ある広告屋の告白TOP >  コラム:販促でいちばん大切なこと > 【あらゆる要素に影響を受けるレスポンス広告 着眼点Vol.6】 10年以上前のマインドシェアを蘇らせる-3

販促でいちばん大切なこと

【あらゆる要素に影響を受けるレスポンス広告 着眼点Vol.6】 10年以上前のマインドシェアを蘇らせる-3

前回では、マインドシェアが残っている休眠客を
掘り起こすための広告表現として
商品を全面に出す手法が,

反応が一番高かった点についてお話しした。

通常はBのように、アイキャッチで高い
「インパクト+共感性」
を促した広告に軍配が上がる。
B_web.gif

よほどのブランド力がなければ、
商品を全面に出した広告では、なかなか反応は取れない。

この事例は、未認知の人をターゲットとした、
広告の打ち出した人の知識だけでは説明がつかない。

さて参考までに、違う視点での調査結果も紹介しておく。

先ほどと同じターゲット層200人に、
 「この3つのチラシを見て、一番最初に目にしたのはどこか?」
という設問をインターネットで調査してみた。
 



調査結果は次のようになった。

1.「子供の笑顔」のビジュアル(B)→ 64.1%
2.「主婦のホンネ」のコピー(A)→ 11.7%
3.「クチコミで売れ続けています!!」のコピー(C)→ 6.8%

 

このように、Bの「子供の笑顔」のビジュアルは
圧倒的に高い数値となった。

この調査からわかるように、
広告表現の知識のひとつとして知っておきたいことは、
どんなにすばらしいコピーを考えたとしても、
 「インパクト+共感性」が高いビジュアルにはかなわないということだ。

特に、新聞折り込み広告のように
0.2秒しか視認しないと言われている媒体は、
いかに消費者の目を引くかという課題があるが、
この知識を得ることはとても大事なことである。

 

>>このコラムを読んだ方はぜひ販促クイズにチャレンジして下さい!!

ライン
コラム:販促でいちばん大切なこと