ある広告屋の告白TOP > ある広告屋の告白ブログTOP >  2016年5月

[2016.05.31]

06 販促ウエポン

「誕生日プロモーション」で反応率を上げる!!

 店舗系商売の販売促進 「最強の販促ウエポン」

「誕生日プロモーション」で反応率を上げる!!

 

 今回は、愛知県一宮市の「食とワインのテーマパーク デラセラ」の

事例を取り上げます。

 

デラセラでは「こんな企画でお祝いしてもらえるお店があったらいいな~」という

顧客視点に立って、次のような誕生日用メニューを決めました。

 

『はっぴ~プラン』メインメニュー

 記念日ディナーコース5,000円 7大特典

 1.霜降牛のタタキ(1,200円)をプレゼント!

 2.グラスワインを1杯サービス!

 3.その場で自由に、自分で描ける!

   世界でたった1つしかない思い出のオリジナル皿をプレゼント!

 4.ポラロイドカメラで写真を撮って、その場でプレゼント!

 5.アナタだけのための…「オリジナルメニュー」を名前入りでつくります。

 6.「お誕生日カード」を名前入りでプレゼント!

 7.お祝いのケーキ(1,200円)を無料サービス!!(ハッピーバースデーの歌付き)

 

次に仕掛けとして、顧客リストから誕生日のお客を選び出し、DMを郵送しました。

 

■既存客および休眠客へのアプローチ

お客から許可をもらって、住所、氏名、誕生日の情報を

得られればDMが作成できます。

お金はかけなくてもいいので、手書きのDMでもいいでしょう。

(新規顧客へは別のアプローチが必要です)

 

■誕生日アプローチDM~5つのポイント

1.誕生日用メニューを「1つのパッケージにする」。

 また、特典内容はもちろんのこと、ネーミング、価格も明確にすること。

2.中面では「○○さん」のように、個々のお客に対してパーソナルに呼びかけることが大切。

3.誕生日用メニューのパッケージ(ネーミング、価格、特典内容を明記)を記載する。

 「あなたにはこんな特典がありますよ !!」とメリットを明確にします。

4.DMに使用するハガキのサイズは大判(A5サイズ)で目立つように。

5.ハガキを出すタイミングは、誕生日の1ヵ月前に届くように。

 

こうして数ヵ月間試した結果、反応率が10%近い効果を得られる月もありました。

 

いかがでしたでしょうか?

あなたの店でも、とっておきの「誕生日用メニュー」をつくり、

強力な販促ウエポンの一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

販促にお悩みでしたら、店舗販促の実践活用書

『お店の売上を倍増したいならお金をかけずにアイデアで勝負する!

―販促ウエポン100』(商業界)も是非ご一読くださいませ。

こちら、なんとタイ語版の出版も決まりました!

 

ご購入はコチラ↓です。

http://goo.gl/Zsi3fD

 

ライン
[2016.05.30]

05 広告・販促の学び

手紙 「手書きのお礼状」は効果絶大 2

販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型3

(1) 手紙 「手書きのお礼状」は効果絶大2

 

 葬儀場をもたない小さな葬儀社の絵手紙の事例を紹介します。

 この葬儀社では、「葬儀がわかる小冊子」の資料を請求してきた

 見込客をリスト化して、年に4回、季節のお便りを送っています。

 

 定期的にさりげなく接触することにより、自分や家族の身にもしもの

 ことがあったときに思い出してもらいやすくすることが目的です。

 

 葬儀業界は、消費者側に需要がなければ成り立たないビジネスです。

 だからこそ、需要が起きるまでの間、辛抱強く、季節のお便りを

 送り続ける必要があります。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

ライン
[2016.05.27]

研修・セミナー講師登壇

第23回東京ビジネス書出版会議報告

DSC_0001.JPG

本日は、第23回東京ビジネス書出版会議でした。

今回は、主催者側を入れて、17名の方々にご参加いただき、

企画プレゼン者は6名でした。

 

「医療・介護業界支援」

「プロジェクト提案」

「高額商品の売り方」

「理念と個別化」

「飲食店独立開業」

「接客の法則」

 

といったテーマでした。

 

今回は、いつもより企画プレゼン者が多く、

1人1人に向き合う時間は若干少なかったですが、

1人の方がなんとか次のステージに行くことができました。

 

今回、課題を提示された方々も、

ぜひ、次のチャレンジをお待ちしております。

 

次回、第24回東京ビジネス書出版会議の日程は8月26日(金)です。

 

以下のFBサイトのイベント覧にまもなくUPされる予定です。

https://www.facebook.com/publishing.conference/events

 

【初めての方へ】

詳細については、上記イベントページの過去の内容をご覧ください。

参加希望の方は、少しお待ちください。

 

ライン
[2016.05.26]

03書籍など

同文舘出版120周年フェア

13230226_961430530622485_2043486554157785407_n.jpg

弊社近くの紀伊國屋書店新宿南店で同文舘出版120周年フェアを開催中です。

 

「BtoBマーケティング&セールス大全」は、最上段の面陳で、

「社員をホンキにさせるブランド構築法」は、最前列の平積みにしていただいています。

ありがたいことです。

 

知人の著者の本もたくさんあります。

 

同文舘出版様、創業120年おめでとうございます!

13239397_961430533955818_1482268508255545155_n.jpg

 

ライン
[2016.05.25]

07 ブランディング

『フルグラがチャレンジするカルビーの朝食革命』 (後篇)

fujiwara.jpg

(財)ブランド・マネージャー認定協会のオフィシャルサイトにて、

スペシャルインタビューを毎月更新しています。

 

『『フルグラ』がチャレンジするカルビーの朝食革命(後篇)』

カルビー株式会社マーケティング本部フルグラ事業部・事業部長

藤原 かおり 氏

 

『フルグラ』の戦略PRでは、「増殖、グラノーラ族」という

コミュニケーションテーマを設定し、

半年ごとのフェーズでPRの内容を変えて実施しました。

 

最初のフェーズでは、ターゲットをシニア女性と子供を持つ

お母さん世代に設定し、それぞれのターゲットに向けたPRを実施しました。

また店頭で試食販売を行い、PRしている情報を店頭でも伝える工夫を行っています。

 

当時は、東京の目黒に1店舗だけグラノーラの専門店がありました。

グラノーラの専門店ができるほどブームの兆しが来ている、

というファクトをプレスリリースに掲載したのです。

このプレスリリースが経済紙や、ターゲット層が好んで読む媒体に取り上げられ、

各社のバイヤーから営業に注文が殺到したと言います。

 

次のフェーズでは、フルグラのレシピ本を発売し、

この話題もメディアに取り上げられました。

さらにフェーズ3で、『フルグラ』がグラノーラ市場における

No.1であることを記者発表で宣言しました。

こうして、流通向けにカルビーが本気で

グラノーラ市場に取り組んでいることを印象づけたのです。

「このような取り組みによって上昇気流に乗れた」と、

同社でマーケティングを担当した藤原かおり氏は語ります。

 

最後にライフスタイル訴求を行い、「シリアルは秋冬に売れない」という

常識を覆すことに成功しました。

その結果、目標の100億円を達成することができたのです。

 

藤原氏のインタビューは、前篇と後篇に分けてお届けしますが、

後篇では戦略PRの実施過程を語ってくださいました。

また、『フルグラ』が100億円を目指すことになったきっかけや、

シリアルが抱えていた課題、それに対する解決手法の構築について

語った前篇も同時に掲載しています。

公式WEBサイト「スペシャルインタビュー」で、ぜひご覧ください。

http://www.brand-mgr.org/interview/

 

ライン
[2016.05.24]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.104

13227225_1212194525487352_2191319663244789708_n.jpg

 ☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.104 】

■インサイト力がなければ、データを活かすことができない

企業が提案する価値と消費者が感じるブランドの価値は、

時に食い違うことがあります。

シーブリーズというブランドの一製品であるシャンプーも、

消費者が感じるベネフィットは、

企業が提案する「爽快・清潔・すっきり」ではなく、

「さらさらな仕上がり」でした。

また、購買者に女性が多いこともリサーチ結果から分かりました。

シーブリーズシャンプーの売り場は、トニックシャンプーの棚でした。

しかし、購買者の感じるメリットからすると、

髪の毛の仕上がりを訴求するシャンプーの棚に置かれる方が適切です。

そこで、ブランドコンセプトに手を加え、商品開発を行ない、

訴求ポイントを変えました。

その結果、消費者が感じるメリットにふさわしい棚に

シャンプーを置くことに成功したのです。

リサーチ結果からデータの裏側にあるものを読み解く。

それがインサイト力です。

 

出典:『お客の心を掴む吉川流ブランディング成功法』 吉川 祥一 著

Amazon → http://goo.gl/rTu9Ie

 

ライン
[2016.05.23]

07 ブランディング

ニュースで見る!PEST分析とは!?

pixta_19592371_M-1024x682.jpg

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。
 
【PEST分析】って言葉だけでも何やら難しそうですが、
毎日のニュースを見るだけでも簡単に【PEST分析】を行えます。
 
今回は、「4つの環境要因がブランドにどう影響を与えるのか!?」
ニュースで見る! PEST分析とは!?
ということで、PEST分析についてニュースを通して解説します。
 

ライン
[2016.05.20]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.103

13239271_1206402586066546_7772566870550676961_n.jpg 

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.103 】

■伝統の文脈の中で革新を行なう

「伝統」という言葉は、

「古くからあった精神的核心または脈絡を受け伝えていくこと」

という意味があります。

つまり、伝統のあるブランドとは、単に歴史の長さではなく、

精神的核心または脈絡を受け継いでいるかどうかで判断できます。

和菓子の老舗「虎屋」は「伝統は革新の連続である」

という理念を掲げています。

またセレクトショップの「ユナイテッドアロース」の理念は

「進化する老舗」です。

この2つの理念から言えることは、革新を重ねることが

伝統につながっていくということです。

それも奇をてらった革新ではなく、「精神的核心または脈絡」に

沿った形での革新であれば、消費者の中で

確固としたブランドに位置づけられます。

伝統と革新は、相互に影響を及ぼし合い、

ブランドの価値を強くするのです。

 

出典:『ブランドのデザイン』 川島 蓉子 著

Amazon → http://goo.gl/6kJwvp

 

ライン
[2016.05.19]

07 ブランディング

ザ・リッツ・カールトンに学ぶ「ブランド体験」とは?

f34107830c69d719747341a6188d6f00-1024x581.png

ブランディングの情報を発信しているBRANDINGLABより、

コラムをご紹介します。

 

ザ・リッツ・カールトンに行くと、不思議なことが起こる!?

そのような体験のことを【リッツ・カールトン・ミスティーク(神秘性)】と呼びます。

 

今回はリッツ・カールトンのサービスを通して

ブランド体験について解説します。

 

ぜひ、ご覧ください。

http://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/brand-experience

 

ライン
[2016.05.18]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.102

13124444_1201174859922652_2703019520754853520_n.jpg 

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.102 】

■ブランディングは「金と時間」よりも『アイデアと生き様」が問われる

スーパーやドラッグストアでは、同じカテゴリーの商品は

同じ棚に並んで陳列されます。

消費者は個々の商品の違いを、企業側が考えるほどには

認知してくれていません。

見た目が似通っていたり、価格が同じだったりするからです。

しかし、多くのマーケッターは消費者が自社ブランドを認知してくれないのは、

ブランド認知への投資が足りないからだと考えます。

確かに投資は必要です。

もし、ブランド構築が投資と時間をかけて成功するとするならば、

資金の乏しい中小企業にはブランディングは無理だということになります。

しかしながら、現実には中小企業でもブランディングに

成功しているところもあれば、大企業でも失敗しているケースもあります。

つまり、ブランディングはお金よりもお金以外の要因に左右されるのです。

 

出典:『THE BRAND BIBLE マーケッター編』 水野 与志朗 著

Amazon → http://goo.gl/7XmBNX

※『THE BRAND BIBLE トップマネジメント編』との2冊セットとなります。

 

ライン
[2016.05.17]

(財)BM協会 講座・イベント

BM協会トレーナー研修後の懇親会

13227076_1009834695767906_5419348112138526133_n.jpg

昼間の(財)ブランド・マネージャー認定協会 トレーナー研修参加者

約40名の内、30名以上の方が残り、会場を変え、

懇親会が開かれました。

 

やはり、同じ共通言語と、同じ方向性を向いている者同士、

より深い情報交換などがなされました。

 

お互いの今後の活動を協力し合っていくことの打ち合わせなどもあり、

とても有意義な時間を過ごすことができたのではないでしょうか。

 

また、毎年のことではありますが、協会への前向きな要望も聞かせていただき、

今後の活動に関して、参考になる意見もいただくことができました。

 

トレーナーのみなさん、最後までありがとうございます。

今後も、(財)ブランド・マネージャー認定協会の以下のビジョンを目指して、

ともに切磋琢磨していければと思います。引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

優れたブランドを構築できるブランド・マネージャーを数多く輩出することで、

さまざまな組織の成長を促し、企業価値を向上させ、

日本経済の活性化と発展に貢献する

 

 

 

ライン
[2016.05.16]

(財)BM協会 講座・イベント

BM協会トレーナー研修報告

13173940_1204849052888566_451811256715673055_n.jpg

先週土曜日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

年に1回開催されるトレーナー研修でした。

 

全国から約40名の方にご参加いただきました。

ありがとうございます。

 

今回も、まずは冒頭にご挨拶をさせていただきました。

その他、事務局から今後の活動方針や、事務的なお知らせ以外は、

3グループに分かれて、トレーナーとしての知識のブラッシュアップと、活動や展開の

情報共有や、トレーナー同士のアドバイスに多くの時間を割きました。

 

新トレーナーの方々は、緊張された方もいらっしゃったようですが、

古くからのトレーナーのみなさんからも、仲間との交流も広がることはもとより、

刺激的で役に立つものが得られたとの声をいただきました。

13254469_1009833782434664_7709662116864471744_n.jpg

4時間のトレーナー研修は、あっという間に過ぎ、

この後、お楽しみにの懇親会が始まります。

 

ライン
[2016.05.13]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.101

13062252_1190816860958452_3500727542214436288_n.jpg 

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.101 】

■世界観はブランド・エッセンスを支える土台のようなもの

ブランドにとって、世界観は決定的に重要です。

例えば、ディズニーには「夢と魔法の国」という世界観があります。

その世界観がアニメやテーマパークなどで表現されています。

CGアニメーションという技術革新の後も、セル・アニメーションと同様に

CGアニメーションを支配できているのは、世界観が明確に存在しているからです。

世界観はまた、ノンカスタマーへのブランド認知を高め、

顧客化への可能性を高めてくれます。

大量の情報が飛び交う現代では、ノンカスタマーに向かって

商品の違いを訴求しみても、思いどおりに届きません。

そこで、個々の商品ではなく世界観を示すことで、

注目される確率が高まります。

つまり、世界観はノンカスタマーと出会う機会を作り、増やすのです。

 

出典:『繁盛したければ、「やらないこと」を決めなさい』 阪本 啓一 著

Amazon → http://goo.gl/5ahuXe

 

 

ライン
[2016.05.12]

(財)BM協会 講座・イベント

第45回 ブランディング入門セミナーを終えて

13179351_1203575379682600_5501587908963604241_n.jpg

本日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

本部東京会場の第45回目の

「ブランディング入門セミナー」が開催されました。

 

東京会場では、満員御礼につき、急遽、追加開催を決定することになり、

連日の講座開催となりました。

 

受講生のみなさん、ご参加ありがとうございます。

 

講師は、おなじみではありますが、

いつも大阪より駆けつけてもらっている河野トレーナーです。

丁寧で、分かりやすいと評判の講師です。

 

 「ブランディング入門セミナー」では、初めての方でも分かり易く、

まずは「ブランドとは」「ブランディングの重要性」など、

基礎知識を学ぶ前の導入のような内容をお伝えしています。

 

次回以降の東京会場のブランディング入門セミナーの開催は、

以下のとおりとなっております。

 

【第46回】  2016年6月11日(土) 13:00~15:15

【第47回】  2016年7月7日(木) 19:00~21:15

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/school/trial.html

 

ライン
[2016.05.11]

(財)BM協会 講座・イベント

第44回 ブランディング入門セミナーを終えて

13139247_1202867806420024_4640362398280955820_n.jpg

本日は、(財)ブランド・マネージャー認定協会

本部東京会場の第44回目の

「ブランディング入門セミナー」が開催されました。

 

今回は、キャンセル待ちが出るほどに、1ヵ月前にすぐにいっぱいになり、

定員12名の受講者の方に、お集まりいただきました。

 

受講生のみなさん、ご参加ありがとうございます。

講師は、おなじみの守山トレーナーです。

パーソナルブランディング講座でも、

連続登壇の安定感抜群の講師です。

 

 「ブランディング入門セミナー」では、初めての方でも分かり易く、

まずは「ブランドとは」「ブランディングの重要性」など、

基礎知識を学ぶ前の導入のような内容をお伝えしています。

 

1ヵ月前からキャンセル待ちになることもあり、

明日も急遽、同セミナーを追加開催することになりました。

 

来月以降の東京会場のブランディング入門セミナーの開催は、

以下のとおりとなっております。

 

【第46回】  2016年6月11日(土) 13:00~15:15

【第47回】  2016年7月7日(木) 19:00~21:15

 

詳しくはこちら↓です。

http://www.brand-mgr.org/school/trial.html

 

ライン
[2016.05.10]

研修・セミナー講師登壇

第23回東京ビジネス書出版会議のお知らせ

 10603586_1307002872646880_7374695794976472208_n.jpg

第23回東京ビジネス書出版会議が、来週5月27日に迫ってきました。

 

企画プレゼン枠はいっぱいになり締め切りましたが、

オブザーバー(見学)枠はまだ募集中です。

 

各業界で活躍する経営者や専門家の方々の書籍企画からも、

多くのことも得られるでしょう。

 

ココマッチの川島社長と共催で、私は議長として参加します。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

https://www.facebook.com/events/594759277355259/

 

ライン
[2016.05.09]

07 ブランディング

ブランド名言集 Vol.100

13000255_1186104711429667_3558920655984088905_n.jpg

 ☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.100 】

■「売り込む」のではなく「引き込む」

ブランディングとは、消費者に喜びを与えることで

長期的な価値を築くことです。

その目標は、「多くの」顧客に「多くの」商品を「長い」期間にわたって

「高い」価格で買ってもらえるようにすることです。

モノがあふれている現代の消費者は買わされることを嫌います。

自分の意思で買いたいのです。

消費者の選択は、信頼する集団からの影響を受けます。

そのため、企業はブランドと相性の良い購買集団に対するコミュニケーションを

重視しなければなりません。

集団の中でニュースは素早く広がり、

ブランドに対する大きな牽引力をもたらすのです。

消費者はブランドの機能やメリットではなく、

集団としてのアイデンティティを求めています。

そのため消費者を信頼できる集団へと「引き込む」ことが大切です。

 

出典:『ザグを探せ!』 マーティ・ニューマイヤー 著

Amazon → http://goo.gl/I0xqGE

 

ライン
[2016.05.06]

01日常のコメント

社員の結婚式

13153255_865859600190453_816279702_n.jpg

昨日は、社員の結婚式に参加してきました。

新郎新婦2人とも社員なので、とてもおめでたいのと同時に、

改めて責任を感じた1日でした。

 

いつまでもお幸せに。

 

13141083_865860206857059_1618577862_n.jpg

 

ライン
[2016.05.02]

(財)BM協会 講座・イベント

BM認定協会 トレーナー認定コース(第13期)を終えて

13061916_1193879837318821_1969358997469284546_n.jpg

一昨日、昨日の土日の2日間は、

(財)ブランド・マネージャー認定協会

第13期トレーナー認定コースでした。

 

3年前から、東京と大阪会場で年2~3回開催していますが、

今年は、これが最初の講座となります。

 

このトレーナー認定コースは、講師としての

コミュニケーションスキルを中心に、トレーニングする講座です。

ベーシックコース、アドバンスコースの両方を参加されている方が、

ほとんどですので、知識は既にあるかと思いますが、

アウトプットすることにより、さらに知識が深められるということでも好評です。

 

現在、トレーナーも全国で50名を超える規模になって参りました。

当講座は、これまで学ばれたブランディングの基礎知識や

ブランド構築の型を伝える能力だけでなく、

プレゼンテーションやファシリテーションなど

社内外を問わず活かせるスキルが身につけられます。

・講師として活躍の場を広げるため

・社内でブランディングを浸透させるため

・クライアントに対しての提案力を高めるため

など、様々な目的意識をもった方にご受講いただけます!

 

今回は、トレーナー志望6名の方々と一緒に

2日間、楽しみながら学んできました。

 

さて、トレーナー志望のみなさん、

2日間本当におつかれさまでした!

 

プレゼンテーション力、ファシリテーション力を身につけて、

ブランド・マネージメントの知識体系(型)を伝えられるように、

しっかりと試験の準備をされてくださいね。

お待ちしております!

 

また、次回のトレーナー認定コースは、以下の日程で開催を決定しています。

11月12日(土)、13日(日)

上記日程のみが今年のトレーナー認定コースとなる予定です。

希望される方は、早めのお申込みくださいませ。

http://www.brand-mgr.org/school/trainer.html

 

1

プロフィール
岩本俊幸株式会社イズ・アソシエイツ 代表取締役

岩本 俊幸
 
Toshiyuki Iwamoto

・ブランド・マネージャー認定協会 理事長
・米国NLP協会公認マスター・プラクティショナー
・ハーマンモデルファシリテーター
・日経広告研究所会員

 

ブログ内検索

 

 

バックナンバー

 

コメント一覧