

 

ライン
[2015.10.23]

03書籍など

研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」

CIMG3846.JPG 

【選ばれる講師になるための必要条件とは?】

 

原佳弘さんの処女作

『研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」』

が、先日発売されました。

 

原さんは、お世話になっているコンサルタントの方に

ご紹介いただいたのが3年前。

 

当時は、マーケティング系のセミナー・研修会社にて

凄腕プロデューサーとして多くの講師、コンサルタントを

企業に派遣されていました。

 

このような経験をもとに、

 

・企業の人材育成ニーズの変化とは?

・なぜ、外部講師に依頼するのか?

・企業が研修を発注する際に考えることとは?

・企業が研修にかけている費用は?

・企業研修に関わるさまざまな関係者とその役割とは?

などなど、

 

様々な視点で企業が求める講師・コンサルタント像を

浮き彫りにして教えてもらえます。

また、選ばれる講師になるための必要条件などが

分かりやすく整理されています。

 

なかでも、印象的な原さんのメッセージを紹介します。

「売れる講師には戦略がある。仕事が続く講師には愛がある。」

とてもしびれるメッセージでした。

 

最近、私自身は、訳あって講師としての活動を控えめにしているので、

10年前の講師を始めた頃を振り返りながら読んでみましたが、

その頃にこの本に出合っていれば、

苦労も少なかっただろうなぁと思いました。

 

ただ、弊社は講師派遣のエージェント機能を持つ教育事業も

展開していますので、社員にぜひ読ませてみようと思いました。

 

これから講師を目指す方、現在、講師業を生業にしている方はもとより、

本業の他に一部講師をやられている方にも、

役に立つコンテンツが盛りだくさんです。

 

オススメです。→ http://goo.gl/nCRJ8t

 

原さん。良い本をありがとうございます。

 

ライン
[2015.10.22]

研修・セミナー講師登壇

販促会社の営業研修 (最終回) 報告

 隔週で5回にわたり、元リクルート系の販促会社の

営業研修を実施してきましたが、

本日は、5回目でいよいよ最終回となります。

 

今回は、最終回ということで、集大成として、

与件企業の実際のチラシやDMのラフを宿題として、

作成してもらいました。

 

3時間で7人の営業職の方に発表してもらい、

添削や戦略アドバイスをしました。

 

なかには、そのままクライアントに持参し、

案件化につながるであろうと思えるほど、

クオリティの高い発表内容もありました。

 

今回で、トータル15時間の研修が終了となりますが、

大きな武器を手渡しましたので、実践で活用するといった

トレーニングを積み重ねて、ぜひ、成果を挙げていただければと思います。

応援しています。

 

 

今、弊社では営業職を募集していて、早ければ、年内に採用が決まる予定です。

 

私自身、今回のような営業研修を外向きにたくさん実施してきましたが、

自分の会社向けには、本格的に実施していません。

 

採用が決まりましたら、今後は、自社の営業職への教育に

力を入れていきたいと改めて思った次第です。

 

それが本当の経営者のやるべきことでしょう。(汗)

 

ライン
[2015.10.21]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.66

11872088_1023964864310320_3443491345707905962_o.jpg

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.66 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■大事なのは「新しいカテゴリーの最初のブランド」であること

ブランドを立ち上げるうえで大切なことは、商品カテゴリーの

トップに立つことです。

しかし、既存のカテゴリーでトップに立つことが難しい場合は、

新しいカテゴリーを創造するのです。

それは、あなたのブランドが「新しいカテゴリーの最初のブランド」

として認知されるということです。

 

ヒトは最初に体験したことを非常によく記憶しています。

あなたも、初恋の人や最初につきあった恋人、

小学校1年生のときの担任など、初めてのことについて

よく覚えていませんか。ブランドも同じです。

あなたの商品が、初めて出会うカテゴリーの

最初のブランドとして認知されることで、

お客様に長く記憶してもらえるのです。

 

出典:『戦略的パブリシティ』

    水野 与志朗・著  

Amazon → http://goo.gl/Un8erB

 

 

ライン
[2015.10.20]

04 マネジメント関連

営業職の採用募集を始めました!

 弊社(イズ・アソシエイツ)では、随時仲間を募集していますが、

今回、正式に営業職の採用募集を開始しました。

是非一度お話をお聞かせください。

 

詳しくは、こちら↓をご覧ください。

http://www.is-assoc.co.jp/recruit/sales.html

 

【代表からのメッセージ】

当社は創業24年の広告制作会社です。

広告制作といっても単に制作の請け負い業務ではなく、マーケティング思考を前提に、

クライアント様に販促提案を中心に行っています。

広告制作以外にも、マーケティング系セミナーの企画・運営、情報発信等も積極的に実施。

単なるデザインの優れた販促ツールや、営業支援ツールを制作するのではなく、

販売につなげることを大命題に、企画・編集・ライティング・デザイン・印刷までを

トータルでクライアント様に提供しています。

 

著書も多数出版しており、

「確実に販売につなげる驚きのレスポンス広告作成術」(同文舘出版/2010年)、

「販促手法の基本」(日本実業出版社/2011年)には、

これまでのノウハウと実績が掲載されています。

 

また、ブランディングを幅広く事業に取り入れて欲しいと願い、

私が発起人となり (財)ブランド・マネージャー認定協会を立ち上げ、

代表理事を務めています。

当社で企画・運営業務も担っていることもあり、そのノウハウによって、

クライアント様の商品・サービスの価値を明確にし、差別化していくコンサルティングを

外部の専門家の協力を得ながら、プロジェクトで推進し、

各種販促ツールなどのクリエイティブにも適確に表現していくことが弊社の強みです。

 

社内には、専門ディレクターやクリエイターがこの役割を担い、

また、このような思考とノウハウを持つ外部クリエイターも数多くジョイントしています。

 

価値を明確にし、販売につなげるクリエイティブのことを「セールスクリエイティブ」と定義。

「セールスクリエイティブを中心としたツール、サービス、情報の提供により、お客様に感動を与え、

ビジネスの成功に寄与し、日本経済の活性化と発展に貢献する」ことが

当社のミッションです。

このミッションの実現のために、ぜひ一緒に切磋琢磨していきましょう。

 

営業職の募集要項はこちら↓です。

http://www.is-assoc.co.jp/recruit/sales.html

 

ライン
[2015.10.19]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.65

11811495_1019481771425296_4768133064070056816_n.jpg

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.65 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■「ブランド」は送り手と受け手の絆です。

「ブランド」の価値は、決まったものとして存在するものではなく、

送り手と受け手の関係性の中で、はじめて成立するものです。

それは受け手(お客)側に期待があり、送り手(企業)側が

その期待に応えることによって成立するものです。

受け手と送り手の間の信頼関係が長期的に成り立つとき、

「ブランド」が形成されます。

 

この「信頼関係」、つまり「ゆるぎない精神的な絆」

そのものがブランドです。

信頼関係があるからこそ、受け手はブランドへの期待を

保持し続けることができます。

送り手が自ら決めた約束を、誠実に実行することで

受け手に次の期待を喚起するのです。

 

期待を裏切らない約束を提供することによって、「ブランド」は

より一層強化されます。

そして「多少価格が高くても買う」という「ブランドプレミアム」が

そこから生まれてくるのです。

 

出典:『地ブランド 日本を救う地域ブランド論』

    博報堂、地ブランドプロジェクト・著  

Amazon → http://goo.gl/AFzZ2F

 

 

ライン
[2015.10.16]

研修・セミナー講師登壇

みずほ総研イブニングセミナーに登壇

本日、[みずほフィナンシャルグループ] みずほ総合研究所主催の

イブニングセミナーに登壇しました。

 

みずほ総合研究所主催のセミナーは、今回で4回目となり、

イブニングセミナーとしては、3回目の登壇となりました。

 

前回は、「売れない広告を改善する方法」がタイトルでしたが、

今回は、以下のようなタイトルに変えました。

 

『売れる広告を作る!』 レスポンス広告作成術(入門編)

 

内容は9割方同じなのですが、少しポジティブな

イメージを出すという主催者側の意向をいただき、

このようなタイトルにしました。

 

そうしましたら、3割程度受講者が増えたようです。

 

書籍の販売もそうですが、セミナーの集客も

タイトルが重要だということを、つくづく感じました。

 

最近はセミナーよりも企業研修などが多いため、

2時間は比較的短く感じますが、

いつもと同じく、事前にユンケルを飲むという儀式を執り行い(笑)、

しっかりと集中してきました。

 

アンケートもまずまずの評価をいただきましたので、

ほっとして、明日からの週末を迎えることができます。

ありがたいことです。

 

ライン
[2015.10.15]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.64

11796309_1014582908581849_7612790678696842472_n.jpg

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.64 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■ブランド戦略は根本治療

ブランド戦略は、病気の治療に例えると「根本治療」です。

いってみれば、漢方薬のように長い時間を

かけて体質改善を行なっていきます。

それに対して、現在氾濫している様々な売上げを伸ばすための

テクニックは、「対処療法」と言えます。

 

日々の売上げを伸ばすことは、確かに大事です。

そのためのテクニックは有効です。

しかし、そればかりに目を向けていると、大切な根本を忘れてしまいます。

それがお客様にも伝わるのです。

今の時代、特に経営に関しては対処療法ばかりを繰り返していると、

立ち行かなくなります。

ですから、体質改善をして強くならなければなりません。

実際にある程度ブランドを築いた会社は体質的に強くなっています。

 

出典:『小さな会社がNo.1になれるコア・ブランド戦略』  加藤 洋一・著

Amazon → http://goo.gl/2mJ87q

 

 

ライン
[2015.10.14]

研修・セミナー講師登壇

第21回 東京ビジネス書出版会議

 第21回の東京ビジネス書出版会議は、11月13日(金)に開催されます。

 

すでに企画書提出してプレゼンをされる方の応募は締め切りましたが、

オブザーバーでしたら、数名ご参加いただくことができます。

 

詳しくは、こちら↓をご覧ください。

https://www.facebook.com/events/836339106484711/

 

弊社(イズ・アソシエイツ)と、株式会社ココマッチーの川島社長とともに、

主催していて、司会進行を務めています。

 

開始以来、今まで5年間で20回開催されてきて、

延べ120名以上の書籍の企画書のプレゼンがありましたが、

ここからたくさんの出版が生まれています。

 

今回は、企画書提出は締め切りましたが、

場の雰囲気を知りたい方は、オブザーバーとしてのご参加できます。

上記FBのイベントページより、「いいね」をするか、

メッセージなどを残していただければ、折り返し事務局より

連絡が入ることになっています。

 

 

ライン
[2015.10.13]

研修・セミナー講師登壇

SMBCコンサルティング主催セミナー報告

本日は、SMBCコンサルティング主催のダブルヘッターのセミナーでした。

ダブルヘッターといっても、午前と午後の部は内容は異なり、

午前は集客システム、午後はレスポンス広告表現(SED)となっています。

受講生のうち両講座を受講された方は、

意外に少なく10名程度だったようです。

 

いずれにましても、延べ120名以上の方が参加に参加いただきました。

ありがたいことです。

 

SMBCコンサルティング主催でののセミナーは、

前回の登壇は、6月23日だったので、

3ヵ月半ぶりと、今回はあまり間が開かないうちの登壇でした。

 

初めてお声がけいただいたのが5年以上前で、

2010年7月からの初登壇以来、

毎年3~4回程度登壇させていただいていて、

トータル20回以上となります。

 

この間、このセミナーに受講生された企業の方が、

弊社のクライアントになった企業も何社かおります。

ありがたいご縁です。

 

ライン
[2015.10.09]

研修・セミナー講師登壇

販促会社の営業研修 (4/5) 報告

隔週で5回にわたり、元リクルート系の販促会社の

営業研修を実施していますが、本日は、4回目でした。

 

本日は、前回、3C分析で対応してもらった与件企業の

「SEDブリーフ」とメッセージ開発の発表とディスカッション、

そして、私からのアドバイスが中心となりました。

 

広告表現に近い具体的な内容ということもあり、

現場の営業対応さながらのシミュレーションを

実施することになったかと思います。

 

人によっては、そのままクライアントに提案する

資料にもなったようです。

 

今回の後半では、レスポンス広告の構成要素(ストーリー要素)として

お馴染みの「AUMFA(アウムファ)SEDブリーフ」の講義にも触れました。

 

次回は、いよいよ最終回で、与件企業に対しての

実際のチラシやDMのラフを作成が宿題となり、

その発表と、添削や戦略アドバイスをします。

 

みなさん全身全霊やってくると言っていたので、

こちらも全身全霊対応していくつもりです。

 

ユンケル飲んで、向き合う準備しておきます。(笑)

 

ライン
[2015.10.08]

研修・セミナー講師登壇

印刷会社の営業研修の講師対応(第3回目)

 昨日は、新宿区にある、中堅印刷会社の第3回目の

営業研修の対応をしてきました。

 

前半は、前回お願いしていた宿題である

ブレイクダウン思考についてのアドバイスを中心にさせていただき、

続けて課題発見力として、とくに販促に絡めたところを

中心に掘り下げていきました。

後半は、対話力として、エクササイズをいくつか絡めながら、

営業にとって大切な傾聴力と共感について、深めていきました。

 

次回は、対話力をさらに深め、

後半では、具体的なヒアリングや提案などをする場合に使える

広告表現のセオリーについても、触れていきたいと思います。

 

ライン
[2015.10.07]

(財)BM協会 講座・イベント

第37回 ブランディング入門セミナーを終えて

12075032_1058219287551544_300970255656464373_n.jpg

本日の夜は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

本部東京会場の第37回目の

「ブランディング入門セミナー」が開催されました。

 

今回は、6名での開催でした。

受講生のみなさん、ご参加ありがとうございます。

 

講師は、東京本部でのブランディング入門セミナーでは、

初登壇の下向トレーナーです。

 

下向トレーナーは、未だ20代と若いですが、

コミュニケーション能力も高く優秀なトレーナーです。

今後もとても期待しています。

 

さて、このブランディング入門セミナーは、

ブランドって漠然としていて、つかみどころがない。

そう感じられる方にとって、まずブランドとは何かを知る、

予備知識的な2時間のミニセミナーです。

 

次回以降の東京会場は、以下の日程となっております。

ぜひご参加くださいませ。

 

【第38回】  2015年11月14日(土) 13:00~15:15

【第39回】  2015年12月8日(火) 18:30~20:45

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/school/trial.html

 

ライン
[2015.10.06]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.63

11745364_1011247508915389_2307612458432570695_n.jpg

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.63 】

ブランディングやマーケティングに関する書籍の中から、

印象的な言葉をご紹介していきます。

 

■ミッションとブランドは表裏の関係

 

ここでいうミッションとは、その人や企業が社会に対して

どのような貢献をするかという意思表示のことです。

企業はミッションを達成するために、商品やサービスの販売をはじめ、

あらゆる活動を行なっています。

その活動がメッセージとなって顧客に伝わり、ブランドとして

認知されていきます。

ミッションを達成するためには、そのための具体的な

オペレーションがあり、オペレーションから商品やサービス、

ロゴ、広告、店舗のデザインなどが生まれます。

 

ブランドは幾重にも積み重ねた活動によって形成されていきます。

ブランド化を目的として見栄えの良いメッセージだけを発信しても、

ミッションがはっきりしていなければ、一流のブランドにはなり得ません。

逆にミッションがしっかりしていても、メッセージを発信(ブランド化)

していかなければミッションを達成したことにはなりません。

 

出典:『ブランド  元スターバックスCEOが教える「自分ブランド」を築く48の心得』

    岩田 松雄・著  

Amazon → http://goo.gl/1wuaza

 

 

ライン
[2015.10.05]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 第59期ベーシックコースを終えて

12096518_1056105537762919_1088456648268409917_n.jpg

一昨日、昨日の土曜日と日曜日の2日間は、

(財)ブランド・マネージャー認定協会

第59期のベーシックコース(東京会場)が開催されました。

 

講師は、ベーシックコース初登壇の守山菜穂子トレーナーが務めました。

写真中央の女性が守山トレーナーですが、

他にも3人のトレーナーにフォローしていただきました。

 

今回もほぼ定員の10名以上の方々にご参加いただきました。

ありがたいことです。

 

受講生のみなさん、2日間おつかれさまでした。

 

また、守山トレーナー、そしてフォローしていただいたトレーナーのみなさん、

大変おつかれさまでした。いつもありがとうございます。

 

今回は、守山トレーナー以外のトレーナーの3人もそうですが、

受講生も全て男性という、大変珍しい2日間となったようです。

 

また、このブログの最後にアンケート結果も記載いたしますが、

今回も、以下のように大変高い満足度の評価をいただくこととなりました。

 

■満足度点数平均:9.58点/10点満点

 

 

さて、ベーシックコースをまだ受講されていない方は、

このコースは体系化された大変好評で人気の高い講座ですので、

ご興味のある方は、ぜひ、受講をご検討くださいませ。

 

(財)ブランド・マネージャー認定協会

ベーシックコース(ブランド・マネージャー認定協会2級資格取得講座)

http://www.brand-mgr.org/school/basic.html

 

・第60期 2015年12月12日(土)・13日(日) トレーナー:河野 ヨシアキ

 

既に、席が埋まりつつありますので、お申込みはお早めに!

 

ライン
[2015.10.02]

(財)BM協会 講座・イベント

[イベント案内] 中小企業のリアル過ぎるブランド戦略の現場とは?

  今日は、中小企業のブランド戦略の現場として、

 リアル過ぎる実践事例の数々を見ることができ、

 大きな学びの場となるであろうイベントをご紹介します。

 

 日本で唯一「ブランド・マネージャー」を養成する専門機関として、

 設立5年で延べ1,000社以上の企業が学んできた講座を開講している

 (財)ブランド・マネージャー認定協会にて年1回開催している

 一大イベント 「第5回 公開シンポジウム」が開催されます。

 http://www.brand-mgr.org/symp2015/index.html

 

 各業界のオピニオンリーダーとの交流の場としても好評を博している

 同イベントですが、 今回は、特に見逃せない内容です。 

  

 なぜなら、今回は、実際に協会の講座受講生のなかから、

 ブランディング実践事例を広く募り、ブランド構築を体系立てた

 フレームワークの活用と応用、独自性、そして結果という観点で

 優れた事例を選出したコンテストを開催し、

 そのなかから優れた受賞者3社のプレゼンがあるからです。

 

 その受賞企業とは・・・ 

 

 ■大賞には、アクセサリー企画・生産・卸の「株式会社スプリング」。

 ブランディングを開始してから、4ヵ月後にパリコレ展示会にデビューし、

 百貨店の催事に次々と出店。

 しかし、その裏には、苦節10年のインドでの生産ストーリーや、

 ヒットデザインがすぐに真似されて価格競争に陥り、

 疲弊していた時期を乗り越えてきたプロセスがありました。

 

 ■準大賞には、長野県に7店舗展開している美容室グループ「りんごの木」。

 地元長野に住む人々に美容を通して貢献できる企業で在り続けるため、

 社員が「働いていてよかった」と思え、お客様が「通い続けていてよかった」と思える

 美容室に成長するためにブランディングを実施。

 自社ブランドの軸が定まり、新たな課題に取り組む土壌が固まりました。

 

 ■もう1社の準大賞には、静岡県浜松市に3店舗展開している居酒屋「たんと」。

 遠州文化や体験を伝える「価値」を伝えるビジネスへの転換を目指すとともに、

 働く人がそれぞれ自立し、「自分らしさ」を追求していく職場づくりも

 ブランディングの目的として取り組み、既存店売上高も、

 厳しい飲食業界の中、5年連続前年を上回っています。

 

 といった強力な実践事例を体感することができます。

 

 また、基調講演には、人気ブランド・コンサルタントの阪本啓一氏より、

 「価値のリ・デザイン(再定義)」をテーマに、

 ブランドの最前線を日米両国の事例をもとに解説いただくとともに、

 SNS時代のブランディングに必要な戦略についてのお話を聴くことができます。

 

 さらに後半には、ブランド戦略の日本の第一人者であられる大学教授をはじめ、

 著名ブランドコンサルタントや、クリエイターなどが一同に会するといった

 貴重な機会としてパネルディスカッションも設けられています。

 (僭越ですが、私もパネラーの1人として参加させていただきます。)

 

 こちらは、年に一度テーマを変えて実施されていますが、

 様々な意見の交換から、深い学びと、新しい発想が生まれることにより、

 毎年大変好評を得ています。

 

 ブランド、ブランディング、ブランド戦略漬けとなる大注目の特別イベントは、

 2015年10月24日(土) 13:00~、

 東京国際フォーラムにていよいよ開催です。 

 

 

  ・ブランドを確立したい、今のブランディングを見直したい、

    会社を活性化したい中小企業の経営者層の方

 

  ・成果を出したい企業のマーケティング、ブランディング業務に関わる方 

 

  ・更なるプロフェッショナルを目指したいクリエイター、広告業界の方 

 

  ・社内を活性化したい企業の経営企画、人事、教育関係に関わる方

 

    にとっては、絶好の学びの機会となることでしょう。 

 

 

 なお、開催3週間を切りましたので、席が埋まりつつあります。

 業界、職種を問わずご参加いただけますので、 

 今すぐご参加をご決断ください! 

 

 

 ▼第5回公開シンポジウム

    『ブランド最前線 ~価値のリ・デザイン(再定義)で生み出す新市場~

    詳細・お申し込みはこちら↓からです。 

    http://www.brand-mgr.org/symp2015/index.html

 

    ご参加をお待ちしております。

 


プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧