ある広告屋の告白TOP >  コラム:販促でいちばん大切なこと > ターゲットの心理を読みきる設計とは? ストーリー要素Vol.16 ストーリー要素(AUMFA)Fade 矛盾や葛藤を解消する-5

販促でいちばん大切なこと

ターゲットの心理を読みきる設計とは? ストーリー要素Vol.16 ストーリー要素(AUMFA)Fade 矛盾や葛藤を解消する-5

今号は前号に引き続き、
[Fade (矛盾や葛藤を解消する)]の最後の要素となる、
「権威づけをする」を見ていこう。

前号で紹介したほかには、
著名人、業界有名人を活用する
という手法がある。

koramu0222-01.jpg

芸能人を使えばインパクトがあるのは当然だが、
人気のある芸能人はとてつもなくお金がかかる。

大企業以外にはそんな予算はなく、費用に見合った見返りも
期待できるとは限らない。

ここで、意外にも盲点なのが業界の有名人である。

こんな例がある。和菓子の店が「権威」として活用したのは、
意外にも地元で有名なイタリア料理店のシェフだった。

実際に、このシェフの声を前面に打ち出した広告によって、
地元のターゲットの信頼を得ることができ、
集客に大きく貢献した。このケースの場合、
「業界有名人」の活用には、お金がまったくかからなかったと
いうことを付け加えておきたい。

なぜならこのシェフは、この和菓子店のファンだったからだ。

押さえておきたいのは、和菓子店側がこの事実を認識し、
このシェフにお願いしなかったら、
効果的な広告は実現しなかったということだ。

koramu0222-02.jpg

 
次に、専門的な「権威」が必要であれば、医師や大学教授など
専門家の権威を活用することも難しいことではない。

推薦状を書いてもらえばいいのである。
この場合、気をつけてほしいのは、単純に
「推薦状を書いてほしい」とお願いしても
まず無理だということだ。

簡単なインタビューを行ない、
そのインタビュー内容をこちら側で作成する。

できた推薦状にチェックを入れてもらうという流れを取ると、
難なく推薦状をもらうことができる。

拍子抜けするほど簡単に推薦状を
もらえたというケースもあるので、ぜひ試してみてほしい。

koramu0222-03.jpg

ほかに、権威をつけるということでは、
マスコミの掲載記事を二次利用するというのもある。

マスコミというと、何か大袈裟に感じるかもしれないが、
全国誌などではなく、地域新聞や地域雑誌、
またケーブルTVなどで十分である。

つまり、第三者から何かしらの切り口で
認めてもらった事実を広告に掲載できれば、
今まで以上に信頼が得られるということだ。

数多くの広告作成の手伝いをしていて気づいたのだが、
マスコミの掲載記事の活用は、
意識しないと埋もれていることが少なくない。

実際にある飲食店では、以前に新聞や書籍で紹介されていた事実を、
アプローチして気づいてもらうまで、
まったく忘れていたというケースがあった。

例えば、美容室は、スタイリストのコンテストが
比較的頻繁に開催されている業種だが、
実際に、コンテストの受賞歴を
惜しげもなく広告に掲載している美容室もある。

これは大切なことなので、繰り返しておく。

「コンテスト」の受賞歴も、業界人にとっては
広告に掲載するまでもない当たり前のことかもしれないが、
ターゲットにとってインパクトがあることを忘れてはならない。

>>このコラムを読んだ方はぜひ販促クイズにチャレンジして下さい!!

ライン
コラム:販促でいちばん大切なこと